ダイナミック広告

Criteo

Criteo、検討段階にある見込み顧客のサイト流入を強化する「Web Consideration(ウェブ・コンシダレーション)」をリリース

Criteoは、新たな新規顧客獲得ソリューションとして、検討段階の見込み顧客のサイト流入強化を可能にするWeb Consideration(ウェブ・コンシダレーション)をリリースしました。同じく新規顧客獲得向けのソリューションであるCriteo Customer Acquisition(CCA)との比較を交えながらご紹介します。
LINE

【LINE広告アップデート】電話番号やメールアドレスを活用したオーディエンス機能、CV最大化を目指す入札戦略ほか

2020年2月27日(木)、LINE広告において以下の6つの機能アップデートがリリースされました。本記事では、電話番号・メールアドレスが活用できるようになったオーディエンス機能のアップデートと、CV最大化を目指す入札戦略「イベント単価の上限設定」のアップデートについて詳しく解説します。
Yahoo!

YDN動的ディスプレイ広告の効果が高まるポイントと改善テクニック

YDN動的ディスプレイ広告(YDNダイナミック)の特徴と改善テクニックをタグ、オーディエンス、クリエイティブの3つの側面からご紹介。「YDNダイナミックの運用金額を上げずに数値改善をしたい」「YDNダイナミックの改善って何ができるの?」といった疑問にお答えします。
Criteo

ダイナミック広告改善のきほんの「き」12のチェックポイントをご紹介

ダイナミック広告で適切な配信を行うためには、リスティング広告や静的なディスプレイ広告とは違った考え方が必要です。タグ、データフィード、キャンペーン構成の視点からダイナミック広告で見直すべき12の改善ポイントを解説します。
Yahoo!

YDN 動的ディスプレイ広告のタグが正しく実装されているか確認し改善する3つの方法

適切な入札やレコメンドの最適化に重要なYahoo! YDN動的ディスプレイ広告のタグ。広告効果改善に繋げるために、タグ、そしてパラメーターの実装状況を簡単にチェックための3つのポイントを紹介しています。
Facebook

Facebookダイナミック広告、類似オーディエンスの活用で新規顧客を獲得しよう

Facebookダイナミック広告の新規顧客のターゲティング手法、なかでも「類似オーディエンス」に焦点を当てて、事例を交えながらご紹介します。Facebookダイナミック広告といえば、ユーザーが閲覧したページ情報をもとに動的リターゲティング広告を配信するイメージがあるかもしれませんが、実は、サイトやアプリに訪問したことのない潜在的なユーザーに対しても広告を配信することができます。
Instagram

知っておきたいInstagram広告の基本~Instagram広告の種類から出稿方法まで

Instagramは、消費者の発見が購入などのアクションに繋がるプラットフォームとして、もはや、オンラインコマースには欠かせない媒体として認知されています。そんな中、「Instagramストーリーズ広告」、「ブランドコンテンツ広告」、「Instagramショッピング広告」、「発見タブ広告」など、Instagramならではの広告メニューも続々とリリースされています。本記事では、Instagram広告の種類や出稿方法など、知っておきたいInstagram広告の基本についてまとめてみたいと思います。
Criteo

ダイナミック広告におけるタグとフィードの不一致がもたらす影響とその対応策

ダイナミック広告において、広告配信したくないアイテムを安易に除外してしまうと、タグとフィードの不一致につながります。そのため、エンジン学習に対して悪影響になり、広告成果が悪化したり、媒体によってはそもそもダイナミック広告が開始・再開出来ないことに繋がります。広告配信したくないアイテムのフィードでの対応方法を媒体ごとに解説します。
Special

ダイナミック広告の運用担当者が自分自身でデータフィードを管理・運用することの重要性

ダイナミック広告は、データフィードによる媒体の機械学習やクリエイティブ改善がパフォーマンスに大きく影響する広告メニューです。ダイナミック広告の運用担当者が自分自身でデータフィードの管理&運用を行うことで、広告効果のパフォーマンスをスピーディーに高めることができます。
Criteo

ダイナミック広告のクリエイティブバッヂ機能、活用できていますか?~商品画像への「アイコン画像」表示で訴求力を高めよう

ダイナミック広告における効果改善テクニックの一つに「クリエイティブバッヂ機能」があります。「クリエイティブバッヂ機能」は、商品画像の上に「〇〇%OFF」や「人気」といった文字が表示することで、視認性を高め、商品説明を充実させることができます。本記事では、「クリエイティブバッヂ機能」のメリットや、活用事例を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました