Feedmatic Blog

フィードフォースが「データフィード」「ダイナミック広告」「ID連携」を軸に、新しいマーケティングのトレンドや実践的なノウハウを発信するブログ。

Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信と事例

f:id:feedmaticblog:20180222101213j:plain

Googleは、Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信のβ版を発表しました。

Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信とは?

Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信とは、サイト上では未接触であるユーザーに対して、そのユーザーのプロフィールや興味・関心情報などから、興味・関心が高いであろう情報を推測し、Googleダイナミック広告を配信する機能です。これまで「プロスペクティング配信機能」はFacebookダイナミック広告配信の場面においても活用されてきました。

プロスペクティング配信によって、商品を閲覧したユーザーへのリターゲティングだけでなく、興味・関心が高いと推測される新規ユーザーに対しても個別の商品や情報を訴求することができます。リターゲティングによる既存ユーザーの刈り取りだけに偏ることなく、新規ユーザーの獲得も行いながら、購買や登録などのコンバージョンを継続的に最大化できるのです。

f:id:feedmaticblog:20180222101300p:plain
(Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信とリターゲティング配信)

チェコのアパレルECサイトZOOTは、「プロスペクティング配信」を導入することで、キャンペーン内の新規セッションが63%と向上し、CTRが3倍、ROIが2倍に向上するなど高い広告効果を上げています

では早速、ZOOTのプロスペクティング配信活用の事例を見てみましょう。

チェコのアパレルEC「ZOOT」の事例

ZOOTはまずリターゲティング配信で、Webサイト訪問者の売上を押し上げました。そしてその後、プロスペクティング配信でトラフィックを増加させる戦略を取り、類似オーディエンスを対象としたキャンペーンを開始しました。

その結果、

  • 他の類似オーディエンスを活用したディスプレイキャンペーンと比べてCTRが3倍
  • 他のディスプレイキャンペーンのプロスペクティング配信と比べてROIが2倍
  • トラフィックの63%が新たなセッション

と高い効果が上がりました。

ZOOTはプロスペクティング配信を活用し、Webサイトですでにコンバージョンした、もしくは商品詳細ページを訪問した顧客と似た性質のユーザーをターゲティングし、潜在顧客にブランドのリーチを広げました。

さらに、Googleのレコメンデーションエンジンを活用し、ZOOTの商品リストの中から、売り上げを最大化しそうな特定の商品の広告を出稿することによって、客単価も上げました。

その結果、今まで一回もWebサイトに訪問したことがなかった、新規顧客のトラフィックを獲得するとともに、CTRとROIを向上することができたのです

さいごに

ここで少し弊社のお話になるのですが、弊社フィードフォースではダイナミック広告に特化した広告運用サービス「Feedmatic」を提供しております。2016年、Facebookダイナミック広告のプロスペクティング配信機能の提供開始を皮切りに、サイト未訪問の潜在顧客へのアプローチをキーにして、新しい見込み顧客へのリーチを広げるお手伝いを数多く行ってきました。

そこで培ったダイナミック広告のプロスペクティング配信に関する知見やノウハウを活かして、Googleダイナミック広告においてもプロスペクティング配信のサービス提供を開始しました。

ダイナミック広告のプロスペクティング配信を活用したマーケティングは世の中的に見てもまだまだ新しく、今後さらにその効果が広がっていくことが予想されます!

GoogleやFacebookダイナミック広告の実施や効果的な運用、「プロスペクティング配信」の実施に関するご相談については、下記URLよりお気軽にお問い合わせください。

・Feedmatic お問い合わせ
https://jp.feedmatic.net/

<参考>

(執筆:森)