Google

カテゴリー『Google』記事一覧です。

Google広告を中心に最新の媒体ニュースやGoogle広告の特徴、広告効果をあげるポイント、導入事例、タグやデータフィードと関連した広告改善テクニック、Google マイビジネスに関する情報などを集めました。

Criteo

ダイナミック広告改善のきほんの「き」12のチェックポイントをご紹介

ダイナミック広告で適切な配信を行うためには、リスティング広告や静的なディスプレイ広告とは違った考え方が必要です。タグ、データフィード、キャンペーン構成の視点からダイナミック広告で見直すべき12の改善ポイントを解説します。
Google

Googleショッピング広告入門!特徴・出稿方法・運用ポイントは?つまずきやすいポイントを中心に解説【2019年版】

ユーザーの検索ワードに連動して広告が表示される「Googleショッピング広告」の特徴や広告出稿の具体的な方法、初心者がつまずきやすいポイントを中心に解説します。
Criteo

ダイナミック広告におけるタグとフィードの不一致がもたらす影響とその対応策

ダイナミック広告において、広告配信したくないアイテムを安易に除外してしまうと、タグとフィードの不一致につながります。そのため、エンジン学習に対して悪影響になり、広告成果が悪化したり、媒体によってはそもそもダイナミック広告が開始・再開出来ないことに繋がります。広告配信したくないアイテムのフィードでの対応方法を媒体ごとに解説します。
Criteo

ダイナミック広告のクリエイティブバッヂ機能、活用できていますか?~商品画像への「アイコン画像」表示で訴求力を高めよう

ダイナミック広告における効果改善テクニックの一つに「クリエイティブバッヂ機能」があります。「クリエイティブバッヂ機能」は、商品画像の上に「〇〇%OFF」や「人気」といった文字が表示することで、視認性を高め、商品説明を充実させることができます。本記事では、「クリエイティブバッヂ機能」のメリットや、活用事例を紹介します。
Google

Googleマイビジネスの基礎知識~ローカル検索でユーザーニーズにあわせて自社のビジネスをアピールするために

Googleマイビジネスは、Google検索やGoogleマップに自社ビジネスの情報(ビジネスプロフィール)を表示し、管理することができる無料のツールです。今回は、Googleマイビジネスの機能やローカル検索といわれる特定のエリア情報を加味した検索結果に自社のビジネス情報を掲載するために重要なポイントをまとめてご紹介します。
Google

Googleマーチャントセンターとは?登録からGoogleショッピングの始め方まで、初心者にもわかりやすく解説

Googleマーチャントセンター(Google Merchant Center)とは、オンラインストアがGoogleに商品情報を送信するための管理画面です。Googleマーチャントセンターに登録することで、Google検索結果に自社商品を掲載する「Googleショッピング広告」を実施できるようになります。この「Googleショッピング広告」は非常に効果が高く、ECなら絶対に実施しておきたい広告です。今回は、Googleマーチャントセンターへの登録から、Googleショッピング広告を始めるところまで、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。
Google

Google、購入画像広告(Shoppable Image ads)及びショーケース広告への動画導入を発表~ビジュアルコンテンツから購買につなげる

2018年9月13日及び14日、Googleは新たに「購入画像広告(Shoppable Image ads 以下購入画像広告)」と「ショーケース広告への動画の導入」という2つの広告フォーマットを発表しました。購入画像広告(Shoppable Image ads )とは、従来の検索連動型のショッピング広告とは異なり、外部サイトの画像コンテンツ内にタグアイコンを表示し、そこからシームレスに購買につなげることができるショッピング広告です。
Criteo

新規顧客獲得に効果あり!Facebook、Google Adwords、Criteo、SmartNewsが提供するダイナミック広告活用のすすめ

Facebook広告をはじめ、Google Adword、Criteo、SmartNewsなど、潜在顧客に効率よくリーチすることができる注目のダイナミック広告を紹介します。サイト訪問歴のあるユーザーへのリターゲティング広告や、既にニーズが顕在化しているユーザーにリーチする検索連動型広告だけでは、なかなか潜在顧客にアプローチすることは難しく、新規ユーザーの獲得に課題を抱えているマーケターは少なくありません。これらの課題を解決するためには、認知、興味・関心、行動の各フェーズに適したアプローチをしつつ、興味・関心が高いと推測される新規ユーザーに対しても効率よくアプローチすることが重要です。
Criteo

データフィード広告とは?厳選サービス紹介!〜データフィード広告で何ができるの?〜

データフィード広告とは、自社が保有する商材データを広告出稿先(媒体)や外部サイトのフォーマットに変換し送信することで、商品在庫と連動した広告キャンペ―ンを自動で展開することができる広告です。データフィード広告の代表的なものとして、Facebookダイナミック広告、Criteo、LINE Dynamic Adsなどいわゆるダイナミック広告、Googleショッピング広告などの検索連動型広告、Indeed等のバーティカルメディアなどが挙げられます。
Google

Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信と事例

Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信とは、未接触ユーザーに対して、そのユーザーのプロフィールや興味・関心情報などから、興味・関心が高いであろう情報を推測し、Googleダイナミック広告を配信する機能です。プロスペクティング配信によって、商品を閲覧したユーザーへのリターゲティングだけでなく、新規ユーザーに対しても個別の商品や情報を訴求することができます。
タイトルとURLをコピーしました