フィードフォースが、データフィード・ダイナミック広告・ID連携を軸に、デジタルマーケティングに役立つ情報を発信するブログ。

Criteo

カテゴリー『Criteo』記事一覧です。

Criteoに関する記事一覧です。Criteoの最新の媒体ニュースやCriteo広告の特徴、広告効果をあげるポイント、導入事例、タグやデータフィードと関連した広告改善テクニックなどを集めました。

Criteo

ダイナミック広告のタグ【初級編】~タグを正しく設置するための3つのポイントとは?

ダイナミック広告におけるタグは、広告成果の計測だけでなく機械学習の促進、オーディエンスの構築と広告効果改善において重要な役割をもっています。ダイナミック広告のタグの役割、正しく設置するための3つのポイントを初心者でもわかりやすく解説します。
Criteo

ダイナミック広告の基礎知識~特徴・仕組み・種類を詳しく解説します

Facebook、Criteo、Yahoo!、Google、LINEと様々な広告プラットフォームがそれぞれ特徴あるダイナミック広告を提供しています。また、リターゲティングだけでなく、潜在ユーザーへのアプローチも可能になるなど、活用シーンは各段に拡がっています。ダイナミック広告の特徴やしくみ、種類など押さえておきたい基礎知識をまとめてご紹介します。
2020.07.21
Criteo

Criteo、Yahoo! JAPANへの検討層向けソリューションの配信を開始

2020年5月12日、Criteoは、リターゲティング広告に加え、検討層向けソリューションおよびモバイルアプリソリューションである「Web Consideration 」、「Criteo Customer Acquisition」、「Criteo モバイルアプリソリューション」の、Yahoo! JAPAN への広告配信を開始しました。
2020.05.22
Criteo

Criteoの5種類の広告エンジンの違いを解説!適切な最適化エンジンを選択して、効果を最大化しよう

「Criteoの成果をもっと改善したい」と思ったときに、広告運用の改善レバーとして、意外と見落としがちなのは最適化エンジンの選択です。それぞれの最適化エンジンの特徴と、どのような場面で検討したらよいかを解説します。
2020.04.30
Criteo

Criteo、検討段階にある見込み顧客のサイト流入を強化する「Web Consideration(ウェブ・コンシダレーション)」をリリース

Criteoは、新たな新規顧客獲得ソリューションとして、検討段階の見込み顧客のサイト流入強化を可能にするWeb Consideration(ウェブ・コンシダレーション)をリリースしました。同じく新規顧客獲得向けのソリューションであるCriteo Customer Acquisition(CCA)との比較を交えながらご紹介します。
2020.04.20
Criteo

ダイナミック広告におけるタグとフィードの不一致がもたらす影響とその対応策

ダイナミック広告において、広告配信したくないアイテムを安易に除外してしまうと、タグとフィードの不一致につながります。そのため、エンジン学習に対して悪影響になり、広告成果が悪化したり、媒体によってはそもそもダイナミック広告が開始・再開出来ないことに繋がります。広告配信したくないアイテムのフィードでの対応方法を媒体ごとに解説します。
Criteo

Criteo広告で日予算設定が可能に~運用事例を基に機能や広告効果を解説

Criteo広告において、日単位の予算設定が可能になりました。これにより予算超過のリスクを無くしつつ、予算のペース配分ができるようになり、以前よりも柔軟な広告配信が可能となります。今回はCriteoの日予算設定機能についてのご紹介と、実際に弊社で運用しているCriteoアカウントでの運用事例を基に広告効果への影響を解説いたします。
Criteo

Criteo広告の基本!媒体の特徴から導入方法、効果改善のポイントをまるごと解説

Criteoの特徴や強み、導入方法、効果改善のポイントなど、広告主や広告運用者が押さえておきたいCriteo広告の基本についてまとめています。既存ユーザー向けダイナミックリターゲティング広告、新規顧客獲得(Criteo Customer Acquisition、CCA)、検討段階にある見込み顧客のサイト流入を強化する(Web Consideration(ウェブ・コンシダレーション)、休眠ユーザーの活性化(Criteo Audience Match)、Criteo モバイルアプリソリューションなどフルファネルで活用できる媒体で豊富な配信先と配信量で、運用型広告の中でも大きなシェアを占めています。
2020.05.19
Criteo

FeedTech2018開催レポート~「リターゲティングからフルファネルへ、進化するCriteo広告の今」

「FeedTech2018」イベントレポート:従来のリターケティングから、フルファネルでのサービスへ。Criteoの現在、そして今後の展望をCRITEO株式会社様に語り尽くして頂きました。さらに弊社フィードフォースより、すぐに使える業界別Criteo広告のおすすめクリエイティブ設定を紹介いたします。
Criteo

Criteo Customer Acquisitionβ版(プロスペクティング配信)提供開始~リターゲティング機能に加え、サイト未訪問の潜在顧客へのリーチが可能に

Criteo Customer Acquisition ( CCA ) とは新規見込み客を効率的に自社ECサイトに訪問させることができるソリューションです。これにより、従来のダイナミックリターゲティングに加え、サイト未訪問の潜在的な新規顧客ユーザに対してリーチすることが可能となります。
2020.04.02
タイトルとURLをコピーしました