フィードフォースが、データフィード・ダイナミック広告・ID連携を軸に、デジタルマーケティングに役立つ情報を発信するブログ。

Feedmatic Blog編集部の執筆記事一覧

Google

【速報】Google ショッピング タブの無料リスティングがローンチ

日本国内でGoogle ショッピング タブの無料リスティングが一部無料枠として公開されるようになります。これは、Googleが推進している「Google 掲載」(Surfaces across Google)の一環であり、EC事業者にとっては大きなチャンスになります。Googleショッピング広告との関係や、Googleショッピングタブに無料掲載する方法、注意点をまとめてご紹介します。
2020.11.13
Criteo

Criteoの5種類の広告エンジンの違いを解説!適切な最適化エンジンを選択して、効果を最大化しよう

「Criteoの成果をもっと改善したい」と思ったときに、広告運用の改善レバーとして、意外と見落としがちなのは最適化エンジンの選択です。それぞれの最適化エンジンの特徴と、どのような場面で検討したらよいかを解説します。
2020.04.30
Indeed

【アップデート情報】Indeed広告内で求人詳細表示の仕様変更

Indeedの検索連動型広告(Sponsored Job)において、「Indeed求人詳細ページ」が導入されます。本仕様変更により、ユーザーが広告をクリックすると指定されたリンク先に遷移する前に、Indeedドメイン配下で求人詳細情報(Indeed求人詳細ページ)が表示されることになります。
2020.04.28
Facebook

Facebookダイナミック広告、類似オーディエンスの活用で新規顧客を獲得しよう

Facebookダイナミック広告の新規顧客のターゲティング手法、なかでも「類似オーディエンス」に焦点を当てて、事例を交えながらご紹介します。Facebookダイナミック広告といえば、ユーザーが閲覧したページ情報をもとに動的リターゲティング広告を配信するイメージがあるかもしれませんが、実は、サイトやアプリに訪問したことのない潜在的なユーザーに対しても広告を配信することができます。
イベント

FeedTech2018開催レポート:クロージングセッション〜デジタルアセットでマーケティングを変える〜「2018年データフィード広告の総括と今後の展望」

FeedTech2018開催レポート:クロージングセッション「2018年データフィード広告の総括と今後の展望」データフィードを取り巻くトレンドと、今後のデータフィードを語る上で不可欠となる「構造化データ」と「デジタルアセット」についてお話いただきました。
Criteo

FeedTech2018開催レポート~「リターゲティングからフルファネルへ、進化するCriteo広告の今」

「FeedTech2018」イベントレポート:従来のリターケティングから、フルファネルでのサービスへ。Criteoの現在、そして今後の展望をCRITEO株式会社様に語り尽くして頂きました。さらに弊社フィードフォースより、すぐに使える業界別Criteo広告のおすすめクリエイティブ設定を紹介いたします。
イベント

FeedTech2018開催レポート〜株式会社廣済堂「マスターデータ改善で応募数を前年比250%に増加させたWorkin.jp。マーケチームが取り組んだ5つのこと」

FeedTech2018イベントレポート:Indeedに特化したマスターデータの根本改善により、データフィードの運用効果が大幅に向上。株式会社廣済堂が応募者数を前年比250%に増加させたマーケティング施策をご紹介します。
イベント

FeedTech2018開催レポート~ Facebookとアイデムが語る「FacebookとInstagramのフルファネル活用事例最前線」

「FeedTech2018」イベントレポート:ブランド認知向上から購買やアプリインストールまで、マーケティングファネルすべてをカバーするFacebook、インスタグラムが提供する広告ソリューション。データフィードの活用でさらに効果を高めることが可能です。イベントではFacebook社様と株式会社アイデム様が登壇、活用方法や事例を交えてご紹介頂きました。
タイトルとURLをコピーしました