フィードフォースが、データフィード・ダイナミック広告・ID連携を軸に、デジタルマーケティングに役立つ情報を発信するブログ。

Criteo

カテゴリー『Criteo』記事一覧(2ページ目)です。

Criteoに関する記事一覧です。Criteoの最新の媒体ニュースやCriteo広告の特徴、広告効果をあげるポイント、導入事例、タグやデータフィードと関連した広告改善テクニックなどを集めました。

Criteo

Criteo Customer Acquisitionβ版(プロスペクティング配信)提供開始~リターゲティング機能に加え、サイト未訪問の潜在顧客へのリーチが可能に

Criteo Customer Acquisition ( CCA ) とは新規見込み客を効率的に自社ECサイトに訪問させることができるソリューションです。これにより、従来のダイナミックリターゲティングに加え、サイト未訪問の潜在的な新規顧客ユーザに対してリーチすることが可能となります。
2020.04.02
Criteo

新規顧客獲得に効果あり!Facebook、Google Adwords、Criteo、SmartNewsが提供するダイナミック広告活用のすすめ

Facebook広告をはじめ、Google Adword、Criteo、SmartNewsなど、潜在顧客に効率よくリーチすることができる注目のダイナミック広告を紹介します。サイト訪問歴のあるユーザーへのリターゲティング広告や、既にニーズが顕在化しているユーザーにリーチする検索連動型広告だけでは、なかなか潜在顧客にアプローチすることは難しく、新規ユーザーの獲得に課題を抱えているマーケターは少なくありません。これらの課題を解決するためには、認知、興味・関心、行動の各フェーズに適したアプローチをしつつ、興味・関心が高いと推測される新規ユーザーに対しても効率よくアプローチすることが重要です。
インタビュー・事例

キャリトレを運営するビズリーチがデータフィード広告で成果をあげるために、インハウスマーケ×代理店で行ったこととは?

株式会社ビズリーチでは、インハウスマーケティングを基本とした体制をとっていて、社内でマーケティング施策の運用・分析・改善のほとんどを行なっています。株式会社ビズリーチの横山様、西澤様、野村様にCriteo広告で実施している施策や運用体制、改善結果についてインタビューをさせていただきました。
Criteo

データフィード広告とは?厳選サービス紹介!〜データフィード広告で何ができるの?〜

データフィード広告とは、自社が保有する商材データを広告出稿先(媒体)や外部サイトのフォーマットに変換し送信することで、商品在庫と連動した広告キャンペ―ンを自動で展開することができる広告です。データフィード広告の代表的なものとして、Facebookダイナミック広告、Criteo、LINE Dynamic Adsなどいわゆるダイナミック広告、Googleショッピング広告などの検索連動型広告、Indeed等のバーティカルメディアなどが挙げられます。
2019.10.08
Criteo

脱初心者!Criteoの広告効果が高まるポイントと改善テクニック

Criteoの広告運用をされている方は、「現在配信しているCriteoの広告効果を改善したい」、「最近チームの目標値が高くなったが、運用金額を上げずに数値改善したい」という悩みをお持ちではないでしょうか?Criteoの広告はPDCAを回すことが難しいと思われがちです。本記事では、Criteoを用いた広告運用の成功のポイントと改善の手法を解説します。
2019.03.25
Criteo

データフィードを活用したマーケティングとは?~在庫と連動した広告を自動で配信!しくみ・データフィード最適化・導入方法まで一挙解説

データフィードの活用で在庫と連動した広告を自動で配信することができます。データフィードとは?といった基本的な疑問から、データフィードをマーケティングに取り入れることの効果、データフィード最適化(DFO)とは?導入するには?といったデータフィードにまつわる様々な疑問にお答えします。
2020.08.24
Criteo

動的リターゲティング広告のCriteo(クリテオ)!魅力と導入プロセスを解説

近年進んでいるモバイル化を背景に注目を集める動的リターゲティング広告、その中でも国内で大きなシェアを誇るCriteo(クリテオ)広告の特徴と出稿~運用までを解説する。クリテオ広告ではユーザーの行動情報に基づいた広告を自動で作成、表示することができる。
タイトルとURLをコピーしました