Google

Googleショッピング広告入門!特徴・出稿方法・運用ポイントは?つまずきやすいポイントを中心に解説【2019年版】

ユーザーの検索ワードに連動して広告が表示される「Googleショッピング広告」の特徴や広告出稿の具体的な方法、初心者がつまずきやすいポイントを中心に解説します。
Criteo

ダイナミック広告におけるタグとフィードの不一致がもたらす影響とその対応策

ダイナミック広告において、広告配信したくないアイテムを安易に除外してしまうと、タグとフィードの不一致につながります。そのため、エンジン学習に対して悪影響になり、広告成果が悪化したり、媒体によってはそもそもダイナミック広告が開始・再開出来ないことに繋がります。広告配信したくないアイテムのフィードでの対応方法を媒体ごとに解説します。
Instagram

Instagramショッピング投稿を広告として配信可能に。リマインダー機能、チェックアウト機能などさらなる機能拡充も予定

2019年10月31日(現地時間)、Instagramのショッピング投稿がすべてのビジネスにおいて広告として配信可能になることが発表されました。これにより、日本を含むすべての国と地域において、Instagramショッピング機能を利用しているビジネスであれば、広告マネージャを使うことで、既存のショッピング投稿をフィード広告として配信することが可能になります。Instagramショッピングの機能拡充のための新たな機能、リマインダー機能、チェックアウト機能についても紹介します。
Special

ダイナミック広告の運用担当者が自分自身でデータフィードを管理・運用することの重要性

ダイナミック広告は、データフィードによる媒体の機械学習やクリエイティブ改善がパフォーマンスに大きく影響する広告メニューです。ダイナミック広告の運用担当者が自分自身でデータフィードの管理&運用を行うことで、広告効果のパフォーマンスをスピーディーに高めることができます。
Criteo

ダイナミック広告のクリエイティブバッヂ機能、活用できていますか?~商品画像への「アイコン画像」表示で訴求力を高めよう

ダイナミック広告における効果改善テクニックの一つに「クリエイティブバッヂ機能」があります。「クリエイティブバッヂ機能」は、商品画像の上に「〇〇%OFF」や「人気」といった文字が表示することで、視認性を高め、商品説明を充実させることができます。本記事では、「クリエイティブバッヂ機能」のメリットや、活用事例を紹介します。
Facebook

Facebook、検索広告をすべての広告主にリリース~Facebookニュースフィード及びMarketplaceの検索結果に広告表示

Facebook検索広告とは、検索キーワードにあわせて、Facebookニュースフィードの一般検索及びMarket Placeの検索結果に表示される広告です。このFacebookの「検索広告」がすべての広告主において利用可能になりました。今後は、自動配置に「Facebook検索結果(Search)」が含まれるようになります。
Pinterest

マーケターが押さえておきたいPinterestの基礎知識~特徴や機能、気になる広告利用は?

日本におけるPinterestのマーケティング活用は未だ途上という印象ですが、さまざまな機能のグローバル展開も順次進んでおり、今後は大きなポテンシャルをもつプラットフォームとして注目されています。Pintererstの特徴や機能、気になる広告展開などPinterestのビジネス展開、マーケティング活用についてご紹介したいと思います。
Criteo

Criteoタグ、正しく設置できていますか?Criteoタグの種類や確認方法を解説

Criteoなどダイナミック広告におけるタグはユーザーの行動データを学習材料とし、成果向上の為に重要な役割を担っています。正しいイベントが送られているか?正しい商品IDが送られているか?発火すべきページで発火が確認できるか?など、広告配信後に自身でできるCriteoタグのチェック方法をCriteoタグの種類を交えて解説しています。
その他媒体

こんな時どうする?データフィード改善の実践テクニック(基礎編)

Facebookダイナミック広告やCriteo、Googleショッピング広告など、ダイナミック広告の効果改善に欠かせないのが、データフィードのチューニングやデータフィードマネジメントです。”データフィード最適化”ともいわれている”データフィードの改善は、CTRの改善、インプレッション数の増加、機械学習の促進と広告効果を高めることにつながります。データフィード改善の現場で活用されている実践的なテクニックをご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました