Feedmatic Blog

フィードフォースが「データフィード」「ダイナミック広告」「ID連携」を軸に、新しいマーケティングのトレンドや実践的なノウハウを発信するブログ。

FeedTech2018開催レポート~オープニングトーク「WWWからWWDへ。その解としてのデジタルアセットの活用とプラットフォーム最適化」

FeedTech2018開催レポート~オープニングトーク


2018年12月18日(火)、データフィードに関わる可能性のあるすべての方を対象にした、弊社フィードフォース主催の日本最大級のデータフィード専門イベント「FeedTech2018」が大盛況のうちに閉幕しました。

今年のFeedTech2018では、「データフィード革命〜デジタルアセットでマーケティングを変える〜」をテーマに掲げ、業界のキープレイヤーによるセッションでお届けしました。

オープニングトークでは、弊社フィードフォース代表塚田より、データフィードを取り巻く大きな環境の変化をふまえ、WWW(ワールドワイドウェブ)からWWD(ワールドワイドデータベース)へ移り行く未来に対して、どのような考え方で向き合うべきか?その答えが「デジタルアセット」×「プラットフォーム最適化」であると語りました。

今回はこのオープニングトークの内容をご紹介します。

データフィードを取り巻く環境の変化

インターネット初期のポータルサイトにみられるトラフィックが集中していた時代から高度な検索エンジンがインターネットへの入り口を担う時代を経て、スマートフォン・SNSの登場により、「接触の断片化」が起こりました。

これらの環境の変化により、「適切な人に、適切な場所で、適切な情報を届ける」ことの重要度が増し、それをシステマティックに実現する技術として「データフィード」が大きく発展してきました。さらに、テクノロジーの進化によってマッチング精度が向上し、提供する情報の粒度、鮮度という観点からも「データフィード」の普及が後押しされてきました。

今後も「プラットフォームの進化」「広告の進化」にさらに「機械学習の進化」が加わり「適切な人に、適切な場所で、適切な情報を届ける」ためにデータフィードが技術的に支えていくという構造はかわりません

FeedTech2018オープニングトーク会場

 

意識しておくべき4つのトレンド

データフィードを取り巻く環境の変化を理解するために意識しておくべき4つのトレンドを紹介します。

意識しておくべき4つのトレンド

マルチプラットフォーム

マルチプラットフォーム×デバイスによりユーザーとの接点はますます多様化、複雑化が進んでいます。これらの接点に対応しつつ、如何にタイムリーに情報を届けるか、という課題に応えるものの一つが引き続きデータフィードの役割となってきます。

シームレス

分散化したアプリケーションがそれぞれ有機的につながることによって「ユーザーに豊かな体験を提供する」という流れが生まれています。

例えば、スマホ上での商品検索から、実店舗へ誘導し、Google マイビジネスで店舗の情報を確認し、その後、Google マップで店舗への行き方を誘導するということが今、複数のアプリを跨いでシームレスに行われています。

これらをとりまく情報の全てを、正しくかつ鮮度の高いものにしていく必要があります。この点においてもデータフィード及び構造化データが担うことになるでしょう。

バーチカル

サーチエンジンの検索結果の変化という観点からも、データフィードや構造化データの担う役割は大きなものといえます。

例えば、目的に特化したバーチカルサーチを例に挙げると、今話題の「Google for Jobs」ではインターネット上に存在する求人情報を取得し、求職中の人と思われるユーザーのGoogle検索結果上位に、クエリに合致した求人情報のリストを表示します。

ここで重要なことは、データフィードおよび構造化データを送る事ではじめて表示対象となる=接点をもてるという点です。

ユーザーの目的にマッチした情報を届けるために、フィードも共通フォーマットから、業種別、目的別に特化したバーチカルフィードに進化しています。

SMB

ショッピング広告やショッピングサーチ、Google マイビジネスやGoogle for Jobsを例にあげても、誰もが簡単に構造化データをアップできる仕組みが整いつつあります。

SMB=Small&Medium business、つまり数多くの中小企業がフィードや構造化データをアップする主体となることで、いよいよ構造化データが大量に流通する世界に突入する時代になります。

FeedTech2018オープニングトーク会場

WWW(ワールドワイドウェブ)からWWD(ワールドワイドデータベース)へ

上記4つのトレンドをふまえると、「大量のバーチカルな構造化データが、目的によってシームレスに接続、結合しながらユーザーの様々なデバイスに届けられる」というフィードが作る未来の姿が見えてこないでしょうか?

