フィードフォースが、データフィード・ダイナミック広告・ID連携を軸に、デジタルマーケティングに役立つ情報を発信するブログ。
コラム

飲食店が取り組むべきDX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

新型コロナウィルスの影響により、リアルでの消費行動が否応なし制限される中、テイクアウト、 デリバリーなど顧客のニーズの変化にいち早く対応した企業とそうでない企業とでは、大きく明暗をわけました。 飲食店をはじめとするローカルビジネスが取り組むべきDX(デジタルトランスフォーメーション)についてまとめました。
その他媒体

Shopify入門|注目される理由や特徴、メリット・デメリット、最新機能をまとめて解説

Shopifyの特徴やメリット・デメリット、Shopifyで実現するヘッドレスコマースや事例など「Shopifyの知っておきたい基礎知識」をまとめました。Shopify POSやサブスクリプションAPIなど注目の最新機能もご紹介します。
Google

Google スマートショッピングキャンペーンとは?機械学習による自動化でGoogleネットワーク全体に広告配信

Googleのスマートショッピングキャンペーンとは、Googleの機械学習を利用した自動化により、関連性の高い広告を、Googleネットワーク全体に配信することができるショッピング広告の一つです。通常のショッピングキャンペーンとの違いや配信に必要な手順について紹介します。
Google

【速報】Google ショッピング タブの無料リスティングがローンチ

日本国内でGoogle ショッピング タブの無料リスティングが一部無料枠として公開されるようになります。これは、Googleが推進している「Google 掲載」(Surfaces across Google)の一環であり、EC事業者にとっては大きなチャンスになります。Googleショッピング広告との関係や、Googleショッピングタブに無料掲載する方法、注意点をまとめてご紹介します。
2020.11.13
LINE

LINE Dynamic Ads(LINEのダイナミック広告)とは?導入に必要なLINE Tag、商品フィードも解説!

LINE Dynamic Adsは、ユーザーの行動履歴にもとづいて興味関心にマッチした広告を、自動で配信できる注目のダイナミック広告です。LINE Dynamic Adsの特徴や掲載方法、導入時に必要なLINE Tag、商品フィードについてもご紹介します。
Criteo

ダイナミック広告のタグ【初級編】~タグを正しく設置するための3つのポイントとは?

ダイナミック広告におけるタグは、広告成果の計測だけでなく機械学習の促進、オーディエンスの構築と広告効果改善において重要な役割をもっています。ダイナミック広告のタグの役割、正しく設置するための3つのポイントを初心者でもわかりやすく解説します。
Criteo

ダイナミック広告の基礎知識~特徴・仕組み・種類を詳しく解説します

Facebook、Criteo、Yahoo!、Google、LINEと様々な広告プラットフォームがそれぞれ特徴あるダイナミック広告を提供しています。また、リターゲティングだけでなく、潜在ユーザーへのアプローチも可能になるなど、活用シーンは各段に拡がっています。ダイナミック広告の特徴やしくみ、種類など押さえておきたい基礎知識をまとめてご紹介します。
2020.07.21
Facebook

Facebookショップ(Facebook Shops)及びInstagramショップ(Instagram Shop)の日本国内提供開始

Facebook上に無料で簡単に開設できるオンラインストア「Facebookショップ(Facebook Shops)」とInstagramにおけるショッピング体験をさらに充実させるための新機能「Instagramショップ」の日本国内での提供が開始されました。
2020.08.03
Facebook

Facebook広告の効果測定、インフルエンサー活用によるキャンペーン効果の最大化他〜Facebook Agency Expo 参加レポート(後編)〜

Facebookが主催する広告代理店向けのイベント「Facebook Marketing Partners(略してFMP) Agency Expo TOKYO」イベントレポート後編~Facebook広告の効果測定、インフルエンサー活用によるキャンペーン効果の最大化に関するセッションレポートをお届けします。
Facebook

