Feedmatic Blog

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

リタゲだけじゃない!Facebookダイナミック広告のブロードオーディエンスターゲティングで未接触ユーザーにリーチ

リタゲだけじゃない!Facebookダイナミック広告のブロードオーディエンスターゲティングで未接触ユーザーにリーチ

従来Facebookダイナミック広告は、サイトやアプリへ訪問済のユーザーに対して動的にリターゲティング広告を生成・配信する広告メニューでしたが、2017年9月にはウェブサイトに未訪問であっても興味・関心の高いと推測される新規ユーザーに対しても個別の商品や情報を訴求することができるようになりました。(ブロードオーディエンスターゲティング)

これによりFacebookダイナミック広告は、いわゆる獲得フェーズのユーザーだけでなく認知、興味フェーズの新規ユーザーに対しても配信することが可能となりました。

今回は、Facebookダイナミック広告を活用して未接触ユーザーへリーチすることができるブロードオーディエンスターゲティングの概要やポイントについてご紹介したいと思います。

リタゲだけじゃない!Facebookダイナミック広告とは?

Facebookダイナミック広告は製品カタログ内の多くの商品の中から、ユーザー一人ひとりに合った関連性の高い商品をFacebookのエンジンが自動でピックアップし、動的広告として自動生成される広告です。

Facebookが蓄積する豊富なユーザーデータとFacebook独自のレコメンドアルゴリズムによって最適化され、Facebookの”人ベース”の高精度なターゲティングを活かしてクロスデバイスで効果をあげています。

また、FacebookだけでなくInstagram、Audience Networkへも配信することができます。

Instagramダイナミック広告例
(Instagramダイナミック広告例)

従来Facebookダイナミック広告はウェブサイトやアプリで製品を閲覧したものの購入に至らなかったユーザー、いわゆる訪問済ユーザーへのリターゲティング広告を生成・配信する広告メニューでしたが、2017年9月には、未訪問であっても興味・関心の高いと推測される新規ユーザーに対しても個別の商品や情報を訴求することができるようにアップデートされました。

ブロードオーディエンスターゲティングとは?~幅広いターゲット層にリーチ

どのようなしくみで配信されるの?

従来の動的リターゲティング広告としてのFacebookダイナミック広告は、ユーザーが閲覧したページ情報をもとに関連性のある広告を配信していましたが、ブロードオーディエンスターゲティングでは、より幅広くデモグラフィック情報(年齢・性別・位置情報など)や、Webサイト・Facebook上でのユーザー行動・関心をもとに、ターゲット層の中から購入意向の高いユーザーに対し、ユーザーひとりひとりにあわせたオススメの商品を製品カタログから自動的にピックアップし、Facebookダイナミック広告が自動生成表示されます。

例えば、ユーザーがあるアパレルECサイトでバッグを閲覧した、アパレルサイトのFacebookページにアクセルした、アパレルサイトのバッグの広告をクリックしたといったユーザーの様々なアクションを元に購入意思のシグナルをキャッチし、興味・関心の高いと推測される新規ユーザーに対してFacebookダイナミック広告が配信されます。

Facebookダイナミック広告で重要なこと

リターゲティング、ブロードオーディエンスターゲティングに関わらず、Facebookダイナミック広告の効果を最大化させるためにはFacebookのエンジンに対してより多くの正しい情報を提供することが重要となります。機械学習の精度が高くなればなるほどレコメンドの精度があがることはいうまでもありません。

以下に挙げるFacebookピクセルと製品カタログ(データフィード)はFacebookダイナミック広告の要件となっているように、Facebookダイナミック広告を実施する上で非常に重要な要素となっています。

Facebookピクセル

Facebookピクセルとアプリイベントを実装することによって、Webサイトやアプリ内でのユーザー行動を把握することができます。(カタログのどの製品IDが閲覧され、カートに追加され、購入されたか etc.)

製品カタログ(データフィード)

製品に関する様々な情報を格納したデータです。

ユーザーひとりひとりにあわせたオススメの商品を製品カタログから自動的にピックアップされ、Facebookダイナミック広告が自動生成表示されます。

提供するデータが正しく最新であることはもちろんのこと、提供できるデータが多いほどレコメンド・機械学習する際の材料も多くなります。

幅広いターゲット層に効果的にリーチするためのTIPS

ブロードオーディエンスターゲティングを効果的に活用するためのTIPSを紹介したいと思います。Facebookにより多くの正しいデータを提供し、レコメンドの精度をあげるという観点からも参考にしてみてください。

  • 幅広いターゲット層を設定する際は、地域や利用者データに基づくコアターゲット設定オプションを利用します。
  • 広告の配信が制限される可能性があるため、幅広いターゲット層のほかに類似オーディエンスやカスタムオーディエンス、行動や趣味・関心のターゲット設定は併用しないことが推奨されています。
  • 購入済みのユーザーを除外します。除外設定により、除外対象者に適用するルールを設定できます。通常は、過去10日間に製品を購入した人々を除外することが推奨されています。
  • ウェブサイトビジターをすべて除外しない:リターゲティングしたターゲット層も含めると、キャンペーンがより効果的に配信されます。
  • 規模の大きい製品カタログ(製品を1,000以上)を使用します。:製品セットに含まれる品数が多い場合や製品セットの内容が多岐にわたる場合は全体の広告のパフォーマンスが向上することがあります。
  • 新規ユーザーやサイトにアクセスしたことがない人に合った広告素材を選びます

 

旅行業界向けブロードオーディエンスターゲティング

旅行業界向けダイナミック広告では、広告主のサイトやアプリにアクセスしたことことがなくても旅行を検討中の新規ユーザーへと幅広くリーチすることが可能です。(現在はホテルに限定)これにより、膨大な数の旅行地を対象範囲に設定し、利用者が示す旅行の意向にマッチした関連性の高い広告を配信することができます。

まとめ

今回はFacebookダイナミック広告で未接触ユーザーにリーチする機能「ブロードオーディエンスターゲティング」についてご紹介しました。

Facebookダイナミック広告に限らず動的広告は、リターゲティングによる既存ユーザーの刈り取りだけでなく、興味・関心が高いと推測される新規ユーザーに対しても個別の商品や情報を訴求し、購買や登録などのコンバージョンを継続的に最大化していくということがトレンドとなっています。

AIや機械学習によるレコメンドの精度があがり、広告運用の自動化が進む中、より一層プラットフォームに寄り添うことが必要とされます。今後もダイナミック広告を含む様々な情報をご紹介していきたいと思います。

さいごに

弊社フィードフォースではダイナミック広告に特化した広告運用サービス「Feedmatic」 を提供しております。

2016年、Facebookダイナミック広告のプロスペクティング配信機能の提供開始 を皮切りに、サイト未訪問の潜在顧客へのアプローチをキーにして、新しい見込み顧客へのリーチを広げるお手伝いを数多く行ってきました。

GoogleやFacebookダイナミック広告の実施や効果的な運用の実施に関するご相談については、下記URLよりお気軽にお問い合わせください。

お役立ち資料ダウンロード

Facebook広告の特徴から出稿の手順、効果を高める上で大切なポイントなど、基本だけれど大事な要点をまとめた資料を無料で公開中です!以下よりダウンロードいただけますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてください。

フルファネルで活用!
Facebook広告メニューを目的別で図解

 

(執筆:松元)