Googleマイビジネスの基礎知識~ローカル検索でユーザーニーズにあわせて自社のビジネスをアピールするために

Googleマイビジネスの基礎知識~ローカル検索でユーザーニーズにあわせて自社のビジネスをアピールするために

「ここから近い いい感じのカフェ」と検索するだけで、ユーザーのニーズや目的にあわせてGoogleがお店を教えてくれるGoogle検索。

Google検索結果で自社ビジネスをアピールできればユーザーとの新たな接点ができ、集客につながることはいうまでもありません。

Googleマイビジネスは、Google検索やGoogleマップに自社ビジネスの情報(ビジネスプロフィール)を表示し、管理することができる無料のツールです。

今回は、Googleマイビジネスの機能や、ローカル検索といわれる特定のエリア情報を加味したGoogle検索結果に自社のビジネス情報を掲載するために重要なポイントをまとめてご紹介します。

Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップに自社ビジネスの情報(ビジネスプロフィール)を表示し、管理することができる無料のツールです。

Google検索で会社名やお店の名前を指定して検索した際、画面右側(スマホでは検索結果の上部)のナレッジパネルといわれる非常に目立つ場所に、ビジネス情報や店舗情報(ビジネスプロフィール)が画像付きで表示されることがあります。

f:id:feedmaticblog:20190401094957p:plain
(Google検索結果やGoogleマップに大きく表示されるナレッジパネル)

また、「(場所+)サービス名」で検索した際、エリア情報に関連した特定の地域の情報が検索結果に表示されます。このように特定の地域により、異なる検索結果を表示させるものを「ローカル検索」といいます。

「銀座 美容院」で検索したローカル検索結果
(「銀座 美容院」で検索したローカル検索結果)

ユーザーの検索にあわせて、自社のビジネス情報が検索上位に表示されることで、これをみたユーザーは写真やクチコミ、掲載しているさまざま情報からビジネスを詳しく知り、ホームページ閲覧、経路確認、予約ができるため集客にもつながります

Googleマイビジネスは、これらのGoogle検索やGoogleマップの検索結果に正しく最新のビジネス情報を表示させるよう管理し、ローカル検索結果に表示されるビジネスの掲載順位を改善することができるツール、仕組みです。

ビジネスリスティングに表示される情報

ビジネスプロフィールやローカル検索結果に表示されるビジネスに関する情報(ビジネスリスティング)は、ユーザーの目的にマッチした多くの最新情報を表示させることを目的に、Googleマイビジネスの登録情報だけでなくインターネット上の様々な情報を基に自動生成されています。

ビジネスリスティングに表示される情報は主に以下4つの情報をもとにしています。

  1. Googleマイビジネスに登録された情報
  2. ビジネスの公式ウェブサイトに掲載されている情報
  3. ユーザー(クチコミ、混雑する時間帯、写真など)
  4. 第3者の情報源(ソーシャルプロフィール、レストランのメニュー、ホテルのアメニティ情報)

(参考:Google におけるビジネス情報の使用について

上記からもわかるように、自社のビジネスプロフィールは必ずしもビジネスオーナーによる情報だけが掲載されているわけではなく、最新ではない情報など誤った情報が掲載される場合があります。

Googleマイビジネスでは、Google サービス上に常に正確な情報を表示できるよう、オーナー確認を行った後、正確なビジネス情報を提供・管理することができます。

また、「クチコミ」への返信によるユーザーとの交流や、「投稿」機能で最新の情報の発信などの機能を活用できます。

Googleマイビジネスでできること(抜粋)

  • ビジネス情報の管理:「営業時間」や「住所」などのビジネスの基本情報を編集し、正確なビジネス情報を提供します。(https://support.google.com/business/answer/3039617
  • クチコミへの返信:ユーザーからのクチコミに対して返信することができます。特にネガティブなクチコミに対しては、クチコミを読んで真摯に対応している姿勢をしめすことができます。(https://support.google.com/business/answer/3474050
  • 投稿機能:セールやイベントの告知や新製品のプロモーションなどビジネスから発信できる投稿機能です。画像やCTA(Call to Action)、リンクを追加することもできます。(https://support.google.com/business/topic/7343035
  • 分析機能:ユーザーがどのような方法でビジネスを検索したかといった分析データを取得できます。(https://support.google.com/business/answer/7689763

Googleローカル検索とローカルSEO

ユーザーが現在地付近のビジネス情報や場所を検索すると、ローカル検索結果が表示されます。ローカル検索結果はユーザーが検索する場所によって掲載順位が変わることで、ユーザーが必要としている情報を提供しています。

ローカル検索の結果は、通常のWeb検索結果より上位に地図情報とともに3つのビジネス情報(リスティング)が表示されており、それぞれWebサイトへの誘導、ルート検索ができるようになっているため、気に入ったお店を見つけたらそのままサイトを確認して電話をしたりお店に向かうことができます。

ローカル検索結果で自社のビジネス情報が表示されることは、潜在顧客にビジネスをアピールし、集客につなげる絶好のチャンスとなります。

ローカル検索結果
(ローカル検索結果例)

では、このローカル検索結果の上位に表示されるためにはどうしたらいいのでしょうか?

ローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組み

ナレッジパネルやローカル検索の表示は、Googleのアルゴリズムに基づきユーザーが検索したキーワードとの関連性やビジネスの知名度、距離などさまざまな要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。

  • 関連性→キーワード検索語句とビジネスとの関連度
  • 距離→検索語句で指定された場所からの距離。場所指定がない場合は検索しているユーザーの現在地情報に基づいた距離。
  • 知名度→知名度。ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)、サイテーション、クチコミ数とスコア。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用される。

参考:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する – Google My Business Help

ローカル検索結果の掲載順位を改善するには?

Googleマイビジネスで自社のビジネスの最新かつ正しい情報を提供する

ローカル検索結果は、検索語句との関連性が十分に高いものが表示されるため、ビジネス情報の内容が充実しているほど、検索語句と一致しやすくなります

Googleマイビジネスへの登録とオーナー確認を行い、Googleマイビジネスの管理画面からできる限り多くのビジネス情報(ビジネス名・カテゴリ・住所・サービス提供地域・時間・電話・ウェブサイト・属性・写真・ビジネス情報開業日等)を入力します。また、これらのビジネス情報は必ず最新の状態を保つようにします。

また、Googleマイビジネス、公式Webサイト、Facebookなどソーシャルプロフィール、外部登録サイトに掲載するビジネス名、所在地、電話番号などのビジネスに関する情報は正しくかつ表記を統一させることで、分散しているビジネス情報を連携させることも重要です。

投稿機能やクチコミへの返信の内容も「ビジネス名」や「地名」、「キーワード」などを判断して、ユーザーの目的に合致するよう検索結果に影響を与える要素となるため、これらの機能も適切に活用します。

ビジネスに関するWeb上の情報を最適化する

Googleは、Googleマイビジネスの登録情報も含め、インターネット上の様々な情報を基にビジネスプロフィールを表示し、ローカル検索結果を最適化しています。

ローカル検索結果は、ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEOの手法もローカル検索結果の最適化に適用されます。

Mozが実施した、2018年度版 ローカル検索結果の順位に影響を与える要因の調査では以下のような調査結果がでています。

2018年版ローカル検索順位に影響を与える要因 引用:Moz - Local Search Ranking Factors Study 2018
(2018年版ローカル検索順位に影響を与える要因
引用:Moz – Local Search Ranking Factors Study 2018 – Local SEO | Moz )

Google検索からユーザーとつながるために重要なこと

今回はGoogleマイビジネスの機能や役割を紹介しながら、Google検索やGoogleマップへの自社ビジネスの情報を表示させることでユーザーとつながるための方法についてまとめました。

これまでの、飲食、旅行、求人といった各業種毎のポータルに登録した情報をユーザーが見に行くという構造から、google検索ひとつでユーザーと接点をもてる構造ができつつあります。
また、これらの機会は、一部の大手ビジネスだけでなくSMB含めてすべてのビジネスに平等に開かれていることの意味は大きいと思います。

そんな中、それぞれのビジネスはどう対応していけばいいのでしょうか?
鮮度を保ちながら、より多くの正しい自社ビジネスの情報を提供していくことが重要なのは間違いないでしょう。

一方で、ユーザーの目的やニーズにあった情報を提供するために、ビジネスサイドの一方通行な情報発信だけでなく、クチコミ、リンク、サイテーションといった様々な情報から作り出されることからも、Googleマイビジネス含め、トータルで検討していくことが重要となりそうです。

(執筆:松元)

>お役立ち資料ダウンロード

お役立ち資料ダウンロード

データフィード、ダイナミック広告、ソーシャルログインについてもっと詳しく知りたい!という方に向けてお役立ち資料をご用意いたしました。
最新トレンドや事例、活用ポイントを解説した資料を無料でダウンロードいただけます。是非ご活用ください。

CTR IMG