Facebook

Facebookダイナミック広告、類似オーディエンスの活用で新規顧客を獲得しよう

Facebookダイナミック広告は、1度サイトやアプリに訪れたことのあるユーザーに対するリターゲティング配信だけでなく、訪問したことのない潜在的なユーザーにも対しても、ユーザー一人ひとりに最適化された広告を配信することができるため、新規顧客獲得においても高い効果をあげています

今回は、Facebookダイナミック広告の新規顧客のターゲティング手法、なかでも「類似オーディエンス」に焦点を当ててご紹介します。類似オーディエンス活用で新規顧客獲得に成功した事例もご紹介していますので是非参考にしていていただけたらと思います。

Facebookダイナミック広告の新規獲得のターゲティング手法

Facebookダイナミック広告といえば、ユーザーが閲覧したページ情報をもとに動的リターゲティング広告を配信するイメージがあるかもしれませんが、実は、サイトやアプリに訪問したことのない潜在的なユーザーに対しても広告を配信することができます。

Facebookダイナミック広告の新規獲得に利用されているターゲティング手法は、大きく分けて以下の3つがあります。

コアオーディエンス位置情報、行動、利用者データ、つながり、興味・関心情報に基づいてターゲティング
類似オーディエンスカスタムオーディエンスの類似ユーザーへのターゲティング
ブロードオーディエンスターゲティング下記3つのデータを掛け合わせたターゲティング

  • デモグラフィック情報(年齢・性別・位置情報など)
  • Facebook関連アプリ上でのアクティビティ(広告のクリックや広告以外のページへのリアクション、投稿内容、興味関心、友人とのつながり)
  • Facebookのサービスやテクノロジーを利用しているウェブサイトやアプリ上でのアクティビティ(例:ユーザーがアウトドアに関する商品を複数のウェブサイトやモバイルアプリで閲覧した場合、アウトドアに関する広告が配信される可能性が高くなります)

中でも今回は、類似オーディエンスについて、詳しく紹介したいと思います。

類似オーディエンスとは?

類似オーディエンスとは、既存の優良顧客と似ている潜在ユーザーに幅広くリーチするターゲット設定です。

ソースオーディエンス(ピクセル、モバイルアプリ、ページのファンなどの情報から作成されるカスタムオーディエンス)に共通する特徴(利用者情報や趣味・関心など)を見つけ出し、そのオーディエンスに類似するユーザーに広告を配信することで、新規顧客獲得に効果を発揮します

類似オーディエンス利用の際は、類似オーディエンスのベースとなるソースオーディエンスの質・類似性・潜在リーチ数などが広告効果に大きく影響しますので、これらをトータルで設計・調整することが重要です。

類似オーディエンスの元となるカスタムオーディエンスには様々な種類があります。

顧客データCRMシステムやメールアドレスリストの情報もとにオーディエンスを作成できます
アプリの利用者アプリイベントをもとにオーディエンスを作成できます
サイト訪問者サイトにアクセスしたりサイトで特定のアクションを実行した人のオーディエンスを作成できます
Facebook広告経由のCVユーザーFacebookで配信しているキャンペーンで発生したCVユーザーのオーディエンス

類似オーディエンス作成時に、オーディエンスのサイズを1%~10%まで拡張することで、ソースオーディエンスとの類似度や潜在リーチ数を調整することができます。拡張度を小さくした方が、ソースオーディエンスとの類似性が高くなる一方で、拡張度を大きくすると潜在リーチ数は増えますが類似度は低下します。オーディエンスサイズは1,000人~50,000人のサイズを目安に、効果に応じて拡張度を調整します。

類似オーディエンス活用事例

Facebookダイナミック広告の類似オーディエンスを活用し、新規顧客獲得に成功した事例をご紹介します。

本事例では、ソースオーディエンスの設計で、新規CV獲得のKPIを達成しつつ運用金額を拡大することに成功しています。(業種:総合ECサイト、KPI:新規CV)

第1フェーズでは、「サイトで商品を購入したことがある」ユーザー(CVタグ接触)の類似オーディエンスに配信したところ、KPIにあわず、配信が伸び悩みました。

第2フェーズでは、「Facebook広告経由で商品を購入したことがある」ユーザー(Facebook広告経由のCVユーザー)の類似オーディエンスに配信したことで、「サイトで商品を購入したことがある」かつ「Facebook広告経由で商品を購入したことがあるユーザー」の類似オーディエンスに配信することができ、より購入見込みの高いユーザーにリーチできるようになりました。

(Facebook広告経由のCVユーザーのオーディエンス拡張配信を開始したところ、
第1フェーズ時と比較し、KPIを達成しつつ運用金額を拡大することに成功。
※1日あたりの平均運用金額でおよそ19倍。)

購入済みユーザーの中でもFacebookユーザーか否かで大きく属性が異なる為、類似オーディエンスを作成する際の元データとなるカスタムオーディエンスは、潜在リーチ数の調整を行いながら細かく指定することが重要となります。

【ワンポイントアドバイス】Facebookダイナミック広告で新規配信をする際のポイント

類似オーディエンスの活用には、ソースオーディエンスとの類似度や潜在リーチ数の調整が重要なポイントになることがお分かりいただけたかと思います。

その他にも新規顧客獲得のための広告配信のポイントをご紹介します。

オークションの重複率をチェックしよう

いくつかの新規配信を組み合わせるときはオークションの重複率をチェックしましょう。

オークションの重複率とは、ある広告セットが、同じオークションの中で同じ広告アカウントの他の広告セットとターゲット層が重複しているために、オークションから除外された割合です。目安として重複率15-20%を超える場合には、重複しないようオーディエンスの調整が必要です。

コンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」について

弊社フィードフォースが提供する「Feedmatic」では、Facebookダイナミック広告を始めとしたダイナミック広告及びデータフィード広告を中心に、広告運用及び企業内でのインハウスの広告運用支援を実施しております。

Feedmaticは「データフィードの最適化」×「適切なタグ・パラメータ設計による効果測定」×「高速PDCAを回し機械学習を促進させる運用」の組み合わせによる広告効果の最大化に強みを持っています。

Facebookダイナミック広告やGoogleの実施や効果的な運用の実施に関するご相談については、下記URLよりお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人
中村 直哉

株式会社フィードフォース
Feedmaticチーム マネージャ

広告代理店にて3年間広告営業を経験後、運用チームを立ち上げ、EC業界を中心に数多くのクライアントの広告運用を担当。2016年よりフィードフォースにてコンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」の広告運用を担当。現在はコンサルタント業務の傍ら、Feedmaticのマネージャとして事業拡大に従事。

Feedmatic Blog
タイトルとURLをコピーしました