Feedmatic Blog

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

LINEのID連携で実現する実店舗連動・O2O施策とは~LINE Beacon、バーコード会員証、eチケット発券活用事例

LINEのID連携で実現する実店舗連動・O2O施策とは~LINE Beacon、バーコード会員証、eチケット発券活用事例

O2O(Online 2 Offline)とは、オンラインでのユーザー行動を実店舗(オフライン)での集客や購買行動につなげたり、オフラインで集客した後、引き続きオンラインでの購買に繋げるといったオフライン・オンラインの異なるチャネル間を連携させた施策のことで、主に実店舗とECとを併せて運営している小売事業者を中心に注目されています。

このO2O施策の領域においてもLINE BeaconやLINEアプリを利用したポイントカード(会員証)などLINEを活用したO2Oの可能性も広がってきています。

LINEを活用したO2O施策の強みは、ID連携によりLINEアカウントを起点にオンライン・オフラインの異なるチャネル間で連動したOne to Oneの精度の高いコミュニケーションを取ることができる点です。

今回は、LINEのID連携で実現するO2O施策の事例を紹介しながら、IDベースのマーケティングの重要性についてご紹介します。

 目次

O2O施策活用パターン

会員証(ポイントカード)発行

最近見かけることの多くなったLINEの会員カード機能(バーコード)も、LINEログインを活用してLINEのIDと自社EC会員IDとを連携することで、単なる会員カードとしての機能だけでなく非常に有効なO2O施策となります。

LINEの会員カード機能(バーコード)発行フロー

LINEの会員カード機能(バーコード)発行フロー

ユーザーがECサイトに新規会員登録をする際、LINEログイン(※1)を活用し自動友だち追加機能(※2)にてLINE上で友だち追加することで、自社EC会員IDとLINEアカウントとが連携した会員証(バーコード)の発行が実現できます。
前提条件として、ポイントカード用のデータベースとEC会員のデータベースが統合されている事が必要です。

具体的には会員カード発行のフローの中で、実店舗のレジでQRコードを読み取ることでECサイトの登録フォームに遷移し、プロフィール+(※3)によるフォームアシスト機能で面倒な名前や住所などの個人情報の入力をすることなく、ECサイトへの会員登録からLINEの友だち追加、そしてID連携までを簡単かつスムーズに行うことができます。(新規ユーザー、ID連携済友だちの獲得)

まだまだ店舗での会員カード発行は紙ベースや専用端末で行い、ECサイトは別途WEBから登録が必要なケースが多いですが、それらをユーザーの使い慣れたスマートフォンで同時に行うことができます。また、会員登録フォームの項目を最小限にし、ユーザーが数タッチで簡単に登録できるようにすることが重要です。

ID連携済のユーザーは、トーク画面下のリッチメニューに設置された会員証(バーコード)をタップすると、LINEログインの処理が走りユーザーを識別して、ユーザー個別のバーコードが自動表示されます。

ユーザーはこのユーザー個別のバーコードを店舗で提示することで実店舗・ECサイト間で連動したポイントをためることができます。(購買の促進)

ID連携済の自社EC会員に対しては、ユーザーを識別し自社EC会員とLINEアカウントとを紐づけることができるため、LINEでユーザーに最適化されたメッセージを配信(セグメント配信)することができます。

例えば、LINEのクーポンや会員限定のメッセージ配信で店舗への再訪を促したり、購入履歴に応じたレコメンドメッセージの配信といったオンライン・オフラインの異なるチャネル間で連動した継続的なリテンション施策を行うことができます。(ID連携によるO2O施策)


※1 LINEログインとは、LINEのアカウントを使って簡単にサイトの会員登録・ログインができるソーシャルログインの機能です。
※2 自動友だち追加機能とは、LINEログインのフローに沿って自然な形で、友だち追加をすることができる機能です。
※3 プロフィール+とは、会員登録時や商品やサービスの予約・購入・問い合わせの際のフォーム入力にあらかじめLINEに登録しておいた情報をユーザーの意志に基づき簡単に利用・入力できるフォームアシスト機能です。

上記※1.2.3の機能はLINEにおいては、企業のLINEアカウントの機能を拡張できるオプションで企業のLINEアカウントとWebサイトの連携に必要な機能です。これら機能の詳細は下記の記事をご覧ください。

事例:[.st](ドットエスティ)