様々な企業や人が構造化データとその束としてのデータフィードを簡単にアップしそのアクセス可能なデータをいろんなアプリケーションが参照したり、連携したりすることで様々なデバイス上で「適切な人に、適切な場所で、適切な情報を」という姿をより精度高く実現できるようになる、という世界観です。

まさに「WWWからWWDへ」という、元WIREDの編集長で、「〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則」という本でも有名なケヴィン・ケリーさんの言葉が、これからの時代を表わしていると思います。そしてその入り口を担うのがデータフィード・構造化データとなります。

FeedTech2018オープニングトーク会場~WWWからWWDへ

「デジタルアセット」×「プラットフォーム最適化」

WWDへ移り行く未来に対して、企業はどのような準備をしていけばいいか?その答えが「デジタルアセット」×「プラットフォーム最適化」になります。

FeedTech2018オープニングトーク会場~WWWからWWDへ

「デジタルアセット」とはデジタル上で顧客との接点を生み出すさまざまなデジタル資産のことです。

商品データやコンテンツ、顧客データなどは、インターネットおよびプラットフォーム上で顧客接点を生み出す重要な資産であるにも関わらず意識的に管理、有効活用されることがまだまだ少ないと思っています。

インターネットを通じたビジネスが拡大していく中、この資産をいかに有効活用していくかが、今後のビジネスの拡大に大きな影響を与えると考えています。

また、これらのデジタルアセットは、ユーザーの求める情報かつ
プラットフォームの求める仕様に変換し流通させることによってはじめて、ユーザーとの接点を生み出すことができるようになります。
これが「プラットフォーム最適化」
です。

フィードや構造化データが、大量に流通し、プラットフォームを通じて、顧客との接点、インターフェイスを作っていく時代、つまりWWD時代には、企業はデジタルアセットの活用とプラットフォーム最適化を意識して実行することで、その環境変化に適合することができますし、さらに、デジタルアセット活用と最適化をどこよりも上手にできる企業こそが、デジタル入口のビジネスをどんどん拡大していくことができるのではないかと思います

さいごに

今回はオープニングトークを通して、データフィードを取り巻く大きな環境の変化、データフィードによってもたらされる未来やそれに対してビジネスはどのような考え方で向き合うべきかについてお伝えしました。

「FeedTech2018」の各セッションのイベントレポート

本イベントでは業界のキープレーヤーによる、各社の新しい取り組みや「デジタルアセット」活用術、今後のデータフィード広告の未来についてお届けいたしました。

各セッションのイベントレポートは下記リンクよりご覧いただけます。

フィードフォースについて

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

フィードフォースの提供サービス

私たちは、5つのサービスで人と企業をつなげています。

「Feedmatic」

各種アドテクノロジーサービスを開発してきた技術的な強みを活かし、機械学習による効果最大化を前提とした広告運用の企画、設計、運用を実施。
コンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic

「DF PLUS」

運用担当者の負荷軽減!
データフィード管理のアウトソーシング・サービス「DF PLUS

「dfplus.io」

フィード広告運用をもっと自由に。
データフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io

「ソーシャルPLUS」

ソーシャルログイン機能を既存のWebサイトに手軽に導入!
ソーシャルログイン/ID連携ASPサービス「ソーシャルPLUS

「EC Booster」

Google ショッピング広告を最短5分で配信!
自動運用ツール「EC Booster