Feedmatic Blog

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Instagram、ショッピング機能を日本国内で導入開始~フィード投稿から商品購入が可能に

Instagram、ショッピング機能を日本国内で導入開始~フィード投稿から商品が購入が可能に

2018年6月5日、Instagramはフィード投稿から商品が購入できる「ショッピング機能」を日本国内で導入開始することを発表しました。

Instagramショッピング機能とは?

Instagramショッピング機能とは、フィード投稿に表示される商品に商品名や価格が記載される「タグ」を付けることができ、「タグ」をタップすることによって、商品の詳細情報や価格を掲載した詳細ページを表示させ、さらに購入ページへ誘導し、利用者に購入を促すことが可能な機能です。

ユーザーがフィード投稿を見て商品を「発見」し、タグをタップすることによって価格や商品の詳細を閲覧して購入を「検討」、リンクから外部ECサイトに遷移し、投稿で見た商品をそのまま「購入」することができるため、ショッピング機能を通じて商品の認知から購入までをシームレスに繋げることができます

Instagramショッピング機能
(Instagramショッピング機能 画像引用:Facebook

Instagramショッピング機能は、すでに2017年3月に米国にて先行導入されている注目の機能で、ついに日本でのリリースとなります。

尚、今回の日本でのショッピング機能リリースにあたり、以下のブランドによるテスト運用が実施されました。

Baycrews (@baycrews)、BOTANIST (@botanist_official)、creema (@creemajp) 、Gilt Japan (@giltjapan)、minne (@minne_official)、ZOZOTOWN (@zozotown_official)

「ショッピング機能によって、ユーザーが知りたい、欲しいというモチベーションが高い状態のときに情報を提供できるようになることで、今まで以上に商品を知ってもらえたり、ブランドの世界観を伝えたりすることができるようになると感じています。また、これまでリーチできていなかった潜在顧客との接点を持つという意味でも期待しています。」(株式会社ベイクルーズ EC統括 セールス&サービス Div. デジタルコミュニケーション Sec. 馬來 真知子氏)Facebookより引用

Instagramショッピング機能を導入するには?

Instagramショッピング機能を導入するには以下の条件を満たす必要があり、アカウント審査を経た後に製品のタグ付けが可能となります。

データフィードとは?

Instagramショッピング機能を、より柔軟かつ効果的に活用するために、カタログといわれるデータフィードを活用します。

データフィードとは、自社で保有している商品などのデータを、広告配信先のフォーマットに変換して送信する仕組みです。

企業が保有する商品情報などの自社データを自動で変換し、Facebookダイナミック広告やCriteoなどの動的リターゲティング広告、Googleショッピング広告、Indeed等のバーティカルメディア、価格比較サイト、DMPなど、各マーケティング施策のフォーマットに合わせて提供します。 

dfplus.io、Instagramの「ショッピング機能」に正式対応!ショッピング機能の導入支援サービスを提供開始

弊社フィードフォースが提供する商品データマーケティングSaaS「 dfplus.io 」において、Instagramの「ショッピング機能」に正式対応いたしました。また、合わせて利用を検討している広告主に対して、Instagram ショッピング機能 導入支援サービスの提供を開始いたしました。

無料のトライアルを提供しています

Instagramの「ショッピング機能」を手早くはじめられる「 dfplus.io 」は、3週間の無料トライアルプランをご用意しております。Instagram ショッピング機能のためのカタログ作成機能を含め、商品データを利用する各種広告のための管理・最適化機能も無料でお試しいただけますので、少しでもご興味がございましたらお気軽にお申し込みください。

(TOP画像引用:Facebook

(執筆:松元)