LINEの通知メッセージとは?ECサイトの活用事例も登場!~電話番号情報のマッチングで友だち以外のユーザーにも重要性や必要性の高いメッセージを配信

notification_message

LINEの「通知メッセージ」とは、LINEに登録されているユーザーの電話番号情報と企業に登録されている電話番号情報をマッチングすることで、友だちとして登録されていないユーザーに対しても重要性や必要性の高いメッセージを配信することができる機能です。

「広告を除く、ユーザーにとって利便性の高い通知」というサービス水準を維持しながら、ユーザーメリットを高める用途に関して、ECや不動産、人材などにおいても活用の幅が広がっています

友だちのトーク内に届ける通常のメッセージとの違いや通知メッセージのしくみ、メリットをまとめました。

通知メッセージとは?

LINEの「通知メッセージ」とは、企業の既存会員や利用者であるLINEユーザーに対して、広告を除く、重要性や必要性の高いメッセージを送信できる機能です。
重要性や必要性の高いメッセージは、”ユーザーメリットにつながる”ことから、友だち追加済のユーザーはもちろんのこと友だち追加をしていないユーザーに対しても、メッセージの送信ができることが特徴です。

ユーザー別LINEのメッセージの種類

通知メッセージは当初、2018年3月に生活インフラである電力・ガス・航空・運輸など初期参画企業6社限定でサービスがローンチされ、現在は「広告を除く、ユーザーにとって利便性の高い通知」というサービス水準を維持しながら、ユーザーメリットを高める用途に関して、ECや不動産、人材など事業領域を拡大しています。

重要性や必要性の高いメッセージとは、例えば搭乗便の遅延/欠航通知や公共料金の通知、宅配便の配送予定日時通知、ECでの購入情報、予約のリマインド、決済金額通知など、ユーザーにとって利便性の高いメッセージなどが該当します。

これまで紙媒体やメール等で行っていた案内をLINEで通知することで、ユーザーは必要な情報をリアルタイムで簡単に確認することができ、ペーパーレス化等企業の経費削減にもつなげることができます。

通知メッセージは、法人向けのLINE公式アカウントのオプション機能です。利用の際は、LINE Biz-Solutions Partnerを経由の上申請が必要となり、送信するメッセージの内容はLINE社による審査で認められたもののみ配信可能です。

通知メッセージのポイント

  • 通知メッセージとは広告を除く、重要性や必要性の高いメッセージを、企業の既存会員や利用者であるLINEユーザーに対して送信できる
  • 友だち追加をしていないユーザーに対しても送信できる
  • 通知メッセージの利用用途は、ユーザーにとって重要性や必要性の高い内容に限定しており、広告配信は不可
  • 送信するメッセージ内容は事前審査あり

通知メッセージ配信のしくみ

LINEに登録しているユーザーの電話番号情報と企業が保有するユーザーの電話番号情報をマッチングさせることで、友だちとして登録されていない既存ユーザーに対しても企業からメッセージを配信することができます。

通知メッセージ配信のしくみ(画像引用:LINE

通知メッセージの企業メリット

通知メッセージは、ユーザーにとって重要性や必要性の高い内容であることを前提に、友だち追加済か否かに関わらず広くメッセージの送信ができます。
そのため、通知メッセージの導入は自社サービスの向上をはじめ、様々なメリットをもたらします。

コスト削減

これまで郵送物やメールなどに依存していた企業からの通知をLINEに置き換えることで、業務効率化・印刷や郵送コストなどの経費削減につながります。

また、購入・予約完了や発送通知などのメッセージ配信に通常のメッセージを利用している場合、一通の配信単価はおよそ1.5円~3円のコストがかかります。
一方、通知メッセージは通常のメッセージより安価で配信可能となっていますので、これらのメッセージを通知メッセージに切り替えることにより、配信するメッセージ数によっては大幅なコスト削減につながります。

※LINE公式アカウントの料金体系の詳細については下記の記事をご参考ください。

関連記事

費用や機能が異なる5つの法人向けアカウント(※)が「LINE公式アカウント」として1つに統合されることで、多くの企業にとって今後LINEをどう活用すべきかを再考する機会となりました。 【LINE】「LINE公式アカウント」[…]

