ダイナミック広告

Criteo

動的リターゲティング広告のCriteo(クリテオ)!魅力と導入プロセスを解説

近年進んでいるモバイル化を背景に注目を集める動的リターゲティング広告、その中でも国内で大きなシェアを誇るCriteo(クリテオ)広告の特徴と出稿~運用までを解説する。クリテオ広告ではユーザーの行動情報に基づいた広告を自動で作成、表示することができる。
Facebook

Facebook ダイナミック広告、”動的”だからこそ大事な3つのこと

Facebookのダイナミック広告は、Facebookが関連度の高い商品をピックアップし、広告としてユーザーに自動配信してくれるという動的リターゲティングを実現する広告フォーマットだ。Facebookのフィード上に配信される動的(=ダイナミック)リターゲティングであるダイナミック広告は、Facebookの高精度なターゲティングやレコメンドアルゴリズムなど、Facebookならではの特徴・強みを活かして高い効果をあげている。今回は、ダイナミック広告に興味がある方、導入を検討されている方にむけて、「ダイナミック広告のしくみ」そして、効果をあげるために押さえておくべきポイントについてご紹介しようと思う。
2020.04.02
Facebook

CTR10%を超える事例も多数!”とりわけ” Facebook ダイナミック広告の効果がすごいわけ。

Facebookのダイナミック広告(旧称ダイナミックプロダクト広告、Facebook DPA)とはFacebookのフィード上に、動的リターゲティング広告を配信できる広告メニューだ。日本では2015年にローンチされて以降、他の動的リターゲティング広告と比較しても、CPA、CVR、CTRといずれにおいても高い効果をあげており、マーケター注目の広告フォーマットとなっている。一体、Facebookのダイナミック広告の効果が高い”わけ”とは何なのだろうか?
Facebook

Facebook、Instagramへのダイナミック広告配信、旅行業界向けダイナミック広告などアップデートを発表

Facebookは2016年5月10日(現地時間)、ダイナミック広告(旧称ダイナミックプロダクト広告、Facebook DPA)がInstagramで利用可能となることを含むダイナミック広告のアップデート、ウェブサイトカスタムオーディエンスの新機能を発表した。・Instagramでダイナミック広告(旧称ダイナミックプロダクト広告)が利用可能に。・旅行業界向けダイナミック広告(Dynamic Ads for Travel)(現在テスト中)・ウェブサイトカスタムオーディエンスに新たなオプションを追加(今後数か月に渡って順次パワーエディタおよびAPIでご利用可能になる予定)
2020.04.03
タイトルとURLをコピーしました