LINE公式アカウントを活用してOne to Oneメッセージを配信する方法

LINEを利用したOne to Oneメッセージは活用されていますか?

昨今、マーケティング施策の一貫でLINEを活用することもよく見られるようになりました。LINEを活用したユーザーとのコミュニケーション方法には様々な種類があります。一律のメッセージを友だち全員に送る一斉配信から、個別のユーザーごとに最適化されたメッセージを配信するOne to Oneメッセージ配信まで、形式は様々です。

本記事では、LINE公式アカウントを運用している企業が、One to Oneメッセージ配信を導入するにあたっての必要な手続きと、注意点などをご紹介したいと思います。One to Oneメッセージの成功は、いかに使用イメージを事前に想定できるか、というところにあります。そこで、本文中には事例やさらに深く知るためのリンクを用意していますので、是非ご活用ください。

One to Oneメッセージ配信のメリット

これまで、マーケティング媒体としてメルマガが多く利用されてきましたが、新たなコミュニケーション手段としてLINE公式アカウントを利用する企業も増えてきました。またその中でも、従来の一斉配信ではなく、よりユーザー一人ひとりに合ったメッセージを配信することが求められるようになりました。

そこで鍵となるのがOne to Oneメッセージの活用です。

One to Oneメッセージの例としては次のようなものが挙げられます。

  • 年齢や性別、居住地などの会員情報をもとに対象を絞って送信するセグメント配信
  • 商品の購入完了通知、予約のリマインドなど自社サービス上での行動に対してメッセージを配信するトリガー通知
  • ECサイトなどで、商品を買い物カゴに入れたままのユーザーに買い忘れを伝えるカゴ落ち通知
  • サイト内の訪問履歴や購入履歴からおすすめ商品を案内するレコメンド配信
  • お試しサンプルなどを利用したトライアル申込者に時間差でメッセージを送るステップメッセージ配信
  • ユーザーの自発的な行動の促すための、ポイント等の残高通知

ユーザーの情報を基に配信先を絞ったり、ユーザーの何らかのアクションをきっかけとしてメッセージ配信をしたり、LINEの開封率の高さを活かしてタイムリーなお知らせを配信したりと利用方法は多岐に渡ります。

LINEを活用したOne to Oneメッセージ配信を始めるには?

One to Oneメッセージ配信を実現するために、重要な役割を果たすのが「Messaging API」と「ID連携」です。Messaging APIはメッセージを「どのような形で」配信をするのかを設定するのに必要です。ID連携はメッセージを「誰に」配信するかを判断するための情報を取得するのに必要となります。

Messaging API

Messaging APIとはLINEが一般公開している、LINE公式アカウントを通じてユーザーとの双方向コミュニケーションを実現するAPI(Application Programming Interface)で、LINE公式アカウントすべてのプランにおいて、利用可能な機能のひとつです。

Messaging APIを活用することで、LINEの管理画面を介することなく特定のユーザーをターゲットにしたメッセージの送受信が可能になり、独自のメッセージ配信ツールやチャットボットの開発を行えます。

また、Messaging APIは複数のタイプのメッセージに対応しており、自由度の高いメッセージを配信することができます。
例えば、Flex Messageでは自由にレイアウトをしたメッセージを配信することができます。

このように、Messaging APIによって、テキストメッセージや画像、動画などのシンプルなものからテンプレートメッセージやFlex Messageのような自由度の高いメッセージまで「どのような形で」配信したいかに合わせてメッセージを作ることができます

詳しい内容に関しては以下の記事をご参照ください。

関連記事

Messaging APIとはLINEが一般公開している、LINEのアカウントを通じてユーザーとの双方向コミュニケーションを実現するAPI(Application Programming Interface)です。 Messa[…]

ID連携

ID連携とは、ユーザーのLINE IDと自社データベースの会員情報を紐付けることです。ID連携により、LINEの友だちが自社サービスのどのユーザーなのかを判別することができるため、メッセージを配信する際「誰に」送るかの判断を担います

例えば、ある商品を購入した人にLINEを通して新モデルをおすすめしたい場合、まず自社サービスのデータベース上でその商品を購入したユーザーの会員IDを特定します。そしてその会員IDに紐付いたLINE IDを参照することで「誰に」が決定します。これにより、一斉配信では実現できなかった最適性の高いターゲット配信を行うことができるようになります。

LINEのID連携(画像引用:ソーシャルPLUS

ID連携の実装に関しては以下の記事をご参照ください。

ID連携率(コネクト率)をいかに高めるか?

