LINE

LINEショッピング、EC事業者とLINE間でのデータフィード直接連携が可能に

LINEショッピングにおいて、EC事業者は直接データフィード連携を行うことが可能になります。(2020年6月中旬以降予定)データの更新頻度が上がり且つ連携できるデータの項目数が増えることで、商品単位のプロモーション、検索やレコメンドの精度向上が期待できます。仕様変更に向けて、データフィード直接連携によるメリットや連携方法について解説します。
Criteo

Criteoの5種類の広告エンジンの違いを解説!適切な最適化エンジンを選択して、効果を最大化しよう

「Criteoの成果をもっと改善したい」と思ったときに、広告運用の改善レバーとして、意外と見落としがちなのは最適化エンジンの選択です。それぞれの最適化エンジンの特徴と、どのような場面で検討したらよいかを解説します。
2020.04.30
Indeed

自社採用サイトとIndeed広告の活用で、ミスマッチのない人材を獲得するためのポイント

人材会社のWEBマーケ担当者や企業の人材担当者に向けて、Indeedを活用して「雇用のミスマッチ」をなくし、企業が求める人材を獲得するためのポイントやIndeed広告運用のヒントについてご紹介します。
Criteo

Criteo、検討段階にある見込み顧客のサイト流入を強化する「Web Consideration(ウェブ・コンシダレーション)」をリリース

Criteoは、新たな新規顧客獲得ソリューションとして、検討段階の見込み顧客のサイト流入強化を可能にするWeb Consideration(ウェブ・コンシダレーション)をリリースしました。同じく新規顧客獲得向けのソリューションであるCriteo Customer Acquisition(CCA)との比較を交えながらご紹介します。
2020.04.20
LINE

LINE公式アカウントで実現するステップ配信とは?~アクションをトリガーにメッセージ配信を自動化しよう

LINEのメッセージ配信を効果的に自動化する「ステップ配信」は、登録や購入、資料ダウンロードなどユーザーのアクションを起点に、〇日後、さらに〇日後と、一定のタイミングで予め準備したシナリオを元に複数のメッセージを配信するマーケティング手法です。ステップ配信のメリットや活用例、導入方法を紹介します。
LINE

【LINE広告アップデート】電話番号やメールアドレスを活用したオーディエンス機能、CV最大化を目指す入札戦略ほか

2020年2月27日(木)、LINE広告において以下の6つの機能アップデートがリリースされました。本記事では、電話番号・メールアドレスが活用できるようになったオーディエンス機能のアップデートと、CV最大化を目指す入札戦略「イベント単価の上限設定」のアップデートについて詳しく解説します。
Yahoo!

YDN動的ディスプレイ広告の効果が高まるポイントと改善テクニック

YDN動的ディスプレイ広告(YDNダイナミック)の特徴と改善テクニックをタグ、オーディエンス、クリエイティブの3つの側面からご紹介。「YDNダイナミックの運用金額を上げずに数値改善をしたい」「YDNダイナミックの改善って何ができるの?」といった疑問にお答えします。
Facebook

Facebook広告の効果測定、インフルエンサー活用によるキャンペーン効果の最大化他〜Facebook Agency Expo 参加レポート(後編)〜

Facebookが主催する広告代理店向けのイベント「Facebook Marketing Partners(略してFMP) Agency Expo TOKYO」イベントレポート後編~Facebook広告の効果測定、インフルエンサー活用によるキャンペーン効果の最大化に関するセッションレポートをお届けします。
タイトルとURLをコピーしました