Google

Googleファインドキャンペーン(ファインド広告)とは?~Discover、YouTube Home Feed、Gmailへの広告配信が可能

2020年に、Googleから新しく、ディスプレイ広告である「Googleファインドキャンペーン(ファインド広告、Discover Ads 以下ファインドキャンペーン)」がローンチされたことはご存知でしょうか?

実は2019年から、β版として一部のアカウントでは開始されていたのですが、全アカウントで配信できるようになりました。

Googleのネイティブ枠にのみ配信するディスプレイ広告ということで、レコメンド精度は高くなることが想定され、またターゲティングも今までのGoogle動的リマーケティング(省略名称 以下GDR )では出来なかったYouTube広告の視聴者リマーケティングも可能になります。

この記事では、「Googleファインドキャンペーン」の基本情報と運用時のポイントについて、ご紹介していきます。

Googleファインドキャンペーン(ファインド広告、Discover Ads)とは?

Googleファインドキャンペーンとは、Discover(Google Feed)、YouTube アプリのホームフィード次のおすすめフィードGmailの [プロモーション] タブや [ソーシャル] タブに配信できるGoogleのディスプレイ広告です。

配信面

Discover(Google Feed)

Discoverとは、Googleアプリ及びAndroid端末のブラウザのGoogle検索結果の下に表示されるコンテンツです。Googleアカウントや端末の利用履歴から、そのユーザーの興味関心が高いであろうコンテンツを検索なしで表示してくれます。コンテンツはユーザーの興味関心の広がりや変更に基づいて定期的に更新されていきます。

Google discover

(画像引用:Google

最新のAndroid端末ではデフォルトで入っている機能になり、直近では、iOS端末もGoogleアプリを使用する際、[ウェブとアプリのアクティビティ] をオンにすることで表示されるようになりました。

月間利用者数は3,500万人を超え、検索窓の下に表示されるコンテンツということで、今後ますます注目が集まります。

YouTube ホームフィードや次のおすすめフィード

月間利用者数3,800万人を超える面です。
ただしYouTubeアプリのみ表示なのでご注意ください。

Gmailの [プロモーション] タブや [ソーシャル] タブ

月間利用者数3,300万人を超える面です。
スマートフォン・PCどちらにも表示されます。

Googleファインド広告の特徴

検索だけでは獲得できないより多くの顕在層にアプローチ

ファインドキャンペーンは、ユーザーが新しいブランドやサービスを発見するために設計されたプロダクトです。
Discover、 YouTube Home Feed 、 Gmail に広告配信することで、検索だけでは獲得できなかったより多くの顕在層にGoogleサービス上でアプローチすることが可能です。

レコメンド精度の高さ

Googleの持つプラットフォームで配信されるネイティブ広告のため、他のプラットフォームに配信するGDRよりもレコメンド精度は高くなることが想定されます。

配信ボリューム

配信面が限られているので、配信量は同じターゲティングで設定したGDRよりも少なくなる傾向はあります。ただ、以下に紹介するターゲティングの設定次第では、配信量を伸ばすことができますので是非確認してみてください。

ファインドキャンペーン設定方法

1.Google広告にて、新規キャンペーンを作成する
キャンペーン>「+」ボタンをクリック

2.マーケティングの目標では、[販売促進]、[見込み顧客の獲得]、[ウェブサイトのトラフィック]、[目標を設定していない] のいずれかを選択。

ファインドキャンペーン設定方法-目的

3.キャンペーンタイプは「ファインド」を選択。

ファインドキャンペーン設定方法-目的

4キャンペーンのターゲット地域とターゲット言語を選択。

5.オーディエンスを選択。ファインドキャンペーンでは、カスタム インテント オーディエンス、リマーケティング、購買意向の強いオーディエンスをターゲティング オプションとして追加することができます。

6.入札戦略を選択し、1 日の平均予算を入力。

7.広告を作成し、設定は完了。

広告作成時のポイント

広告は以下①、②の2パターンを作成します。

①画像が1つのみの広告
1 つのクリエイティブにロゴを含む、最大 15 個のマーケティング画像をアップロード可能。

  • 横長画像(1.91:1): 最小サイズ: 600×314。推奨サイズ: 1200×628。最大ファイルサイズ 5 MB。
  • 正方形の画像(1:1): 最小サイズ: 300×300。推奨サイズ: 1200×1200。最大ファイルサイズ 5 MB。
    ※1.91:1 の横長の画像を複数アップロードすれば、リーチを最大限に広げられます