ID連携率とは、有効友だち数の内ID連携を済ませている友だちの割合をいいます。ID連携率を高めることは、One to Oneメッセージを配信できるLINEの友だちが増えることを意味しています

そのため、One to Oneメッセージを効果的に行うためには、ID連携率の向上は極めて重要となります。

一般的なID連携のフローでは、LINEの友だちにID連携用のURLへアクセスしていただくか、各自で用意するリッチメニュー上のID連携ボタンを押していただき、認可画面を経て、LINE IDと連携する各サービスの会員情報でログインしてもらう必要があります。

ID連携フロー_リッチメニュー(画像引用:ソーシャルPLUS

このような手続きでは、ユーザーに何回もの能動的なアクションをとってもらう必要があるため、ユーザーにとっては手間となってしまいます。また、ユーザーにとってID連携という言葉からメリットをイメージするのは難しく、その価値は実際に享受するまでは理解しづらい面があります。

さらに、この手法では、”リッチメニューへのアクセスが可能である”、もしくは”ID連携用のURLを届けられる”という条件が必須であり、まだ友だちになっていないユーザーにとってID連携への入口は到達しにくい、というデメリットがあります。

ですので、友だち追加+ID連携で特典がもらえるキャンペーンなどのインセンティブを付加することでユーザーへのアクションを促すなどの対策を行っている企業もあります。

LINEログインの活用

効果的にID連携率を高める方法として、LINEログインの活用があります。

LINEログインとは、LINEのアカウント情報を利用して手間なく簡単に自社サービスへの会員登録やログインを行うことができる、ソーシャルログインの一つです。

LINEログインを活用することで、WEBサイトへの会員登録やログインをするフローの中で、自然に友だち追加とID連携を完了させることができます。ユーザーは先に述べた一般的なID連携フローのように、わざわざ能動的にアクションを起こす必要がないためID連携までの負担が軽減されます。そのため、効果的にID連携率を高める事ができます

(画像引用:ソーシャルPLUS

LINEログインからOne to Oneメッセージまでの流れを詳しく説明した記事はこちらです。

関連記事

前回の記事 では、ソーシャルログイン導入時に押さえておきたいポイントや、いざ導入の段階で躓いてしまいがちなポイントなど現場でよく見聞きする声を踏まえてご紹介しました。また、その中で、UX・UIの重要性についても少しだけ触れました。 […]

宅配寿司「銀のさら」を展開する株式会社ライドオンエクスプレス様の事例では、注文時に必要となる会員登録とログインの利便性を改善する手段としてLINEログインを導入されました。LINEログインを活用することで、 WEBサイトへ会員登録・ログインするフローの中で友だち追加とID連携を行うことができ、自然な流れでLINEの友だちやID連携数を増やすことに成功しています。

さらに、LINEログインの導入以外でも、ID連携を行うことによって、「自動ログインが出来ること」「注文完了通知が来ること」「予約注文のリマインドが来ること」などのメリットがあることを提示しつつ、クーポンやプレゼントキャンペーンを行なうことで多方面からID連携を促進するための工夫をされています。

(画像引用:ソーシャルPLUS

LINEを活用したOne to Oneメッセージを実現するには

LINEでのOne to Oneメッセージ配信において重要となるMessaging APIとID連携について解説しました。続いて、Messaging APIやID連携と併せて準備しておきたいOne to Oneメッセージ配信の下地となる要素を3つご紹介します。

LINE公式アカウント

LINEを活用したユーザーへのメッセージ配信においてLINE公式アカウントは必須です。LINEは2019年に法人向けLINEアカウントの統合を行いました。それにより、これまで一部のアカウントのみに限定されていたMessaging APIなどのOne to Oneメッセージ配信に必要な機能などが、フリープランから利用可能になったため、より多くの企業に利用機会が広がりました。

LINE公式アカウントについては、それ以外にも様々な変更を伴っています。LINE@からの変更内容含め、詳細は下記の記事をご参照ください。

関連記事

費用や機能が異なる5つの法人向けアカウント(※)が「LINE公式アカウント」として1つに統合されることで、多くの企業にとって今後LINEをどう活用すべきかを再考する機会となりました。 【LINE】「LINE公式アカウント」[…]

友だち追加

LINE上でユーザーに対してメッセージを配信するには、ユーザー側から友だち追加され、かつブロックされていない必要があります。ユーザーに友だち追加してもらうには、店頭や窓口などで実際に声掛けで促したり、メルマガなどの既存の媒体で誘導する形があります。友だちとして追加されても、ブロックされてしまってはメッセージを配信することはできません。ですので、有効友だち数(全体の友だち数からブロック・友だち解除数を差し引いた数)を増やすことが重要となります。以下の記事では有効友だち数を増やす方法についてまとめていますのでご参照ください。

関連記事

近年、男女問わず幅広い年代の方がコミュニケーションを取るために利用しているLINE。 小規模ビジネス向けアカウントとして知られているLINE@は比較的安価で始められることから国内のみで30万件以上(※1)の店舗や企業が、認証済[…]