ストーリーズ広告クリエイティブのトレンド、シグナルの重要性他〜Facebook Agency Expo 参加レポート(前編)〜

Facebookが主催する広告代理店向けのイベント「Facebook Marketing Partners(略してFMP) Agency Expo TOKYO」イベントレポート前編~ストーリーズ広告のクリエイティブやFacebookの機械学習を高めるために必要となるFacebookピクセルの効果的な手法や新技術の紹介に関するセッションレポートをお届けします。
Criteo

ダイナミック広告改善のきほんの「き」12のチェックポイントをご紹介

ダイナミック広告で適切な配信を行うためには、リスティング広告や静的なディスプレイ広告とは違った考え方が必要です。タグ、データフィード、キャンペーン構成の視点からダイナミック広告で見直すべき12の改善ポイントを解説します。
Facebook

Facebookダイナミック広告、類似オーディエンスの活用で新規顧客を獲得しよう

Facebookダイナミック広告の新規顧客のターゲティング手法、なかでも「類似オーディエンス」に焦点を当てて、事例を交えながらご紹介します。Facebookダイナミック広告といえば、ユーザーが閲覧したページ情報をもとに動的リターゲティング広告を配信するイメージがあるかもしれませんが、実は、サイトやアプリに訪問したことのない潜在的なユーザーに対しても広告を配信することができます。
Criteo

ダイナミック広告におけるタグとフィードの不一致がもたらす影響とその対応策

ダイナミック広告において、広告配信したくないアイテムを安易に除外してしまうと、タグとフィードの不一致につながります。そのため、エンジン学習に対して悪影響になり、広告成果が悪化したり、媒体によってはそもそもダイナミック広告が開始・再開出来ないことに繋がります。広告配信したくないアイテムのフィードでの対応方法を媒体ごとに解説します。
Criteo

ダイナミック広告のクリエイティブバッヂ機能、活用できていますか?~商品画像への「アイコン画像」表示で訴求力を高めよう

ダイナミック広告における効果改善テクニックの一つに「クリエイティブバッヂ機能」があります。「クリエイティブバッヂ機能」は、商品画像の上に「〇〇%OFF」や「人気」といった文字が表示することで、視認性を高め、商品説明を充実させることができます。本記事では、「クリエイティブバッヂ機能」のメリットや、活用事例を紹介します。
2020.04.09
Facebook

Facebook、検索広告をすべての広告主にリリース~Facebookニュースフィード及びMarketplaceの検索結果に広告表示

Facebook検索広告とは、検索キーワードにあわせて、Facebookニュースフィードの一般検索及びMarket Placeの検索結果に表示される広告です。このFacebookの「検索広告」がすべての広告主において利用可能になりました。今後は、自動配置に「Facebook検索結果(Search)」が含まれるようになります。
Google

Google スマートショッピングキャンペーンとは?機械学習による自動化でGoogleネットワーク全体に広告配信

Googleのスマートショッピングキャンペーンとは、Googleの機械学習を利用した自動化により、関連性の高い広告を、Googleネットワーク全体に配信することができるショッピング広告の一つです。通常のショッピングキャンペーンとの違いや配信に必要な手順について紹介します。
Google

【速報】Google ショッピング タブの無料リスティングがローンチ

日本国内でGoogle ショッピング タブの無料リスティングが一部無料枠として公開されるようになります。これは、Googleが推進している「Google 掲載」(Surfaces across Google)の一環であり、EC事業者にとっては大きなチャンスになります。Googleショッピング広告との関係や、Googleショッピングタブに無料掲載する方法、注意点をまとめてご紹介します。
2020.11.13
Google

Googleファインドキャンペーン(ファインド広告)とは?~Discover、YouTube Home Feed、Gmailへの広告配信が可能

Googleファインドキャンペーン(ファインド広告、Discover Ads)とは、Discover、YouTube Home Feed 、Gmailに広告配信することができるGoogleのディスプレイ広告です。検索だけでは獲得できななかったより多く顕在層にGoogleサービス上でアプローチすることが可能です。
Criteo

ダイナミック広告改善のきほんの「き」12のチェックポイントをご紹介

ダイナミック広告で適切な配信を行うためには、リスティング広告や静的なディスプレイ広告とは違った考え方が必要です。タグ、データフィード、キャンペーン構成の視点からダイナミック広告で見直すべき12の改善ポイントを解説します。
Google

初心者のためのGoogleショッピング広告入門!特徴や出稿方法・運用ポイントは?

