フィードフォースが、データフィード・ダイナミック広告・ID連携を軸に、デジタルマーケティングに役立つ情報を発信するブログ。
Instagram

Instagram、動画撮影・再生時間を最大60秒に。iOSには複数動画のまとめ編集機能搭載

Instagramは2016年3月29日(米国時間)、動画の撮影時間・再生時間を従来の15秒から最大60秒に拡大し、同日から今後数ヶ月の間に全世界において順次利用可能になることを発表した。また、iOS版では、カメラロールから複数の動画を選択し、ひとつの動画にまとめる編集機能も搭載される。こちらはiTunes StoreのApp Storeにて、Instagram アプリiOS 7.19版として今週中にダウンロードが可能となる。
2020.04.03
Facebook

Facebook、Native Partner Program(オーディエンスネットワークの公式プログラム)をローンチ

2016年3月24日(米国時間)、Facebookはオーディエンスネットワークの公式パートナープログラム「Native Partner Program」をローンチした。Native Partner Programは厳密なテストの後、承認されたサードパーティプラットフォームらによって構成されており、モバイルアプリのパブリッシャーはこのプログラムに承認されたパートナーと協力することで、革新的なネイティブ広告のフォーマットを最大限活用できるようになるとしている
Facebook

Instant Articles、Messenger、Canvasの最新動向等―Feedmaticブログ3月総まとめ

これまでFeedmaticブログでご紹介してきた記事を(2016年2月18日~3月25日分)をまとめてご紹介します。見逃した記事などのチェックにご利用いただければと思います。
2020.04.02
Facebook

Facebook、広告オークションにおけるパフォーマンスと、より競争力を高めるための推奨事項を確認できるツール「Delivery Insights」を公開

Facebookは2016年3月24日(米国時間)広告オークションにおけるパフォーマンスを可視化し、さらにはオークションにおいてより競争力を高めるためのレコメンデーションを提供する解析ツール「Delivery Insights」をローリングアウトした。
Facebook

【Catchup 2016/03/01~03/20】 Twitter140文字制限維持、Instagramタイムラインがアルゴリズムによる優先表示に変更へ、など

これまでFeedmaticブログでご紹介していない、でも、是非キャッチアップしておきたい情報(2016年3月1日~20日分)をまとめてご紹介。Twitter140文字制限維持、Instagramタイムラインがアルゴリズムによる優先表示に変更へ等
2020.04.02
Facebook

Messengerに広告配信が可能になるかもしれない。 Messengerはあらたな配信プラットフォームとなりえるのか?

先月中旬から今月初めにかけてTechCrunch、Mashable 、Marketing Land 等海外メディアを中心に「Messenger」に関する”ある噂”についての情報が発信された。FacebookがMessengerプラットフォームをパブリッシャ―にオープンにする=つまりMessengerを通してコンテンツの配信、広告掲載を可能にする準備を進めており、4月開催予定のF8開発者会議においてリリースされるかもしれないという噂だ。 もしこれが本当であれば、Facebookが推し進める単なるメッセージングアプリではないプラットフォームとしての「Messenger」に、あらたに配信プラットフォームとしての可能性が開かれることになる。
2020.04.02
Facebook

MAU8億人、「Messenger」プラットフォームの機能及びアップデートまとめ

独立したプラットフォームとして着実にユーザーを増やし、成長している「Messenger」について、今一度「Messenger」の機能、そしてメッセンジャーアプリ開発プラットフォーム「Messenger Platform」さらにはメッセンジャーでのカスタマーサポートを可能にする「Businesses on Messenger」について、まとめてみた。
2020.04.03
Facebook

Facebook、リード獲得広告(Lead Ads)の動画対応、CRMツールとの統合などのアップデートを発表

2016/03/10(米国時間)、Facebookはリード獲得広告(Lead Ads)に関して、フォーマットへの動画対応、CRMツールとの統合など、さらなるアップデートについての発表があった。改めてリード獲得広告に関するこれまでのリリース内容及び今回のアップデートについて紹介したい。
2020.04.03
Facebook

Facebook、「Instant Articles」向けのWordPressプラグインを開発

FacebookのエンジニアリングパートナーであるChris Ackermann氏は2016/03/07(米国時間)ブログにて、FacebookはWordpressからのInstant Articlesの公開プロセスを簡素化するためのプラグインの開発に、WordPress.com VIPの親会社であるAutomatticと提携したことを明らかにした。さらにはInstant ArticlesのためのWordPressのプラグイン「WordPress Plugin for Instant Articles」を記事の中で紹介している。
Facebook

FacebookがInstant Articlesにeメールサインアップのフォームを準備中

2016/3/2(米国時間)DIGIDAYによると、Facebookが、いくつかのパブリッシャーにおいて限定的に 「Instant Articles」内へeメールによる「メールマガジン購読」や「ニュースレター購読」へのサインアップフォーム(eメールサインアップ)フォームを追加するテストを行っていると伝えている。
2020.04.02
タイトルとURLをコピーしました