フィードフォースが、データフィード・ダイナミック広告・ID連携を軸に、デジタルマーケティングに役立つ情報を発信するブログ。

タグ

Google

Google スマートショッピングキャンペーンとは?機械学習による自動化でGoogleネットワーク全体に広告配信

Googleのスマートショッピングキャンペーンとは、Googleの機械学習を利用した自動化により、関連性の高い広告を、Googleネットワーク全体に配信することができるショッピング広告の一つです。通常のショッピングキャンペーンとの違いや配信に必要な手順について紹介します。
Criteo

ダイナミック広告のタグ【初級編】~タグを正しく設置するための3つのポイントとは?

ダイナミック広告におけるタグは、広告成果の計測だけでなく機械学習の促進、オーディエンスの構築と広告効果改善において重要な役割をもっています。ダイナミック広告のタグの役割、正しく設置するための3つのポイントを初心者でもわかりやすく解説します。
Criteo

ダイナミック広告の基礎知識~特徴・仕組み・種類を詳しく解説します

Facebook、Criteo、Yahoo!、Google、LINEと様々な広告プラットフォームがそれぞれ特徴あるダイナミック広告を提供しています。また、リターゲティングだけでなく、潜在ユーザーへのアプローチも可能になるなど、活用シーンは各段に拡がっています。ダイナミック広告の特徴やしくみ、種類など押さえておきたい基礎知識をまとめてご紹介します。
2020.07.21
Criteo

ダイナミック広告改善のきほんの「き」12のチェックポイントをご紹介

ダイナミック広告で適切な配信を行うためには、リスティング広告や静的なディスプレイ広告とは違った考え方が必要です。タグ、データフィード、キャンペーン構成の視点からダイナミック広告で見直すべき12の改善ポイントを解説します。
Yahoo!

YDN 動的ディスプレイ広告のタグが正しく実装されているか確認し改善する3つの方法

適切な入札やレコメンドの最適化に重要なYahoo! YDN動的ディスプレイ広告のタグ。広告効果改善に繋げるために、タグ、そしてパラメーターの実装状況を簡単にチェックための3つのポイントを紹介しています。
Criteo

ダイナミック広告におけるタグとフィードの不一致がもたらす影響とその対応策

ダイナミック広告において、広告配信したくないアイテムを安易に除外してしまうと、タグとフィードの不一致につながります。そのため、エンジン学習に対して悪影響になり、広告成果が悪化したり、媒体によってはそもそもダイナミック広告が開始・再開出来ないことに繋がります。広告配信したくないアイテムのフィードでの対応方法を媒体ごとに解説します。
Criteo

Criteoタグ、正しく設置できていますか?Criteoタグの種類や確認方法を解説

Criteoなどダイナミック広告におけるタグはユーザーの行動データを学習材料とし、成果向上の為に重要な役割を担っています。正しいイベントが送られているか?正しい商品IDが送られているか?発火すべきページで発火が確認できるか?など、広告配信後に自身でできるCriteoタグのチェック方法をCriteoタグの種類を交えて解説しています。
Facebook

Facebookダイナミック広告の効果を高めるポイントや具体的な手法とは?~キャンペーン設計×タグ×データフィードをトータルで考える

Facebookダイナミック広告(Instagramダイナミック広告)の運用では、とりわけ「媒体に正しく”学習させる”ことで効果を最大限にする」ことが重要です。そのためにも「キャンペーン/広告運用」×「データフィード運用」×「タグマネージメント」をトータルで運用することで効果を最大化していくことが必須といえます。これらの視点からFacebookダイナミック広告の効果改善のポイントや手法・ベストプラクティスをご紹介します。
2020.04.03
Facebook

5分でわかる!Facebookダイナミック広告のタグの基本

Facebookダイナミック広告には必須とされるFacebookピクセル(タグ)。Facebookピクセルの役割や設置位置などFacebookピクセルに関して押さえておきたい基礎知識をまとめました。
タイトルとURLをコピーしました