Feedmatic Blog

フィードフォースが「データフィード」「ダイナミック広告」「ID連携」を軸に、新しいマーケティングのトレンドや実践的なノウハウを発信するブログ。

FeedTech2018開催レポート~「リターゲティングからフルファネルへ、進化するCriteo広告の今」

FeedTech2018開催レポート~「リターゲティングからフルファネルへ、進化するCriteo広告の今」

2018年12月18日(火)に開催された日本最大級のデータフィード専門イベント「FeedTech2018」、そのイベントレポートを数回にわけてお届けいたします。今回は「リターゲティングからフルファネルへ 〜様々な業種におけるフルファネルでのメニュー活用方法とは〜」のレポートをお届けします。

こちらのトークセッションでは、CRITEO株式会社のセールスマネージャーを務める中村祐介氏に登壇頂き、常に進み続けているデータフィード広告業界の中で、Criteo広告がどのような変化を遂げ、今後の展開を見せようとしているのかについて詳細に解説を頂きました。また併せて弊社Feedmaticチームの北島から、高い効果を望める業界別のクリエイティブ改善についてもお話しをさせて頂きました。そのどちらも必聴の内容です。

続きを読む

Instagramショッピング活用で、ユーザーと偶然の出会いを。Instagram広報 市村様 インタビュー(後編)

Instagramショッピング活用で、ユーザーと偶然の出会いを。Instagram広報 市村様 インタビュー(後編)

「Instagramショッピング」とは、Instagramでのフィード投稿やストーリーズに、商品の価格や詳細情報を表示でき、ECサイトにも誘導できる機能です。無料で提供されているということもあり、ネットショップを持つ各社で導入が進んでいます。

今回、Instagramショッピングについて、フェイスブック ジャパン社広報の市村 怜子様にインタビューを行いました。前編では、Instagramショッピングの背景と、そのカギとなる「カタログ」について伺いました。本記事では後編として、具体的なショッピング投稿のコツや、フォロワーが少ない・運用メンバーが少ないなどの課題について取り上げます。

お答えいただいた方:
市村 怜子様 フェイスブック ジャパン社 Instagram広報
フェイスブック ジャパン社にて、Instagramの広報を担当。2016年に入社以降、「ストーリーズ」のローンチ、Instagramのアプリアイコン変更、Live、そしてInstagramショッピングなど、Instagramの大きな変化に立ち会う。「2016年から2017年にリリースされた機能はその前の5年分より多い」というほどの目まぐるしい変化の中で、新機能の情報やInstagramコミュニティ(利用者)のトレンドなどを広報として伝えている。
続きを読む

FeedTech2018開催レポート〜株式会社廣済堂「マスターデータ改善で応募数を前年比250%に増加させたWorkin.jp。マーケチームが取り組んだ5つのこと」

Feedtech2018開催レポート〜株式会社廣済堂「マスターデータ改善で応募数を前年比250%に増加させたWorkin.jp。マーケチームが取り組んだ5つのこと」

本記事は、2018年12月18日(火)に大盛況のなか閉幕した、弊社フィードフォース主催の日本最大級のデータフィード専門イベント「FeedTech2018 」の開催レポート第4弾です。

地域に密着した求人情報サイト「Workin.jp」を運営する株式会社廣済堂さんにご登壇いただき、組織全体のデジタルデータの運用改善を行い自社サービスへの応募数を前年比250%に増加させた5つの施策について語っていただきました。

マーケティング部門が他部署を巻き込んでマスターデータを改善し、その後のデータフィード広告運用に成功した株式会社廣済堂さんの講演から、マーケティング部門の視点からデジタルアセットを有効活用したヒントを得ることができると思います。

デジタルアセットの重要性について知りたい方はこちら

【注目セッション】マーケターが挑む!デジタルアセットマネジメント成功のコツとは? #FeedTech2018 - Feedmatic Blog

続きを読む

Facebookダイナミック広告、1つのカタログで複数の言語や国に対応した広告の自動表示が可能に

Facebookダイナミック広告、1つのカタログで複数の言語や国に対応した広告の自動表示が可能に

Facebookダイナミック広告において、一つのカタログに、国フィードと言語フィードを追加することで、複数の国や地域・言語に対応した広告を自動で表示できる機能がリリースされました。

これにより、国外の関心を持つ可能性が高いユーザーに対し、カタログ内の関連する製品をローカライズされた情報で表示することが可能になります。

目次

  • 複数の言語と国を対象したダイナミック広告とは?
  • 複数の言語と国を対象したダイナミック広告を作成するには?
    • 複数の言語と国を対象にカタログを設定するーセカンダリーフィードの追加
    • 複数の言語と国を対象にダイナミック広告を作成する
  • ビジネスのグローバル展開をサポートするFacebookのソリューション
    • 4つのグローバル展開ソリューション
  • さいごに
    • 越境ECについてもっと知りたいときに...
    • Feedmaticについて
続きを読む

LINE Messaging APIの活用事例に学ぶ「メッセージの価値を高める」ためのヒント

LINEログインとMessaging APIの活用事例に学ぶ「メッセージの価値を高める」ためのヒント

LINEが取り組むRedesign(リデザイン)により、LINEの法人向けアカウントは「企業と顧客の長期的な関係構築を目的にしたソリューション」という明確な位置づけをもって、アカウントの統合や提供機能の統一化、拡充が進んでいます。

これらを踏まえて、今後、企業はどのようにLINEアカウントを運用していけばいいのでしょうか?企業アカウントに対するブロック率が年々増加傾向にあることや、アカウント統合後のメッセージ配信における従量課金の料金プランなどをふまえると、従来の一斉配信によるコミュニケーションでは限界があります。

今後はますます、ユーザー一人ひとりに最適なコミュニケーションを行いながら、1通1通のメッセージの価値を高めていくことが重要となってきます。そしてその鍵となるのが、Messaging APIの活用です。

今回は、LINEログイン、Messaging APIの活用事例を交えながら、LINE公式アカウントを軸に長期的なOne to Oneコミュニケーションを構築するヒントを紹介したいと思います。

続きを読む

Instagramショッピング活用で、ユーザーと偶然の出会いを。Instagram広報 市村様 インタビュー(前編)

Instagramショッピング活用で、ユーザーと偶然の出会いを。Instagram広報 市村様 インタビュー(前編)

「Instagramショッピング」とは、Instagramでのフィード投稿やストーリーズに、商品の価格や詳細情報を表示でき、ECサイトにも誘導できる機能です。無料で提供されているということもあり、ネットショップを持つ各社で導入が進んでいます。

今回は、Instagramショッピングについて、フェイスブック ジャパン社広報の市村 怜子様にインタビューを行いました。本記事では、前編として、Instagramショッピングの背景と、そのカギとなる「カタログ」について伺います。 

お答えいただいた方:
市村 怜子様 フェイスブック ジャパン社 Instagram広報
フェイスブック ジャパン社にて、Instagramの広報を担当。2016年に入社以降、「ストーリーズ」のローンチ、Instagramのアプリアイコン変更、Live、そしてInstagramショッピングなど、Instagramの大きな変化に立ち会う。「2016年から2017年にリリースされた機能はその前の5年分より多い」というほどの目まぐるしい変化の中で、新機能の情報やInstagramコミュニティ(利用者)のトレンドなどを広報として伝えている。
続きを読む

FeedTech2018開催レポート~ Facebookとアイデムが語る「FacebookとInstagramのフルファネル活用事例最前線」

FeedTech2018開催レポート~ Facebookとアイデムが語る「FacebookとInstagramのフルファネル活用事例最前線」
2018年12月18日(火)に開催された「FeedTech2018」。「データフィード革命〜デジタルアセットでマーケティングを変える〜」をテーマに掲げ、弊社フィードフォースが主催した本イベントは、参加頂いた各方面から多岐に渡る称賛の声を頂くことができました。

ここでは大盛況のうちに終わった本イベントのトークセッションの中から「拡大し続けるインスタグラムコミュニティ、そして人とビジネスを繋げる機能」のレポートをお届けします。

弊社代表塚田によるオープニングトークの後に開かれたこのトークセッションでは、Facebookグローバルマーケティングソリューションチームのパートナーマネージャを務めるジェニファー・グスタフソン氏と、株式会社アイデムの竹之内勇人氏に登壇頂きました。そのテーマは、インスタグラムにおけるデータフィード広告の今日とその可能性を示唆する、本イベントの重要な鍵となる内容です

前回のレポートは下記をご覧ください。

続きを読む