Feedmatic Blog

フィードフォースが「データフィード」「ダイナミック広告」「ID連携」を軸に、新しいマーケティングのトレンドや実践的なノウハウを発信するブログ。

2018年総まとめ!Instagram広告からInstagramショッピング機能、IGTV、ビジネスアカウントの基本を総ざらい

2018年総まとめ!Instagram広告からInstagramショッピング機能、IGTV、ビジネスアカウントの基本を総ざらい

日本国内のInstagramユーザー数は2900万人(※1)を超え、Instagramはビジネス活用にも効果を発揮しています。
Instagram広告だけでも多様な広告メニューがあり、認知から検討、購入までをカバーすることができます。さらにInstagram広告に加えて、Instagramショッピング機能やIGTVなど様々な機能を用いることで、単なるビジュアルでの訴求ではなく、多様なタッチポイントからユーザーにアプローチすることが可能です。

本記事ではInstagramのビジネス活用に必要な機能やポイントを、活用事例とともに総まとめにして紹介します。

(※1)Instagramの国内月間アクティブアカウント数が2900万を突破、国内のストーリーズ利用に関するデータも発表 | Facebookニュースルーム

認知から購入まで−Instagram広告−

Instagram広告の強みは、Facebook同様に人ベースの高精度なターゲティング機能で、コンバージョンにつながりやすい人にリーチすることができる点です。通常の投稿ではリーチできないユーザーに対しても、利用者層データから既存のカスタマーに類似したユーザーを選別しリーチすることができます。また、広告をInstagramだけでなくFacebookやオーディエンスネットワークにも配信でき横断的なアプローチが可能です。
Instagram広告と一口にいっても写真広告やカルーセル広告、ダイナミック広告など様々なタイプがあり、認知、検討、コンバージョンの段階すべてをカバーしています。各広告タイプのビジュアルや特徴をしっかり理解し、製品・サービスや目的に合わせて活用することが重要です。

写真広告

Instagram写真広告
(画像引用:Instagram

写真広告では、正方形または横型の画像でシンプルにブランドイメージを伝えることができます。

動画広告

Instagram動画広告

(画像引用:Instagram

横型または縦型の最長60秒の動画を配信できます。音と動画を駆使することでブランドストーリーをわかりやすく伝えることができます。

カルーセル広告

instagramカルーセル広告

(画像引用:Instagram

一度に2~10枚の写真や動画を並べ、ユーザーがスワイプすることで次々と広告を表示していきます。様々な視点からブランド、商品、サービスを見せることができ、それぞれの写真や動画にリンクを貼ることができるため、より詳細なブランドストーリーを提供できます。

コレクション広告

Instagramコレクション広告Instagramコレクション広告

(画像引用:Instagram

コレクション広告は、ビジュアルで目を引くメインの広告(写真や動画)と商品カタログを組み合わせた広告メニューです。ユーザーがメイン画像をタップするといくつかの製品カタログが表示されます。ユーザーはそこからさらに個別の詳細な商品ページに移動することができます。そのため商品の発見から検討、さらには購入までを促します。

ストーリーズ広告

instagramストーリーズ広告

(画像引用:Instagram

毎日多くのユーザーが利用するInstagramストーリーズに、縦型フルスクリーンの広告を配信することができます。ストーリーズの特徴を活かした没入感のある広告で、ブランドの認知度アップやコンバージョン、リード獲得に効果的です。

ダイナミック広告

instagramダイナミック広告

(Instagramダイナミック広告例)

ダイナミック広告は、ユーザー一人ひとりにあわせて商品やサービスを選び出し、自動で広告を表示することができます。過去に閲覧した商品情報や、興味があると推測される商品やサービスの広告を配信し、購入へと促すことができます。そのため、商材の多いビジネスに効果的です。

Instagramの多様なタッチポイント

Instagramには広告以外にも、ユーザーとのタッチポイントが豊富です。InstagramショッピングやIGTV、ビジネスアカウントを活用することで、包括的にユーザーにアプローチしていくことが効果的でしょう。

Instagramショッピング機能

Instagramショッピング機能とは

instagramショッピング

(画像引用:Instagram

Instagramショッピング機能とは、フィード投稿やストーリーズ投稿に商品名や価格が表示される「商品タグ」を付け、そのタグをタップすると商品の詳細情報を掲載したページを表示させることのできる機能です。さらに商品詳細ページを外部ECサイトに直接リンクさせることができるため、商品に関心を持ったユーザーを購入ページに誘導し、購入を促すことが可能です

広告ではないため広告費はかかりませんが、表示されるユーザーが限られてしまいます。そこで後述するハッシュタグなどの活用が効果的になってきます。

新機能情報

2018年11月15日(現地時間)InstagramからInstagramショッピング機能に関する最新情報が発表されました。

  • ショッピング機能で動画投稿が可能になりより詳細かつ魅力的に商品情報を訴求することができるようになりました。
  • 商品タグのついた投稿をそのほかの投稿から区別して、まとめて保存する「ショッピングコレクション」機能が追加されました。
  • ビジネスプロフィール画面に「ショップ」というアクティブボタンが追加され、そこから商品タグのついた投稿だけをまとめて閲覧することが可能になりました。

これにより、さらにユーザーはInstagram上でスムーズにショッピングを楽しむことが可能になりました。

活用事例

日本最大級のファッション通販サイトZOZOTOWNを運営する株式会社ZOZOは、日本国内でInstagramショッピング機能がリリースされる1ヶ月前よりInstagramのファーストパートナーとしてショッピング機能を活用していました。