自社サービスの認知向上

これまで友だちになっていなかったユーザーや、ID連携していないユーザーに対してプッシュ通知ができるため、これまでLINEのメッセージでリーチできなかったユーザーにメッセージの配信が可能です。これにより、サービスの認知向上・利用率向上を狙うことができます。

導入事例①株式会社LIFULL

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」に掲載の賃貸物件へユーザーが問い合わせをすると問い合わせ完了の通知メッセージが配信されます。
通知メッセージ内には、問い合わせ物件の詳細情報のほか、他の物件のレコメンド情報も掲載しています。

通知メッセージ例:LIFULL
(画像引用:LINE

導入事例②JINS

株式会社ジンズは、オンラインショップで商品を購入したユーザーに「通知メッセージ」を活用して、受注確認のプッシュ通知を行っています。
通知メッセージをきっかけに、LINE公式アカウントで友だち追加しJINS IDとLINEアカウントを連携を促すことができます。ID連携以後は注文確認、出荷完了、店舗受け取り、コンビニ受け取りの際の着荷連絡など、パーソナライズされた情報を届けることが可能です。

通知メッセージ例:JINS(画像引用:LINE

通知メッセージをきっかけに友だちを増やす

通知メッセージをきっかけに、LINEの公式アカウントの友だちや自社サービスの登録会員が増えるケースも増えています。
通知メッセージは広告通知ではなく、ユーザーにとって重要性や必要性の高いメッセージを届けるメッセージです。そのため、通知メッセージをきっかけに、自社の便利なサービスを知ってもらうことで友だち追加やブロック率の低下につながります。

導入事例③ヤマト運輸株式会社

通知メッセージを活用することにより、従来クロネコメンバーズ会員のみに送信していた宅急便到着の事前通知を会員以外の顧客にも送信可能になりました。
これにより、お届け予定の事前通知に加え、必要に応じて日時変更するユーザーが増え、スムーズな受け取りにつながっているとのことです。
また、通知メッセージをきっかけに、新たにクロネコメンバーズに登録するユーザーが増え、ID連携(クロネコIDとLINEアカウント)の単月の増加数が、導入前の3倍になったとのことです。

通知メッセージ例:JINS
(画像引用:LINE

拡がる活用シーン

当初のインフラ企業を中心とした6社限定でのサービスローンチを通じて、オーガニックの友だち追加、ID連携、ブロック率などの指標の向上や自社のサービス向上につながっていると評価されました。
今後は、ユーザーの利便性を追求した「通知メッセージ」の活用領域が人材やECなど他業種へ拡大されます。

拡がる活用シーン 当初のインフラ企業を中心とした6社限定でのサービスローンチを通じて、オーガニックの友だち追加、ID連携、ブロック率などの指標の向上や自社のサービス向上につながっていると評価されました。 今後は、ユーザーの利便性を追求した「通知メッセージ」の活用領域が人材やECなど他業種へ拡大されます。
(画像引用:LINE LINE通知メッセージのご案内_ver1.7より)

ユーザーにとって重要性や必要性の高いメッセージの配信に、通知メッセージを検討してはいかがでしょうか?

サービスのご紹介

LINE社のTechnology Partner(※)である弊社では、ソーシャルログイン/ID連携サービス「ソーシャルPLUS 」を提供する中で、LINEログインによるID連携や自動友だち追加の導入など、LINEのAPIと連携した技術開発やサービス提供を行っております。

LINEを活用した企業のOne to Oneコミュニケーションに関して不明な点などお気軽にお問合せください。

ソーシャルPLUS:https://socialplus.jp/line/

※弊社フィードフォースは、LINEの法人向けサービスの販売・開発のパートナーを認定する「LINE Biz-Solutions Partner Program」の「LINE Biz Account」部門において、「Technology Partner」に認定されております。( https://www.feedforce.jp/release/13092/ )

>お役立ち資料ダウンロード

お役立ち資料ダウンロード

データフィード、ダイナミック広告、ソーシャルログインについてもっと詳しく知りたい!という方に向けてお役立ち資料をご用意いたしました。
最新トレンドや事例、活用ポイントを解説した資料を無料でダウンロードいただけます。是非ご活用ください。

CTR IMG