フィードフォースが、データフィード・ダイナミック広告・ID連携を軸に、デジタルマーケティングに役立つ情報を発信するブログ。

ダイナミック広告

Criteo

ダイナミック広告のタグ【初級編】~タグを正しく設置するための3つのポイントとは?

ダイナミック広告におけるタグは、広告成果の計測だけでなく機械学習の促進、オーディエンスの構築と広告効果改善において重要な役割をもっています。ダイナミック広告のタグの役割、正しく設置するための3つのポイントを初心者でもわかりやすく解説します。
その他媒体

SmartNews Dynamic Ads、ECを含む全業種での広告出稿が可能に ~特徴や運用のポイント、おすすめの業界は?

これまで業界を絞ってて展開されていたSmartNews Dynamics Ads(スマートニュースダイナミック広告)がECを含む全業種で広告出稿が可能になりました。SmartNews Dynamic Adsの基本機能や、オススメの業界や活用イメージ、運用上のポイントをご紹介します。
Indeed

Indeed広告の改善Tips 〜求人ごとの広告効果の確認方法と改善ポイント

Indeed広告の管理画面上で求人ごとの広告効果を確認する方法と改善点をみつけるためのポイントをご紹介します。求人ごとの広告効果が確認できると、求人タイトルやディスクリプションを改善する方向性が見えたり、勤務地別やデバイス別などの広告効果の傾向が分かるため、多くの改善のヒントを見つけることができます。
Criteo

ダイナミック広告の基礎知識~特徴・仕組み・種類を詳しく解説します

Facebook、Criteo、Yahoo!、Google、LINEと様々な広告プラットフォームがそれぞれ特徴あるダイナミック広告を提供しています。また、リターゲティングだけでなく、潜在ユーザーへのアプローチも可能になるなど、活用シーンは各段に拡がっています。ダイナミック広告の特徴やしくみ、種類など押さえておきたい基礎知識をまとめてご紹介します。
2020.07.21
Criteo

Criteo、Yahoo! JAPANへの検討層向けソリューションの配信を開始

2020年5月12日、Criteoは、リターゲティング広告に加え、検討層向けソリューションおよびモバイルアプリソリューションである「Web Consideration 」、「Criteo Customer Acquisition」、「Criteo モバイルアプリソリューション」の、Yahoo! JAPAN への広告配信を開始しました。
2020.05.22
Criteo

Criteoの5種類の広告エンジンの違いを解説!適切な最適化エンジンを選択して、効果を最大化しよう

「Criteoの成果をもっと改善したい」と思ったときに、広告運用の改善レバーとして、意外と見落としがちなのは最適化エンジンの選択です。それぞれの最適化エンジンの特徴と、どのような場面で検討したらよいかを解説します。
2020.04.30
Indeed

自社採用サイトとIndeed広告の活用で、ミスマッチのない人材を獲得するためのポイント

人材会社のWEBマーケ担当者や企業の人材担当者に向けて、Indeedを活用して「雇用のミスマッチ」をなくし、企業が求める人材を獲得するためのポイントやIndeed広告運用のヒントについてご紹介します。
Criteo

Criteo、検討段階にある見込み顧客のサイト流入を強化する「Web Consideration(ウェブ・コンシダレーション)」をリリース

Criteoは、新たな新規顧客獲得ソリューションとして、検討段階の見込み顧客のサイト流入強化を可能にするWeb Consideration(ウェブ・コンシダレーション)をリリースしました。同じく新規顧客獲得向けのソリューションであるCriteo Customer Acquisition(CCA)との比較を交えながらご紹介します。
2020.04.20
Yahoo!

YDN 動的ディスプレイ広告のタグが正しく実装されているか確認し改善する3つの方法

適切な入札やレコメンドの最適化に重要なYahoo! YDN動的ディスプレイ広告のタグ。広告効果改善に繋げるために、タグ、そしてパラメーターの実装状況を簡単にチェックための3つのポイントを紹介しています。
Facebook

Facebookダイナミック広告、類似オーディエンスの活用で新規顧客を獲得しよう

Facebookダイナミック広告の新規顧客のターゲティング手法、なかでも「類似オーディエンス」に焦点を当てて、事例を交えながらご紹介します。Facebookダイナミック広告といえば、ユーザーが閲覧したページ情報をもとに動的リターゲティング広告を配信するイメージがあるかもしれませんが、実は、サイトやアプリに訪問したことのない潜在的なユーザーに対しても広告を配信することができます。
タイトルとURLをコピーしました