フィードフォースが、データフィード・ダイナミック広告・ID連携を軸に、デジタルマーケティングに役立つ情報を発信するブログ。

LINE広告(旧 LINE Ads Platform)

LINE

【LINE広告アップデート】電話番号やメールアドレスを活用したオーディエンス機能、CV最大化を目指す入札戦略ほか

2020年2月27日(木)、LINE広告において以下の6つの機能アップデートがリリースされました。本記事では、電話番号・メールアドレスが活用できるようになったオーディエンス機能のアップデートと、CV最大化を目指す入札戦略「イベント単価の上限設定」のアップデートについて詳しく解説します。
LINE

FeedTech2018開催レポート~LINE Dynamic Adsの効果や今後の展望とLINEにおけるデータフィードの活用シーン

「FeedTech2018」イベントレポート:LINE Dynamic Adsなど広告のパーソナライゼーションが進むにつれ、LINEの広告におけるデータフィードの重要性は増しています。本講演では「LINE Dynamic Ads」を中心に、データフィードが、現在と今後のLINEとどのように関わっていくのか、またその活用方法についてお届けしました。
2019.01.30
LINE

LINE Ads Platform、ダイナミック広告などのサービス拡充やセルフサーブ領域への展開を予定!LINE Ads Platform総まとめ

ダイナミック広告機能の拡充やSMB領域展開の強化といった大幅拡充が発表されたLINE Ads Platform。この記事では新機能を含めLINE Ads Platformの機能を総解説し、活用事例を紹介します。
LINE

LINE Ads Platformの特徴を解説。LINEの運用型広告とは

2016年6月から開始されたLINEの運用型広告について解説している。現在、LINE Ads Platformではユーザーの興味関心に基づいたターゲティングや一度サイトを訪問したユーザーに対するリターゲティングも可能になっている。
タイトルとURLをコピーしました