Googleショッピング広告は、Google検索やGoogleショッピングでユーザーが検索したワードに連動して、画像付きの広告が表示される「検索連動型広告」のひとつです。Googleショッピング広告の特徴、マーチャントセンターへのフィードの登録を含む出稿方法、初心者がつまづきやすいポイントを解説します。
2020.09.14
Criteo

ダイナミック広告におけるタグとフィードの不一致がもたらす影響とその対応策

ダイナミック広告において、広告配信したくないアイテムを安易に除外してしまうと、タグとフィードの不一致につながります。そのため、エンジン学習に対して悪影響になり、広告成果が悪化したり、媒体によってはそもそもダイナミック広告が開始・再開出来ないことに繋がります。広告配信したくないアイテムのフィードでの対応方法を媒体ごとに解説します。
Criteo

ダイナミック広告のクリエイティブバッヂ機能、活用できていますか?~商品画像への「アイコン画像」表示で訴求力を高めよう

ダイナミック広告における効果改善テクニックの一つに「クリエイティブバッヂ機能」があります。「クリエイティブバッヂ機能」は、商品画像の上に「〇〇%OFF」や「人気」といった文字が表示することで、視認性を高め、商品説明を充実させることができます。本記事では、「クリエイティブバッヂ機能」のメリットや、活用事例を紹介します。
2020.04.09
Google

Googleマイビジネスの基礎知識~ローカル検索でユーザーニーズにあわせて自社のビジネスをアピールするために

Googleマイビジネスは、Google検索やGoogleマップに自社ビジネスの情報(ビジネスプロフィール)を表示し、管理することができる無料のツールです。今回は、Googleマイビジネスの機能やローカル検索といわれる特定のエリア情報を加味した検索結果に自社のビジネス情報を掲載するために重要なポイントをまとめてご紹介します。
Google

Googleマーチャントセンターとは?登録からGoogleショッピングの始め方まで、初心者にもわかりやすく解説

Googleマーチャントセンター(Google Merchant Center)とは、オンラインストアがGoogleに商品情報を送信するための管理画面です。Googleマーチャントセンターに登録することで、Google検索結果に自社商品を掲載する「Googleショッピング広告」を実施できるようになります。この「Googleショッピング広告」は非常に効果が高く、ECなら絶対に実施しておきたい広告です。今回は、Googleマーチャントセンターへの登録から、Googleショッピング広告を始めるところまで、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。
2020.09.15
Google

Google、購入画像広告(Shoppable Image ads)及びショーケース広告への動画導入を発表~ビジュアルコンテンツから購買につなげる

2018年9月13日及び14日、Googleは新たに「購入画像広告(Shoppable Image ads 以下購入画像広告)」と「ショーケース広告への動画の導入」という2つの広告フォーマットを発表しました。購入画像広告(Shoppable Image ads )とは、従来の検索連動型のショッピング広告とは異なり、外部サイトの画像コンテンツ内にタグアイコンを表示し、そこからシームレスに購買につなげることができるショッピング広告です。
LINE

LINE Dynamic Ads(LINEのダイナミック広告)とは?導入に必要なLINE Tag、商品フィードも解説!

LINE Dynamic Adsは、ユーザーの行動履歴にもとづいて興味関心にマッチした広告を、自動で配信できる注目のダイナミック広告です。LINE Dynamic Adsの特徴や掲載方法、導入時に必要なLINE Tag、商品フィードについてもご紹介します。
Criteo

ダイナミック広告の基礎知識~特徴・仕組み・種類を詳しく解説します

Facebook、Criteo、Yahoo!、Google、LINEと様々な広告プラットフォームがそれぞれ特徴あるダイナミック広告を提供しています。また、リターゲティングだけでなく、潜在ユーザーへのアプローチも可能になるなど、活用シーンは各段に拡がっています。ダイナミック広告の特徴やしくみ、種類など押さえておきたい基礎知識をまとめてご紹介します。
2020.07.21
タイトルとURLをコピーしました