フィードフォースが、データフィード・ダイナミック広告・ID連携を軸に、デジタルマーケティングに役立つ情報を発信するブログ。
コラム Special

withコロナにおけるWeb広告戦略~EC編~

新型コロナウイルスによる影響を受け様々なビジネスで危機対応に追われているかと思います。外出自粛の今だからこそEC需要が加速している状況ではあるものの、突然来たECの波に対応できている企業は多くありません。

この外出自粛により、これまでとユーザーの行動が大きく変わっており、ユーザーの行動変容に合わせて各広告媒体のオーディエンスの変動も出てまいりました。

現段階ではユーザーの行動を理解・予測し、より効率的な配信面を選定することが重要な局面と考えていいと思います。

今回はそんな状況に対応すべく、EC業界において比較的短期間で見直しが可能なWeb広告の戦略についてご紹介していきます。

訴求内容が現在の状況に適しているか?

自宅での時間が増え人に会う機会が減少している今、人々の需要が変動しております。その様なユーザー需要が変化している中、特にファッションEC等ではこれまで通りの生活を前提とした訴求ではCTRが低下し、効率の低下に繋がりかねません。

そこで、今広告で訴求する際に押さえるべきポイントは、自宅で過ごすことを前提に出来ているかどうかです。例えば今ですと、夏物の新作が豊富な時期かと思います。例年であれば夏物の新作をそのまま訴求していたと思うのですが、今年はおうち時間を過ごす前提のリラックスウェアとして活用出来るアイテムに絞った訴求に切替えると、よりユーザーの需要にマッチします。

実際に広告の内容を新作訴求からリラックスウェア訴求に変更しCTR改善が見られた事例も出てきており、この考え方はwithコロナにおけるスタンダードになっていくと思われます。

見落としているターゲティングがないか

ユーザーのEC利用が加速している今、ECの売上拡大において新規獲得は課題だと思います。しかし実店舗を十分に営業できない、また営業していてもこれまで通りの客足が戻ってこないことに悩まされているEC事業主の皆様が多いかと思います。

その解決策として、現在のターゲティングの中で見落としている”見込みの高いユーザー層”がいないか改めて見直しをしてみてください。

例えば、ユーザーデータ(email・電話番号)を利用した配信が可能な媒体であれば、実店舗にて来店してもらっていたがECでは未購入のユーザーに対しての配信が可能です。

また、媒体によっては商品詳細ページ以降のリターゲティング配信のみとなっていて、TOPページや検索結果ページの来訪ユーザーには配信できていないケースも散見されます。

新規ユーザーの拡大を狙うばかりに安易に新規向け配信を広げていくのではなく、まず効率的に獲得出来る配信がないか改めて確認することが重要となります。

いまだからこそ検討すべき配信面

感染拡大と共におうち時間が増えてきたことで、チャネルによって利用者数が変動し広告配信対象となるオーディエンスにも大きく変動が出てきました。

3月以降Instagramを中心に利用者数の増加が続いており、それに伴い配信が可能なユーザーが増加することで広告在庫が拡大しております。

4月以降Web広告全体としてCPMが安価な傾向にあるので、インプレッション単価が安価な今こそInstagram広告を始めるべきタイミングだと思います。

5月下旬現在、緊急事態宣言は解除したものの、感染を気にしながらのwithコロナの生活ではWork from homeが続く企業もあり、引き続きおうち時間が長くなることが想定されます。その様な背景からwithコロナの期間においては、今後もInstagramの利用数が伸びることが想定されますので、Instagramでのマーケティングに力を入れていくことはユーザーへの効果的なリーチに役立つと考えられます。

さいごに

withコロナにおけるユーザーの生活様式は引き続き変化していくことが想定されます。外出自粛に入った時点でも生活様式の変化で思わぬ商品の売上が伸びたりと、ユーザー需要を理解・予測することが非常に重要な期間かと思います。

この状況を逆に捉えると、ユーザー需要を理解すればそれに合わせたマーケティングによる効果改善も可能と考えられるので、是非この機会にマーケティング方針の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

広告運用サービス「Feedmatic」

この記事を書いた人
北島 舞

株式会社フィードフォース
Feedmaticチーム 広告運用コンサルタント

広告代理店にてCriteoを中心としたフィード広告専任担当としてこれまで約100アカウントの案件コンサル、大型EC案件のフィード広告運用に従事。第1回Criteo認定テストでは技術部門第1位を獲得。2017年より、フィードフォースにてダイナミック広告配信・最適化サービス「feedmatic」の広告運用を担当し、フィード改善を中心とした成果最大化施策を幅広い業種のお客様へご提案。

Feedmatic Blog
タイトルとURLをコピーしました