メッセージ送受信システム

メッセージ送受信システムは、Messaging APIを使ってLINE上のユーザーへどのようなメッセージを配信するかを設定することができるツールです。


(画像引用 LINE公式アカウント2019年10月-12月媒体資料_ver1.1 P35)

APIで公開された様々な情報を利用して、ユーザー一人ひとりに合ったメッセージを設定することができます。実装には、LINEが提供するMessaging APIを含む各種APIと企業のシステムをつなぐ開発が必要になります。システムを自社で開発せず、サードパーティが提供するツールを導入することも可能です。施策に合ったツールを選択・利用することが鍵ですので、どのような施策を実施したいかを先に想定することが大切です。

主にどのようなサービスがあるのか、以下の記事の施策マップをご参照ください。

関連記事

2016年3月、LINEのビジネスプラットフォームのオープン化戦略が発表されました。以降、LINEを活用した企業と顧客のOne to Oneコミュニケーションは、様々な事業規模のビジネスにとって活用機会の幅が大きく広がってきました。[…]

オーディエンスの作成・管理機能(LINE公式アカウント新機能)

また、LINEは2019年11月にオーディエンスの作成・管理機能をリリースしました。

この機能によって、LINE公式アカウントの管理画面で、特定の配信先をまとめたグループであるオーディエンスを作成し、セグメント配信ができるようになりました。オーディエンスは、特定のユーザーIDをアップロードするか、事前に配信したメッセージへのレスポンスを元にして作成することができます。現在、オーディエンスのタイプとしては以下のタイプが用意されています。

(画像引用:LINE

特定のIDをアップロードし、オーディエンスを作成することで、ユーザーを絞ってメッセージ配信することができるため、One to Oneメッセージが、また一段と身近な存在となりました。

※利用対象はターゲットリーチ(有効友だち数)100人以上を有する全てのLINE公式アカウントです。

導入にあたっての注意点

これまで、One to Oneメッセージを配信するのに必要な手続きを述べてきました。しかし、実際に導入するとなると想定外の障壁が現れるのは珍しいことではありません。そこで、導入にあたっての注意点や、つまずいた際の対処法などを紹介いたします。

運用開始まで

まず、導入するにあたって、どれくらいの時間がかかるかは大事な指標となります。自社で開発して導入する場合、最短で1ヶ月以上の期間、開発を外部へ発注される場合はさらに見積もりなどの工程が加わり、長くなることが見込まれます。余裕を持って検討・計画を進めましょう。

導入工程について

自社開発でソーシャルログインを検討していたお客様からいただく声として「もっと簡単にできると思った。」というものがあります。

One to Oneメッセージを送るために必要なID連携などは自社サービスのデータベースも利用するため、マーケターのみで完結する作業ではありません。サービス開発者とも協力するなど職種や部門を越えた連携が大きなカギとなります。

イメージが湧かないとき

One to Oneメッセージは様々な施策や活用機会があるため、結局何が出来るのかイメージすることが難しいかもしれません。そんなときは、実際の事例に目を通すことで具体的なイメージを浮かべる助けになるでしょう。下記URLでは弊社で提供しているソーシャルログイン・ID連携サービス「ソーシャルPLUS」やLINE社での活用事例をご紹介しているので、是非ご参照ください。

まとめ

One to Oneメッセージはユーザーとの距離が近いことから、ユーザーへ与える印象や効果も大きいです。One to Oneメッセージの活用で最も重要なのは、導入前にいかに使用イメージを構築できるかにかかっています。各機能のもつ影響をしっかりと理解した上で施策を選択する必要があるでしょう。効果的なコミュニケーションの継続は、これまで以上にユーザーと企業の距離を親密なものにし、ライフタイムバリューを大きくしていきます。

「ソーシャルPLUS」について

LINE社のTechnology Partner(※)である弊社では、ソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」を提供する中で、LINEログインによるID連携や自動友だち追加の導入など、LINEのAPIと連携した技術開発やサービス提供を行っております。多くの企業様のLINE活用をサポートさせていただく中で、LINEに関する仕様からLINEを活用したマーケティング施策のトレンドまで最新情報のキャッチアップを積極的に行っております。

LINEを活用した企業のOne to Oneコミュニケーションに関して不明な点などお気軽にお問合せください。

※弊社フィードフォースは、「LINE Biz-Solutions Partner Program」において「LINE Account Connect」部門の「Technology Partner」に3期連続で認定※1されております。
※1 プレスリリースはこちら:https://www.feedforce.jp/release/19020/

(執筆:川井)

>お役立ち資料ダウンロード

お役立ち資料ダウンロード

データフィード、ダイナミック広告、ソーシャルログインについてもっと詳しく知りたい!という方に向けてお役立ち資料をご用意いたしました。
最新トレンドや事例、活用ポイントを解説した資料を無料でダウンロードいただけます。是非ご活用ください。

CTR IMG