➁複数の画像を使用したカルーセル広告
アスペクト比が 1.91:1 とスクエアの画像を1セットとして、最大10セットアップロード可能。
1セットごとに広告の見出しや最終ページURLを設定できます。

各広告とも、「行動を促すフレーズのテキスト」はデフォルトでは自動になっていますが、サイトに合わせて手動で変更も可能なのでぜひ活用しましょう。

ファインドキャンペーン設定のポイント

ターゲティング

ターゲティングは最低3つは設定することが推奨とされています。
クリエイティブや目標コンバージョン単価が同じ場合、同一広告グループでOKです。

オススメの3つのターゲティング

  • 購入意欲の強いオーディエンス:コンバージョン獲得の多いカテゴリなど
  • カスタムインテント:リスティング広告でコンバージョン獲得が多いワード最低50個以上
  • リマーケティング:オーディエンスマネージャーよりリマーケティングリストを選択

ファインドキャンペーンのカスタムインテント

直近でユーザーがGoogleで検索した語句をもとに、ターゲティングが可能です。
検索キャンペーンでコンバージョン獲得数が多いキーワードを設定することがポイントです。

入札戦略

入札戦略は現状「目標コンバージョン単価」もしくは「コンバージョン数の最大化」のみです。

実は知られていない!?YouTube広告を視聴したユーザーのリマーケティングが唯一できるディスプレイ枠!

YouTube動画広告を視聴してくれたということは、何らかの興味があったユーザーである可能性が高いです。視聴してくれたユーザーに対して、リマーケティングも実施しフルファネルで設計するのがおすすめです。

従来は、YouTube動画広告のリマーケティングが配信できるのは、GmailとYouTube面だけでした。この度ファインドキャンペーンもYouTube広告のリマーケティングが配信できる面に追加されましたので、ぜひ活用してみてください。

YouTube動画広告をリマーケティングするための事前設定が必要

動画開始前にYouTubeチャンネルとGoogle広告を連携させます。連携済みですと、動画広告開始後に、Google広告のオーディエンスマネージャーでオーディエンスが最大540日分蓄積でき、その後リマーケティングのオーディエンスとして活用できます。

オーディエンス拡張はオンに!

既にコンバージョン獲得効率がいい広告グループでは、オーディエンス拡張を活用しましょう。
CPAに大きな影響を与えずに約20%の拡張が見込めます。

オーディエンス拡張

よくある失敗ターゲティング

リマーケティングのみ

ファインドキャンペーンは、ユーザーが新しいブランドやサービスを発見するために設計されたプロダクトです。リマーケティングのみの利用は推奨していません。リマーケティング以外のオーディエンスも紐づけましょう。

ディスプレイと同じカスタムインテントを使用

ディスプレイ広告と一部面が被ります。ここはまったく同じにはせず、異なったワード群も設定しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
新しくローンチしたファインドキャンペーン、Googleのネイティブ枠への配信ということで、レコメンド精度は高いと伺えます。今後のDiscover(Google Feed)面の活用向上も見逃せませんし、まだ導入アカウントが少ないいま、先行して導入をご検討してみてはいかがでしょうか。

また、随時アップデート情報は配信していきたいと思いますが、Google広告の運用にてご不明な点がございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせくださいませ。

広告運用サービス「Feedmatic」

(この記事は2020年8月13日現在の情報を基に執筆しています。)

この記事を書いた人
寒川 浩子

株式会社フィードフォース
Feedmaticチーム 広告運用コンサルタント

化粧品メーカーからIT企業の営業・営業企画・Webマーケティングを経験後、2018年に株式会社フィードフォースに入社。現在は、ダイナミック広告運用サービス「Feedmatic」のコンサルタントとして、フィードコンサルや広告運用の改善まで幅広く担当。

Feedmatic Blog
タイトルとURLをコピーしました