友だち追加に繋がるLINE機能5選!有効友だち数増加でユーザーとの継続的な関係を構築する

友だち追加に繋がるLINE機能5選!有効友だち数増加でユーザーとの継続的な関係を構築するLINE公式アカウントは「企業とユーザーの距離を近づける」ことに特化しています。企業とユーザーの接点を増やすだけでなく、接点を獲得したのちの継続的な関係構築を目的としています。しかしLINE公式アカウントの友だちを闇雲に増やしても、友だち追加後にブロックされてしまってはユーザーとの継続的な関係性を築くことができません。

友だち追加後も継続的な関係を構築し一人ひとりのユーザーにとって有益なメッセージを配信してコンバージョンへと繋げるためには、自社のビジネスやサービスとの親和性の高いユーザーに友だち追加してもらうことが大切です。

自社のビジネスやサービスに興味・関心の高い友だちの獲得に有効なLINE機能を紹介いたします。

LINE公式アカウントの友だちを増やす

メリットと課題

LINEは2018年6月時点で国内の月間アクティブ利用者数7600万人以上を誇り、この数字は日本の人口の約60%もの人がLINEを利用していることになります。また、LINEのユーザーは性別、年齢層ともに多岐にわたります。(※1)この圧倒的なリーチ力は今後も変わることはなく、LINE公式アカウントでの友だち獲得は多様なユーザー層との接点を創出し新規顧客の獲得に効果的です。

これに加えてLINE公式アカウントで友だちを獲得することのメリットは、ユーザーとの継続的な関係を構築できる点にあります。LINE公式アカウントは、Messaging APIやLINEログインによるID連携、LINE Beaconなどのサービスを活用することにより、ユーザーとOne to Oneに近いコミュニケーションや双方向のコミュニケーションが可能です。ユーザーと近いコミュニケーションにより継続的な関係を構築することは企業側だけでなく、ユーザー側にとっても欲しい情報を欲しい時に獲得できるという点でメリットがあります。

しかし友だち追加を促してもすぐに公式アカウントをブロックされてしまうという課題があります。2017年9月末の時点で1つのLINE公式アカウントの平均友だち数は610万人(※2)にものぼりますが、友だち追加後にユーザーにブロックされてしまう公式アカウントも少なくありません。ユーザーにより最適な情報を提供しコンバージョンに繋げていくためには、ブロックされずに継続的にOne to Oneコミュニケーションを取ることのできる「有効友だち数」を増やしていくことが重要です。

※1:LINE アドセンター 「LINE アカウント 2018年12-2019年3月期 媒体資料」P4~6

※2:LINE Account Connectの紹介ページ|LINE for Business

有効友だち数を増やす

公式アカウントをブロックしていない友だち、つまり「有効友だち数」を増やすためには以下の2つのユーザーにアプローチすることが効果的でしょう。

  • これまで商品・サービスの利用はないものの、興味・関心が高いであろう潜在的なユーザー(新規顧客の獲得)
  • すでに商品・サービスを利用したことのあるユーザー(リピート客としての定着)

潜在的なユーザーに友だちになってもらう

LINE Ads Platform CPF

LINE Ads Platform CPFは運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」のメニューの一つで、LINE Ads Platformがタイムラインなどに表示するインフィード広告において、法人向けLINEアカウントの友だち追加をユーザーに促すことができます。

LINE Ads Platform CPF

(画像参照:LINEアドセンター「LINE Ads Platform2019年1-3月期 媒体資料」)

LINE Ads Platform CPFの場合、インフィード広告を見て商品やサービスに興味・関心を抱いたユーザーが「公式アカウントから便利な情報を得ることができる」と判断したうえで友だち追加を行うことが多いため、友だち追加後のブロック率を下げることが期待できます。

LINE Beaconでのクーポン配布

お店などに設置されたBeacon(Bluetooth発信機)から周辺にいるLINEユーザーにクーポンやセール情報などのプッシュ通知を行うことのできるLINE Beaconを用いることで、公式アカウントへの友だち追加を促すことができます。例えばLINE Beaconでクーポンを配布し、クーポンの受け取り条件として友だち追加を設定することで新規顧客の獲得に繋げることが可能です。

ユーザーにとっては近くの店舗ですぐに使用できるクーポンを獲得できたり、簡単に商品の詳細情報を獲得できたりと、その場で欲しい情報を欲しい時に獲得でき便利です。接点を増やすだけでなく、友だち追加後にもお得情報を配信するなどのメッセージング配信によってユーザーにとっての利便性がさらに高まり、継続的な関係性を構築しやすくなるでしょう。

顕在層の定着をはかる〜継続的なサービス利用を〜

LINEログインによる友だち追加

LINEログインによる友だち追加

(画像参照:LINEアドセンター 「LINE アカウント2018年12-2019年3月期媒体資料」)