Instagramショッピング機能を導入して1ヶ月で、約6〜7割という高い割合のユーザーがショッピング機能を用いた投稿から購入サイトであるZOZOTOWNを訪問したという結果が出ました。

ZOZOが驚くインスタ経由ECの誘導率7割 (2ページ目):日経ビジネスオンライン

IGTV

IGTVとは

IGTV

(画像引用:Facebook

IGTVとはInstagram上にアップロードできる縦型フォーマット専用の動画です。誰もが動画を作成でき、アプリを開くとすぐに動画が再生されるシンプルさを備えています。そのためこれまでよりも動画クリエイターを身近に感じることができます。

ストーリーズの動画は最大60秒間の短い動画で24時間で消えてしまいますが、IGTVは最大60分間の動画を投稿でき自動で消えることはありません。またモバイルファーストが主流のユーザーに合わせて縦型フルスクリーン表示に特化しています。

IGTVのビジネス活用

IGTVをビジネスで活用するメリットは以下の3点です。

  • 時間が経っても消えず、より長い動画をアップできるため、これまで以上に詳細にブランドの魅力を伝えることができます
  • 直感的でシンプルな動画はユーザーとブランドの距離を縮め、既存のユーザーにはさらに強いつながりを築くことができます
  • 10億人ものInstagramユーザーに配信が可能であるため新規ユーザーの獲得にも効果的です。

ビジネスプロフィール

個人アカウントではなくビジネス専用のアカウントであるビジネスプロフィールを開設することによりInstagram利用者とのビジネス的なつながりを作ることができます。

ビジネスプロフィールを開設することで以下のことが可能となります。

  • 電話番号やメールアドレス、会社の所在地など、ビジネスに関する情報をプロフィール画面に表示することができます。 
  • Instagramインサイトを利用できるようになり、フォロワーの情報や広告のパフォーマンスをモバイルアプリから手軽に確認することができます。
  • パフォーマンスの良い投稿をそのまま広告として出稿することができます。この時CTAを追加したり、ターゲットや期間、予算を設定したりすることもできます。

これに加えて2018年10月には、利用者のアクションを促す「アクションボタン」がビジネスプロフィール画面に追加されました。

ビジネスプロフィール

(画像引用:Facebook

国内初のパートナーとなったぐるなびは「レストラン予約システム」の提供を開始し、ぐるなび加盟店のうちネット予約機能を活用している飲食店のビジネスプロフィール画面には「席を予約する」というアクションボタンが順次追加されています。これによって利用者はInstagramで発見した飲食店のビジネスページから、アクションボタンですぐにぐるなびの予約ページに移動することができます。アクションボタンの追加により、ユーザーはシームレスに予約などが可能になります。

Instagram、ビジネスプロフィールからレストラン予約ができる「アクションボタン」を日本国内で導入開始 | Facebookニュースルーム

Instagram広告のさらなる活用

ハッシュタグ

日本のハッシュタグ検索は世界に比べ高い頻度で行われています。ハッシュタグを活用することのメリットは以下の3点を挙げられます。

  • 自社のInstagramアカウントをフォローしていないユーザーにも投稿を見てもらえます。
  • 自社製品への関心度の高いユーザーに投稿を見てもらいやすいです。
  • 指定したハッシュタグでキャンペーンを行うことで、ユーザーによって宣伝してもらえます。

人気のハッシュタグをつけるなどうまく活用すればフォローされていないユーザーにも検索から投稿を発見してもらうことができます。検索によって発見されるため、例えば「# 化粧品」というハッシュタグをつければ、化粧品に関心の高いユーザーに対して投稿を発見してもらえ、自社商品に関心の高い新規ユーザーを獲得することも期待できます

UGC

UGC活用とは?

UGCとは、User Generated Contentsの略で、ユーザーが作成したコンテンツのことをさします。このUGCをInstagramでビジネス活用することにより、広告作成の手間をかけずに商品情報を宣伝するコンテンツを収集することができます。

UGCを活用するメリットとして以下が挙げられます。

  • 不特定多数のユーザーが指定ハッシュタグを用いることで、自社の製品に関する投稿を拡散することができます。
  • ユーザー目線で商品の魅力を宣伝できます。
  • ユーザー目線の投稿であるため、ユーザーに商品を使用するイメージを提供しやすくなります。
  • ブランドのアカウントページがファンコミュニティのような役割を果たし、ブランドの親近感を高めることができます。

UGC活用事例

グッドデザイン賞を獲得したウォーターサーバー「フレシャス」を提供する富士山の銘水株式会社は、コンバージョンの増加を目的にしたリターゲティング施策でUGCを効果的に活用しました。

「#フレシャス」や「#フレシャスデュオ」のハッシュタグを用いて、製品であるウォーターサーバーが実際に各家庭で使用されている投稿写真を収集し、自社アカウントでリポストしています。またその画像を素材として作成した動画広告でリターゲティング施策を行ったところターゲット層へのリーチが1.2倍に、申し込み完了数が2倍に増加しました。

FRECIOUS(フレシャス): Instagram広告の成功事例 | Instagram Business | Instagram for Business

さらにInstagram広告について知りたい方へ

Instagram広告について詳しく解説した無料の資料を配布中です。下記画像よりダウンロードいただけますので、是非ご活用ください。

Instagram広告入門!Instagram広告のメニューから出稿方法までを徹底解説

(TOP画像引用:Facebook

(執筆:寺田)