旅行業界向けダイナミック広告総まとめ! 〜売上増から新規顧客獲得まで実現!

旅行業界向けダイナミック広告総まとめ! 〜売上増から新規顧客獲得まで実現!

Facebookダイナミック広告はその特徴から、旅行商材においてよりその威力を発揮することができるとご存知でしょうか。その効用を最大限に活かすことで、現在のユーザーからの売上増を見込めるだけでなく、潜在している顧客を発掘することまで可能です。この記事では旅行業界向けに特化したFacebookダイナミック広告について、その詳細を一挙に説明してみようと思います。

そもそもFacebookダイナミック広告とは? 基本を押さえよう!

Facebookダイナミック広告とは、ユーザーの閲覧履歴を基にしてひとりひとりにあった情報を自動的に作成・提供してくれるデータフィード広告の一種です。サイトの商材ページを閲覧した人がその後FacebookやInstagram、外部サイトやアプリにアクセスした際に、閲覧履歴から自動作成された広告を表示させることができます。またブロードオーディエンスターゲティングによって、サイトやアプリに一度もアクセスしたことがないユーザーに対しても広告表示を行うことができる為、より潜在的なターゲット層に対しての訴求が可能です。

その特徴から、以下のような場合により有効な広告媒体と言えるでしょう。

  • 商材の詳細ページを閲覧したが、購入に至らなかったユーザーへ再販促したい
  • カートに追加したが、購入に至らなかったユーザーへ再販促したい
  • 過去購入履歴のあるユーザーへ、新商材の紹介をしたい
  • 過去購入履歴のあるユーザーへ、購入商材の関連品の紹介をしたい
  • 自社サイトやアプリに未訪問・未使用のユーザーに対して広告を表示したい

Facebookダイナミック広告の詳細は、こちらを確認してみてください。

旅行業界向けダイナミック広告とは?

旅行業界向けダイナミック広告とは、旅行関連の商材に合わせて最適化されたダイナミック広告です。通常のダイナミック広告と比較して旅行商材ならではの要素を取り入れることで、より関連性の高い広告を自動で配信することが可能です。Facebookだけでなく先述したInstagramやAudience Networkで、旅行に行く可能性の高いユーザーを対象に、自社サイトやアプリへのアクセスの有無に関わらず、求めている情報であると想定される広告を自動的に表示することができます。

旅行業界向けダイナミック広告では、独自のデータフィードを活用することで効果を最大化することができます。商材の重要な広告要素である情報、例えば目的地や近隣情報、星評価などに基づいた役に立つおすすめ情報、チェックイン・チェックアウトの日付、日付で変動する価格、日付を組み込んだリンク先URLなどをデータフィード上に付け加えることによって、より精密・正確な質を担保した広告効果を発揮させることができます。

また旅行業界向けダイナミック広告では、旅行業界の広告主向けの専用のターゲット設定をオプションとして利用することができます。ここには、予約済み期間、週末だけ旅行するユーザー、一人で旅行するユーザー、旅行者のグループ、特定の旅行日や特定の目的地の検索に基づいたターゲット設定などが用意されています。これらは既に旅行日が過ぎている場合や予約自体が完了しているユーザーには広告を表示させない設定も可能です。

旅行業界向けダイナミック広告の種類

現在旅行業界向けダイナミック広告の広告対象は三種類あります。

【ホテル】旅行業界向けダイナミック広告

ホテルの情報を施設・客室単位で表示させる広告です。自社サイトやアプリで特定の旅行プランに関心を示したユーザーに、日付を指定した空き状況と価格を含むホテルの広告を自動で配信します。またホテルを予約済みのユーザーにそのアップグレードプランやオプションツアーを宣伝する、また旅行への関心がある人に向けてウェブ上での関心事やアクティビティから割り出された関連性の高い広告を表示することができます。

【目的地】旅行業界向けダイナミック広告

都市レベルでの宣伝や現地の観光スポットの宣伝を行う広告です。自社サイトやアプリで特定の旅行プランに関心を示したユーザーに、日付を指定した空き状況と価格を含む現地観光地情報やツアーの広告を自動で配信します。

【航空券(フライト)】旅行業界向けダイナミック広告

航空券の予約状況や航空路線・スケジュール情報を空き状況別に表示させる広告です。自社サイトやアプリで特定の旅行プランに関心を示したユーザーに、日付を指定した空き状況と価格を含む航空券の広告を自動で配信します。また航空券を既に予約済みのユーザーに、そのアップグレードプランやオプションツアーを宣伝することも可能です。

旅行業界向けダイナミック広告のメリット

旅行業界向けダイナミック広告のメリットとしては、以下のような例を挙げることができます。

動的な広告クリエイティブである

旅行業界向けダイナミック広告は自動で配信することができる為、多くの商材を抱える場合であっても、一度設定を行うことで全ての在庫情報の宣伝を行うことができます。広告クリエイティブを個別に作成する必要はありません。