自社のビジネスやサービスに興味・関心の高い友だちを集め、その友だち一人ひとりに最適なメッセージを配信する上で、LINEログインと自動友だち追加機能は有効です。

LINEログインとは、ユーザーがLINEアカウントの情報を活用してサイトへの会員登録、サイトへのログインを行うことのできる機能です。LINEログインを活用するとユーザーはメールアドレス、パスワードの入力の手間が省け、各サイトごとにIDとパスワードを管理する必要がなくなるため便利です。

このLINEログインでは自動友だち追加機能を実装することができます。自動友だち追加は、ユーザーがLINEログインを用いて会員登録をするフローの中で自動的にLINE公式アカウントを友だちに追加する機能です。自動友だち追加機能を実装することで、ビジネスやサービスに興味・関心の高いユーザーを友だちとして獲得することができます。企業にとっては自社のビジネスやサービスに親和性の高い友だちを集めることができ、ユーザーにとっても関心度の高い情報を受け取ることができるため友だち追加後もブロックされることなく継続的な関係を構築することが期待できます。

〜成功事例〜

株式会社メガネスーパーは公式通販サイトにおいてLINEログインを活用しています。ソーシャルPLUSのLINEログインオプションを活用し自動友だち追加を実装しました。その結果、LINEログイン導入後には有効友だち数が7.7倍に増加しています。

「企業としては、LINEログインと同時に自動で友だち追加までができるので、自社のLINEアカウントの友だち数を自然と増やし、新商品やお得なご案内をお届けすることができます。お客様にとって便利になることはもちろん、企業にとっては自動的に友だち数を増やしていける。ここが他のソーシャルログインにはないLINEログインならではの魅力だと考えました。」(引用:株式会社メガネスーパー店舗営業本部 デジタル・コマースグループ ジェネラルマネジャー川添 隆 様)

LINE公式アカウント ショップカード機能

LINEのショップカード機能とは、LINE公式アカウントごとにアプリ上に専用のポイントカードを作成することができる機能です。

LINE公式アカウント ショップカード機能

(画像参照:LINE

公式アカウントを友だち追加してくれたユーザーにLINE上でポイントカードの配布、ポイントの付与、特典チケットの作成と配信が可能となります。実店舗のお店はポイントカードの配布と同時に公式アカウントの友だちを増やすことができ、O2O施策に繋がります。

ユーザーにとってはLINE上で複数のポイントカードを管理することができ、ポイントカードが紛失する心配もないので利便性が高いです。また企業側からポイントの有効期限通知が送られてきたり、期間限定のキャンペーン情報を受け取ることができるため、企業はユーザーと友だち追加後も継続的に関係性を構築することができるでしょう。

企業・ブランドにとってはすでに店舗を利用したことがあり、リピート客になる可能性の高いユーザーに友だち追加してもらえるというメリットがあります。

LINE Pay友だち追加機能

(※2019年1月30日現在、メンテナンス中のため一時停止中)

キャッシュレスで決済可能なLINE Payに友だち追加機能があることをご存知でしょうか?実店舗や通販サイトにおいてLINE Payで商品購入を行うユーザーに対して、LINE公式アカウントの友だち追加をスマートフォンの画面上で案内する機能があります。公式アカウントを持っており、LINE Payを利用中の企業・ブランドであれば無料でLINE Pay友だち追加機能を利用することが可能です。

LINE Pay友だち追加機能

(画像参照:LINE

実際に商品を購入したユーザーは商品・サービスをまだ利用していないユーザーに比べてリピート客になる可能性が高く、購入後のアプローチが重要です。LINE Payを利用したユーザーに「友だち」追加してもらうことは、一度きりの利用ではなく継続的な利用へと繋げるために重要となってきます。

まとめ

ユーザー行動の多様化・分散化が進む中、ユーザー一人ひとりの興味・関心に合わせたOne to Oneコミュニケーションが重要となってきます。LINE公式アカウントで企業がユーザーとの継続的な関係を構築していくためには、闇雲にユーザーとの接点を増やし友だち追加を促すだけではなく、友だち追加後も公式アカウントをブロックしない有効友だち数を増やすことが大切となります。商品やサービスに興味を持っており企業、ブランドとの親和性の高いユーザーに対して友だち追加を促すために、これら機能の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

また有効友だち数を増やすことに止まらず、さらに継続的な関係性を築いていくために友だち追加後の1通1通のメッセージの価値を高めることが重要です。企業、ブランドとの親和性の高いユーザーと友だちになること、価値あるメッセージで継続的な関係を築くことの2つを並行して強化していくことが大切です。

終わりに

サービス統合後のLINE公式アカウントの注目機能と活用ポイントを解説したホワイトペーパーを公開中です。ぜひ併せてご参照ください。

サービス統合後の対策はできていますか?LINE公式アカウントの注目機能と活用ポイントを徹底解説!

(TOP画像引用:LINE

(執筆:寺田)

>お役立ち資料ダウンロード

お役立ち資料ダウンロード

データフィード、ダイナミック広告、ソーシャルログインについてもっと詳しく知りたい!という方に向けてお役立ち資料をご用意いたしました。
最新トレンドや事例、活用ポイントを解説した資料を無料でダウンロードいただけます。是非ご活用ください。

CTR IMG