フィードフォースが、データフィード・ダイナミック広告・ID連携を軸に、デジタルマーケティングに役立つ情報を発信するブログ。
コラム

withコロナにおけるWeb広告戦略~EC編~

新型コロナウイルスによる影響を受けユーザーの生活様式は大きく変化しています。ユーザーの行動変容に合わせて各広告媒体のオーディエンスの変動も出ている中、EC業界において比較的短期間で見直しが可能なWeb広告戦略についてご紹介します。
Facebook

Facebookショップ(Facebook Shops)及びInstagramショップ(Instagram Shop)の日本国内提供開始

Facebook上に無料で簡単に開設できるオンラインストア「Facebookショップ(Facebook Shops)」とInstagramにおけるショッピング体験をさらに充実させるための新機能「Instagramショップ」の日本国内での提供が開始されました。
2020.08.03
Criteo

Criteo、Yahoo! JAPANへの検討層向けソリューションの配信を開始

2020年5月12日、Criteoは、リターゲティング広告に加え、検討層向けソリューションおよびモバイルアプリソリューションである「Web Consideration 」、「Criteo Customer Acquisition」、「Criteo モバイルアプリソリューション」の、Yahoo! JAPAN への広告配信を開始しました。
2020.05.22
Instagram

はじめようInstagramショッピング(ShopNow)、注目の機能からカタログの設定まで導入方法を解説

これからInstagramショッピング(ShopNow)を始めたい企業マーケターにむけて、知っておきたいInstagramショッピングの基本と設定方法、データフィードを活用することで効率的かつ効果的に活用するヒントについて解説します。
2020.07.01
Indeed

【Indeedアップデート】apply-urlカラム実装で、Indeedからサイトの応募フォームに直接遷移が可能に

IndeedのXMLフィードにおいてapply-urlカラムが新しく導入されました。apply-urlカラムを実装をすることで、Indeed求人詳細ページから広告主サイトの求人詳細ページをスキップして、応募フォームに直接遷移させることが可能になります。
LINE

LINEショッピング、EC事業者とLINE間でのデータフィード直接連携が可能に

LINEショッピングにおいて、EC事業者は直接データフィード連携を行うことが可能になります。(2020年6月中旬以降予定)データの更新頻度が上がり且つ連携できるデータの項目数が増えることで、商品単位のプロモーション、検索やレコメンドの精度向上が期待できます。仕様変更に向けて、データフィード直接連携によるメリットや連携方法について解説します。
Criteo

Criteoの5種類の広告エンジンの違いを解説!適切な最適化エンジンを選択して、効果を最大化しよう

「Criteoの成果をもっと改善したい」と思ったときに、広告運用の改善レバーとして、意外と見落としがちなのは最適化エンジンの選択です。それぞれの最適化エンジンの特徴と、どのような場面で検討したらよいかを解説します。
2020.04.30
Indeed

自社採用サイトとIndeed広告の活用で、ミスマッチのない人材を獲得するためのポイント

人材会社のWEBマーケ担当者や企業の人材担当者に向けて、Indeedを活用して「雇用のミスマッチ」をなくし、企業が求める人材を獲得するためのポイントやIndeed広告運用のヒントについてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました