フィードフォースが、データフィード・ダイナミック広告・ID連携を軸に、デジタルマーケティングに役立つ情報を発信するブログ。

データフィード

Google

Google スマートショッピングキャンペーンとは?機械学習による自動化でGoogleネットワーク全体に広告配信

Googleのスマートショッピングキャンペーンとは、Googleの機械学習を利用した自動化により、関連性の高い広告を、Googleネットワーク全体に配信することができるショッピング広告の一つです。通常のショッピングキャンペーンとの違いや配信に必要な手順について紹介します。
Google

【速報】Google ショッピング タブの無料リスティングがローンチ

日本国内でGoogle ショッピング タブの無料リスティングが一部無料枠として公開されるようになります。これは、Googleが推進している「Google 掲載」(Surfaces across Google)の一環であり、EC事業者にとっては大きなチャンスになります。Googleショッピング広告との関係や、Googleショッピングタブに無料掲載する方法、注意点をまとめてご紹介します。
2020.11.13
RTB HOUSE

RTB House、他媒体との併用のすすめ ~Criteoとの併用シュミレーションの結果は?

RTB Houseは、Criteoをはじめとした他媒体との併用においても高い効果をあげています。なぜ、他媒体との併用がおススメなのかをRTB Houseの媒体特性(課金方式・配信面・クリエイティブ・広告配信アルゴリズムのロジック)やシュミレーションを交えてご紹介します。
その他媒体

SmartNews Dynamic Ads、ECを含む全業種での広告出稿が可能に ~特徴や運用のポイント、おすすめの業界は?

これまで業界を絞ってて展開されていたSmartNews Dynamics Ads(スマートニュースダイナミック広告)がECを含む全業種で広告出稿が可能になりました。SmartNews Dynamic Adsの基本機能や、オススメの業界や活用イメージ、運用上のポイントをご紹介します。
Indeed

Indeed広告の改善Tips 〜求人ごとの広告効果の確認方法と改善ポイント

Indeed広告の管理画面上で求人ごとの広告効果を確認する方法と改善点をみつけるためのポイントをご紹介します。求人ごとの広告効果が確認できると、求人タイトルやディスクリプションを改善する方向性が見えたり、勤務地別やデバイス別などの広告効果の傾向が分かるため、多くの改善のヒントを見つけることができます。
Criteo

ダイナミック広告の基礎知識~特徴・仕組み・種類を詳しく解説します

Facebook、Criteo、Yahoo!、Google、LINEと様々な広告プラットフォームがそれぞれ特徴あるダイナミック広告を提供しています。また、リターゲティングだけでなく、潜在ユーザーへのアプローチも可能になるなど、活用シーンは各段に拡がっています。ダイナミック広告の特徴やしくみ、種類など押さえておきたい基礎知識をまとめてご紹介します。
2020.07.21
Facebook

Facebookショップ(Facebook Shops)及びInstagramショップ(Instagram Shop)の日本国内提供開始

Facebook上に無料で簡単に開設できるオンラインストア「Facebookショップ(Facebook Shops)」とInstagramにおけるショッピング体験をさらに充実させるための新機能「Instagramショップ」の日本国内での提供が開始されました。
2020.08.03
Criteo

Criteo、Yahoo! JAPANへの検討層向けソリューションの配信を開始

2020年5月12日、Criteoは、リターゲティング広告に加え、検討層向けソリューションおよびモバイルアプリソリューションである「Web Consideration 」、「Criteo Customer Acquisition」、「Criteo モバイルアプリソリューション」の、Yahoo! JAPAN への広告配信を開始しました。
2020.05.22
Instagram

はじめようInstagramショッピング(ShopNow)、注目の機能からカタログの設定まで導入方法を解説

これからInstagramショッピング(ShopNow)を始めたい企業マーケターにむけて、知っておきたいInstagramショッピングの基本と設定方法、データフィードを活用することで効率的かつ効果的に活用するヒントについて解説します。
2020.07.01
LINE

LINEショッピング、EC事業者とLINE間でのデータフィード直接連携が可能に

LINEショッピングにおいて、EC事業者は直接データフィード連携を行うことが可能になります。(2020年6月中旬以降予定)データの更新頻度が上がり且つ連携できるデータの項目数が増えることで、商品単位のプロモーション、検索やレコメンドの精度向上が期待できます。仕様変更に向けて、データフィード直接連携によるメリットや連携方法について解説します。
タイトルとURLをコピーしました