より精度の高い広告配信が可能である

ユーザーの旅行先や旅行時期に基づいて、リアルタイムの空き状況や価格情報の広告を自動で配信できる為、より情報を求めていると想定されるユーザーに適切な広告配信を行うことができます。

関連する案内表示によるクロスセルやアップセル

多様なクロスセルやアップセルの可能性を秘めています。例えば航空券を探したり予約しているユーザーに向けて、その旅行先に関連するホテルや観光地のクロスセルを行ったり、ホテルのページを閲覧・検索していたが予約しなかったユーザーに対して現地のホテルの広告を表示させること、さらにはホテルの予約のみを完了させているユーザーを対象に、そのホテルのアップグレードプランやオプションツアーの案内、現地観光情報を提供するなどといった広告が可能です。

デバイスを特定しない

商材ページをどのデバイスで閲覧したかに関わらず、広告はデバイスを横断した表示が可能です。例えば元々パソコン上で閲覧していた商材に関する広告を、ユーザーのスマートフォン上で表示することができます。

適切な情報を、適切な時に

ウェブサイトやアプリで実行されたアクションに基づいて、より適切な時期に、より適切な空き状況の情報を使用して、キャンペーン情報をユーザーに案内することが可能です。

広告費用対効果の向上

特定の予約範囲や旅行日、旅行期間などでターゲット層を詳細に設定でき、旅行日が既に過ぎたユーザーや予約が完了しているユーザーを除外することもできる為、広告費用対効果の向上を見込むことができます。

旅行業界向けダイナミック広告例(Cathay Pacific Airways)

(画像引用 : Fecebook)

事例

実際に旅行業界向けダイナミック広告を導入した企業では、目覚ましい広告効果を発揮しています。以下、事例を提示します。

Melia Hotels Internationalの場合

スペインの大手ホテルチェーンであるMelia Hotels Internationalではオンライン予約・売上増を目的に、旅行業界向けダイナミック広告を活用し、潜在顧客に対し個々のニーズにあった広告を配信しました。

検索した目的地・旅行日程・希望するホテルのクラス・子どもを連れた旅行かどうかに合わせて調整したカルーセル広告を表示するなど、それぞれのユーザーに最適なホテルの候補を表示したところ、従来の目的地だけを対象としていたリマーケティング広告に対して広告費用対効果を6.7倍高めることに、また全体の予約あたりのコストを79%減少させることに成功しました。

旅行業界向けダイナミック広告例1(Melia Hotels International)

旅行業界向けダイナミック広告例2(Melia Hotels International)

(画像引用 : Fecebook)

旅行業界向けダイナミック広告の要件

Facebookピクセルの実装

自社サイトにFacebookピクセルを実装する必要があります。Facebookピクセルとは広告の「ターゲット層の測定」「最適化」「構築」を可能にするウェブサイト用のJavaScriptコードのことで、ウェブサイトにFacebookピクセルを埋め込むことでFacebook広告を閲覧したユーザーがその後に実行したアクション(商材購入や会員登録など)を複数のデバイスを横断してトラッキングすることができるようになります。例えば旅行業界向けダイナミック広告では、特定のホテルや航空券情報の閲覧や支払い情報の入力、実際の予約といった利用者のアクションをトラッキングし、誰に広告を配信するかをFacebookに知らせることができます。

また必要に応じて、Facebook SDKとApp Eventsをモバイルアプリにも実装することで、モバイルアプリ上でも同様の役割を果たすことができるようになります。

Facebookピクセルに関する詳細情報に関しては、以下を確認してみてください。

製品カタログのアップロード

ホテル名や所在地・料金・空室状況など、商材の情報をリスト化・一覧としてまとめた製品カタログをFacebookビジネスマネージャにアップロードする必要があります。各広告に掲載される情報は製品カタログから取り出されます。

広告のテンプレートの作成

広告用のテンプレートをひとつ作成する必要があります。商材の画像や詳細情報はこのテンプレートに則って動的に挿入されるようになります。

まとめ

一見種類が多く複雑そうな旅行業界向けダイナミック広告ですが、個々の特徴を紐解くと非常に効果的かつ合理的に、広告配信が可能であることが分かります。これらの特徴を踏まえ、自社商材に適切なダイナミック広告の運用を検討してみてはいかがでしょうか。

<参考>

https://www.facebook.com/business/learn/facebook-create-ad-dynamic-ads-travel

もっとFacebookダイナミック広告について知りたい時に…

Facebook広告の特徴から効果を高める上で大切なポイントなど、基本だけれど大事な要点をまとめた資料を無料で公開中です!

以下よりダウンロードいただけますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてください。

Facebook広告メニューを目的別で図解

(執筆:平野)

>お役立ち資料ダウンロード

お役立ち資料ダウンロード

データフィード、ダイナミック広告、ソーシャルログインについてもっと詳しく知りたい!という方に向けてお役立ち資料をご用意いたしました。
最新トレンドや事例、活用ポイントを解説した資料を無料でダウンロードいただけます。是非ご活用ください。

CTR IMG