Facebookダイナミック広告

Facebook

Facebookダイナミック広告、動画利用やオーバーレイ表示が可能に

2017年6月28日(現地時間)、Facebookは動的リターゲティング広告であるダイナミック広告に関する2つのアップデートを発表しました。一つはFacebookダイナミック広告に使用される画像に動画が利用可能になること、そしてもう一つは画像にオーバーレイ表示が可能になるということです。オーバーレイとは三角形、円、長方形のラベル表示で、例えば価格、OFF率や通常価格に取り消し線などを効果的に表示することが可能です。
Facebook

Facebook、旅行業界向けダイナミック広告に新たに航空券(フライト)を追加

2017年4月27日(現地時間)、Facebookは旅行業界向けダイナミック広告(DAT)においてこれまでの「ホテル」及び「目的地」に加え、「航空券(フライト)」の機能が加わったことを発表しました。旅行業界向けダイナミック広告とはFacebookの動的リターゲティング広告であるダイナミック広告の一つで、ダイナミック広告の特色を活かしながら旅行関連商品に合わせて最適化されるダイナミック広告です。
Facebook

Facebook、ダイナミック広告で単一アイテムに対して複数画像での訴求が可能に

Facebookの開発者会議F8 2017では、AR、VR、AIといった未来感のある華やかな技術の話題で盛り上がりましたが、広告に関連するトピックとしては、Facebookの広告プラットフォームでマーケティングを自動化するソリューションであるMarketing APIのバージョンアップ(Marketing API v2.9)が発表になっています。これによりFacebookのダイナミック広告において、単一アイテムに対して複数の画像のカルーセル表示が可能になったことやCanvas広告がAPIを通して作成できるようになったことなど広告に関連した内容が含まれておりますので、今回はこれら広告関連のアップデートの詳細をお伝えしたいと思います。
Facebook

Facebook、小売向けダイナミック広告(Dynamic ads for retail)をリリース~最寄りの店舗の在庫や価格と連動

2016年9月21日(現地時間)Facebookは、動的なリターゲティング広告であるダイナミック広告の機能を拡張し、広告を見た人に最も近いリアル店舗で利用可能な、各店舗にカスタマイズされた製品情報を動的に表示する「小売向けダイナミック広告(Dynamic ads for retail)」をリリースしました。また、新たな最適化メニューとして、最も来店してくれそうな人へリーチする「ストア訪問目的(The store visits objective)」のリリースを発表しました。
Facebook

Facebookピクセル実装のための基礎知識

FacebookピクセルはFacebook広告においてキャンペーンを効果的に運用するために測定や、最適化、リターゲティング・ダイナミック広告を実現するためのオーディエンスの構築などを可能にする、ウェブサイト用のJavaScriptコードです。今回は、このFacebookピクセルを実装するための基礎知識として、Facebookピクセルはどのような要素で構成されているのか?実装する場所と方法は?、そして正しく設置できたかを確認する方法についてご紹介しようと思います。
Facebook

Facebookピクセルでできること~「広告キャンペーンの測定」「最適化」「オーディエンスの構築」

Facebookピクセルへの移行を予定されている方だけでなく、これからFacebook広告を始める方に向けて、Facebookピクセルとは何か、「Facebookピクセル」でできることをこれまでのタグ(コンバージョントラッキングピクセル、カスタムオーディエンスピクセル)との違いを交えてご紹介しようと思います。コンバージョン、カスタム、トラッキング、オーディエンス、、、、とよく耳にしがちな言葉が並びUmmm、、、。と混乱しそうになりますが、何ができるの?という視点から整理してみました。
Facebook

「Feedmatic」、プロスペクティング配信機能を実装~サイト未訪問の潜在顧客に対してFacebook ダイナミック広告を配信可能に

2016年8月17日、株式会社フィードフォースはダイナミック広告配信・最適化プラットフォーム「Feedmatic」の新しい機能として、「プロスペクティング配信機能」を実装いたしました。
Facebook

Facebook、ダイナミック広告・Canvas広告がアプリインストール目的に対応/新機能「アプリイベントの最適化」リリース

2016年7月20日(現地時間)、Facebookはアプリ広告の機能強化となる新機能の発表を行いました。今回リリースされた新機能は大きくわけて以下の2点になります。ダイナミック広告とキャンバス広告がモバイルアプリインストール目的およびモバイルアプリエンゲージメント目的へ対応インストールの先にあるイベント、例えばモバイルアプリで“購入”や“登録”など特定のアクションをとってくれそうな人に対してリーチし、モバイルアプリのインストールを増やすことを可能とする機能「アプリイベントの最適化」のリリース
Facebook

Facebook、旅行業界向けダイナミック広告(Dynamic Ads for Travel)がリリース

2016年7月7日付の Instagram for business のブログによると、Facebookが以前より準備中であるとしていた旅行業界向けダイナミック広告(Dynamic Ads for Travel)が、リリースされたようです。これにより、ホテルのページを閲覧していたものの予約に至らなかった利用者や、航空券だけ予約してホテルは予約しなかった利用者なども含め、特定の日付、目的地、旅行に関するその他の情報に基づいて関連する広告を掲載するターゲットを絞り込む等、旅行商品ならではの要素を取り入れたダイナミック広告が配信可能となります。
2020.04.03
Facebook

Facebook ダイナミック広告、”動的”だからこそ大事な3つのこと

Facebookのダイナミック広告は、Facebookが関連度の高い商品をピックアップし、広告としてユーザーに自動配信してくれるという動的リターゲティングを実現する広告フォーマットだ。Facebookのフィード上に配信される動的(=ダイナミック)リターゲティングであるダイナミック広告は、Facebookの高精度なターゲティングやレコメンドアルゴリズムなど、Facebookならではの特徴・強みを活かして高い効果をあげている。今回は、ダイナミック広告に興味がある方、導入を検討されている方にむけて、「ダイナミック広告のしくみ」そして、効果をあげるために押さえておくべきポイントについてご紹介しようと思う。
2020.04.02
タイトルとURLをコピーしました