Facebook、超いいね!(Love)を含む5つの「リアクション」を全世界にローンチ

f:id:feedmatic:20160225131858j:plain

2016/02/24 Facebookはニュースフィード上で 簡単にすばやく感情表現ができる機能 としての5つの「リアクション」を全世界にローンチした。

 

これにより、従来の「いいね!(Like)」に加えて、「超いいね(Love)」、「うけるね(Haha)」、「すごいね(Wow)」、「悲しいね(Sad)」、「ひどいね(Angry)」の6種類のリアクションが利用可能となった。

f:id:feedmatic:20160225132135j:plain

(画像:Facebook )

 

「いいね!」の拡張については、昨年9月、townhall Q&A にてFacebookのCEO、Mark Zuckerbergが言及し、話題となった。

この5つの「リアクション」の決定には、Facebookの1年以上にわたる国際的なリサーチとアンケートが実施され、どのようなリアクションが必要とされているか、どのような投稿に反応しているか等検討し、最終決定されたという。(Reactions Now Available Globally | Facebook Newsroom

ちなみに日本では2016/01/14(日本時間)より随時、実装されているため、すでになじみの機能である人もいるだろう。

アップデート後の投稿には、リアクションのあった絵文字とともに「いいね」を含むすべてのリアクションが押された合計回数が表示され、マウスオーバーもしくはタップによってユーザー毎のリアクションの内訳が表示される。

広告主やパブリッシャーはこの「リアクション」により、広告におけるユーザーの反応として、可視化された感情表現のリアクションを広告配信の指標として利用可能となる。
(投稿に対してどのようなリアクションボタンによる反応があったかは、ページインサイトにおいて確認ができる。)

<参考>

(執筆:松元)

 

>お役立ち資料ダウンロード

お役立ち資料ダウンロード

データフィード、ダイナミック広告、ソーシャルログインについてもっと詳しく知りたい!という方に向けてお役立ち資料をご用意いたしました。
最新トレンドや事例、活用ポイントを解説した資料を無料でダウンロードいただけます。是非ご活用ください。

CTR IMG