フィードフォースが、データフィード・ダイナミック広告・ID連携を軸に、デジタルマーケティングに役立つ情報を発信するブログ。
Google

【速報】Google ショッピングタブへの商品掲載が2020年10月中に一部無料に

日本国内でGoogleのショッピングタブへの商品情報の掲載が、2020年10月末までに一部無料枠として公開されるようになります。

これは、Googleが推進しているGoogleの画像検索、すべての検索結果等の商品表示欄に小売店舗の商品を掲載できるようになる「Google に掲載」(Surfaces across Google)の一環です。

新型コロナウイルスの拡大により、急激なEC化が進んだ現在、無料で自社商品を掲載できる場所が拡大するということで、ECを運営している事業者様にはより大きなチャンスが生まれるようになるでしょう。

Googleショッピングタブの商品掲載無料化とは?

今回発表されたGoogleショッピングタブの商品掲載無料化は、既に米国では2020年4月末に公開されていたプログラムです。

このプログラムは、Googleへの無料商品掲載プログラムである「Google に掲載」の一環であり、まずは「ショッピング」タブが無料掲載可能になりますが、今後「画像」検索や「すべて」の検索結果など、様々な面に、無料での商品掲載が行えるようになると言われています

「Google 掲載」:[Google ショッピング] タブ

[Google ショッピング] タブ(shopping.google.com)
画像引用:Google Merchant Center ヘルプ

「Google 掲載」:Google 検索

Google 検索(google.com)
画像引用:Google Merchant Center ヘルプ

「Google 掲載」:Google 検索

Google 検索(google.com)
画像引用:Google Merchant Center ヘルプ

「Google 掲載」:Google 検索

Google 検索(google.com)
画像引用:Google Merchant Center ヘルプ

「Google 掲載」:Google 画像検索

Google 画像検索(images.google.com)
画像引用:Google Merchant Center ヘルプ

「Google に掲載」は、Googleの新しい機能として数年以内に提供される、と言われていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大でECの利用が大きく普及する中、このタイミングで公開されたものと思われます。

Googleショッピング広告は、ユーザーの検索に連動し表示されることから、特に型番検索など、ニーズが顕在化したユーザーに対して広告訴求ができ、自社サイトへ誘導できる広告として魅力を持っていましたが、これまでは広告として有料で行うしかなく、ハードルが高い施策の一つでした。
今後それらの機能が無料でも使用できることになり、EC事業者にとっては大きなチャンスとなることでしょう。

この商品の無料掲載が既に公開されている米国では、クリック数、インプレッション数がともに大幅に増加するなどの効果をあげており、あらゆる規模の小売業者、特に中小事業者において、トラフィックが増加しているとのことです。

Googleショッピング広告との関係

Googleショッピング広告は、引き続き「すべて」のタブなど、検索結果上の主要なページの上部等に表示され、大きな影響力を持ち続けることが予想されます

今後は、Google検索結果の無料枠と有料枠を必要に応じて使い分け、

  • 無料枠には全ての商品を掲載するが、有料枠には主力商品のみを掲載する
  • 繁忙期には広告配信を行うが、閑散期には無料掲載のみを使用する

等、ますます戦略的に活用していくことが重要になってくるでしょう。

Googleショッピング広告についておさらいしたい方は、下記の記事もご参考ください。

Googleショッピングタブに無料掲載するには?

Googleショッピング広告の無料枠に掲載するためには、Google Merchant Centerのアカウントのセットアップが必要になります。

既にGoogleショッピング広告を実施している等、既にGoogle Merchant Centerのアカウントのセットアップの手順が全て完了したGoogle Merchant Centerを保持している場合には、追加の対応は不要です。

まだGoogle Merchant Centerを保持していない場合には、下記記事を参考にして、対応してみてください。※記事内に記載されている、「Google Ads」の設定は不要です。

Googleショッピングタブに無料商品掲載をする際に注意が必要なこと

このプログラムを使用する上で、注意が必要なことが3点あります。

Googleが勝手に商品を掲載することはないため、Google Merchant Centerを使用することは必須であること

Google検索結果上にサイトを掲載する際には、Google Search Consoleを使用しなくてもGoogleがクロールをしてくれれば、勝手に検索結果に表示されるようになる、ということがありますが、「Google に掲載」で掲載を希望する場合にはGoogle Merchant Centerの使用が必須になります。

ショッピングタブを含む「Google に掲載」は全て無料のプログラムで、「やらない理由はない」施策です。つまりGoogle Merchant Centerも、すべての事業者が必須で管理するべき場所、ということになってきます。

日々Google Search ConsoleやGoogle Analyticsを確認することと同様、Google Merchant Centerの管理も習慣化できるようにしたほうが良いでしょう。

「Google に掲載」に合わせた商品フィードを管理し、Googleへ自動連携する仕組みを構築すること

Googleへの商品掲載では、商品の名前や価格といった情報が掲載されます。

日々発生する在庫切れや新商品の追加、価格の変更を適切にGoogle Merchant Centerに連携できるよう、自動的に商品データをアップロードする仕組みを構築したほうが良いでしょう。

また、「Google に掲載」経由でのトラフィックは、Google Analytics上では google/organic として計測され、通常のオーガニック検索と同一の流入元として計測されるようになります。

それを回避するためには、「Google に掲載」を利用するための商品フィードに、パラメータを付与するなどの対策が必要となってきます。

既にGoogleショッピング広告を行っている事業者様でも、「Google に掲載」とGoogleショッピング広告で流入計測を明確に区分したい場合、「Google に掲載」では別のフィードを管理することも検討しましょう。
「Google に掲載」のプログラムがどのように提供されるかを鑑みつつ、必要な対応を進めていきましょう。

トラフィックの計測は基本的にGoogle Analyticsで確認することになること

Google Merchant Centerでは、「Google に掲載」のクリック数を確認することは可能ですが、表示回数や購入数を確認することはできません。

そのため、CVへの貢献度の計測については、Google Analytics上で計測することになります。

加速するGoogleのEコマース支援

今回リリースされたものは、Googleのショッピングタブの無料枠に商品情報を掲載できるという機能ですが、今後は「Googleに掲載(Surfaces across Google)」を通じて、様々な掲載面への商品掲載が進んでいくものかと思われます

また、Google検索結果上で商品購入まで完了するBuy on GoogleもUSでは公開されており、Googleが小売領域のプロダクト拡充を進めていることが分かります。

広告でも、スマートショッピングキャンペーンファインドキャンペーンなど、小売事業者にとって魅力的なプロダクト追加を進めるGoogleに今後も注目です。

なお、フィードフォースでは今回のGoogleショッピングタブ無料掲載に対応するため、お客様のニーズに合わせて各プロダクトが対応予定です。(EC Booster、dfplus.io、DF PLUS)

 

タイトルとURLをコピーしました