Feedmatic Blog

フィードフォースが「データフィード」「ダイナミック広告」「ID連携」を軸に、新しいマーケティングのトレンドや実践的なノウハウを発信するブログ。

Instagramが提供する縦型長尺動画配信サービス「IGTV」とは?~ビジネス活用する上で知っておきたいこと

Instagramが提供する縦型長尺動画配信サービス「IGTV」とは?~ビジネス活用する上で知っておきたいこと

2018年6月20日(現地時間)、Instagramはモバイルに最適な縦型フォーマットで最長60分までの動画を楽しめるアプリ「IGTV」をローンチしたことを発表しました。あわせてInstagramの全世界の月間アクティブアカウント数が10億を突破したことも発表しています。

IGTVとは?

モバイルに最適な縦型フォーマットで最長60分まで対応した動画配信サービス

IGTVはモバイルに最適な縦型フォーマットで最長60分までの動画を楽しむことができる新しい動画配信アプリです。またIGTVアプリだけでなくInstagramアプリ内からもIGTVの機能を楽しむことが可能です。

※実際には15秒~10分の動画が使用可能。フォロワーの多いアカウントや認証済みのアカウントは最大60分の再生時間の動画をアップロードできますが、この場合PCからアップロードする必要があります。

※今のところ、ライブ配信の機能はありません。

IGTV
(画像引用:Facebook

誰でも無料で配信、視聴が可能

IGTVを開くとTVと同様にすぐにコンテンツが再生されます。
Instagramのフォロー・フォロワーは引き継がれ、フォローしているクリエイターや興味があるであろうクリエイターの動画をすぐに楽しむことができます。

また、[おすすめ(For You)] [フォロー中(Following)] [人気(Popular)] [視聴を再開(Continue)] のタブから様々なコンテンツを閲覧することができます。動画にいいね!やコメントをつけたり、ダイレクト機能で友だちとシェアしたりすることも可能です。

また、誰もが無料で動画コンテンツを配信することができます。

IGTV
(画像引用:Facebook

Instagramのグローバルコミュニティ

Instagramの全世界の月間アクティブアカウント数が10億を突破したとのことですから、IGTVはリリース当初から10億人のユーザーを抱える動画配信サービスとなります。

IGTVではInstagramアプリでのフォロー・フォロワーは引き継がれ、さらには、IGTVで新たにユーザーをフォローすると、Instagramアカウントも自動的にフォローされるため、Instagramのストーリーズ投稿やフィード投稿と併せてチェックできるようになります。

ビジネス上でInstagramを活用する際は、IGTVは単体としての動画配信サービスではなく、Instagramのグローバルコミュニティに追加された新たなプラットフォームとして位置づけ、フィード投稿・ストーリーズ投稿・IGTVとそれぞれの特徴を理解した上での使い分けがポイントとなるのではないでしょうか?

IGTVのビジネス活用の可能性

ストーリーズの手軽さとは対照的に、IGTVのビジネス活用としては、長尺を活かし自社製品のデモやQ&A、インタビュー動画、Webセミナーなどの動画コンテンツ配信に活用できそうです。

一方で、先日Instagramのフィード投稿やストーリーズから商品が購入できるショッピング機能が話題になったように、Instagramは「発見が消費者のアクションに繋がるプラットフォーム」を目指し、新たな機能を追加しつづけています。

今後、購買に大きな影響を与えるインフルエンサーの動画や企業のプロモーション動画などIGTVコンテンツから、購買につなげる機能が追加されるかもしれません。

 

<参考>

(松元)