「グローバルワーク」や「ローリーズファーム」など若者向けのファッションECサイト「[.st](ドットエスティ)」を展開する株式会社アダストリアはLINEビジネスコネクトを活用しID連携を行うことによって会員カード機能などオンラインオフラインを跨いだマーケティング施策を行っています。

[.st]への会員登録、[.st]LINE公式アカウント上の友だち登録とIDの連携をすることによってそれぞれのユーザー特有のバーコードを発行。ユーザーはリアル店舗とオンラインストアと連動してポイントを貯めたり、使用したりすることができます。

また、ID連携後は購入履歴や購入店舗などの情報を元にクーポンの発行、購入したブランドの新作お知らせやチェックした商品の在庫情報、再入荷情報、プライスダウン情報などパーソナライズしたメッセージを送信しています。

 

LINE Beacon活用~来店の促進

LINEのBeaconを活用すると、お店などに設置されたBeacon(Bluetooth発信機)から、周辺にいるユーザーに対してLINEでクーポンやセール情報、特別なメッセージなどのプッシュ通知を行うことができます。(※ユーザーがLINE Beaconからの通知を受け取るには、LINEアプリの[設定]-[プライバシー管理]-[LINE Beaconを利用]をONにしている必要があります。)

f:id:feedmatic:20170908132842p:plain

ユーザーがBeaconからプッシュ通知を受信するとトーク画面の上に、緑色のバーが表示されます。

LINE Beaconからのプッシュ通知

LINE Beaconからのプッシュ通知

Beaconを活用すれば、イベント会場や広い店舗内でのフロア(会場)案内やイベント情報のお知らせ、商品を探す手伝いなどの接客を行うことができます。(利便性の向上)

また、友だち追加されていないユーザーに対しては、クーポンなどの配布で友だち追加を促すことも可能です。(新規ユーザー獲得)

 

LINE Beaconのプッシュ通知から友だち追加

LINE Beaconのプッシュ通知から友だち追加

 

友だち追加すると企業アカウントからメッセージ通知が届きます。お買い物に利用できるクーポンやポイントカードの発行で購買を促進することができます。(販売促進)

LINE Beacon経由で受信したメッセージ例

LINE Beacon経由で受信したメッセージ例

ID連携済のユーザーであれば、LINE Beaconに接触したユーザーを識別し、ユーザーに最適な個別のメッセージを配信することができます。例えば、店舗来訪時にオンラインで閲覧していた商品をリアルタイムでレコメンドしたり、過去の購入履歴と閲覧履歴、ビーコンでの接触情報からフロアのどこでよく商品を見てたかなどを組み合わせておすすめ商品を案内したりといったオンライン・オフラインの異なるチャネル間でシームレスかつ継続的なコミュニケーションが展開できます。(ID連携によるO2O施策)

事例:UNIQLO

カジュアルファッションブランド「UNIQLO」はLINE Beaconを利用して、店舗周辺のユーザーに対し、”お買い物券”プレゼントキャンペーンのプッシュ通知で来店を促進。ユーザーが通知をタップすることで自然な流れで友だち追加が行われます。

以降、トーク画面にて、キャンペーンのお知らせなどリアルタイムなメッセージやQRコードによるポイントカード(前述)の併用で、購買を促進しています。

 

eチケット発券

アミューズメント施設などの電子チケットや飛行機の搭乗手続きにLINEを活用することで、ユーザーの利便性の向上、チケット発券に係るコスト(郵送や管理)の削減が見込めます。LINEによる発券を起点にその後のコミュニケーションをLINEに集約し、
LINEのID連携により、来場(搭乗)後も継続したコミュニケーションをすることが可能です。

電子チケット発行を起点としたLINEでのコミュニケーション

ユーザーは購入した電子チケットをLINEで受け取り、当日はスマホへ押印によるモギリやQRコードの読み取りで入場(搭乗)します。(新規ユーザー獲得)

施設内では施設案内やスタンプラリーの実施やイベントスケジュール、おすすめのお土産などの質問にbotや有人によるチャットでの回答やLINE Beaconとの併用で、施設内の接客を行うといったユーザー体験を提供します。
(利便性の向上)

来場後もID連携によって、行動履歴に応じたイベントの案内やオンラインショップで利用可能なクーポンの配信など継続的なLINEを活用したコミュニケーションが展開できます。(ID連携によるO2O施策)

事例:サンリオ

サンリオの公式ECサイトである サンリオオンラインショップ にてサンリオピューロランドの電子チケットを購入すると、サンリオのLINE公式アカウントから電子チケットが届きます。 チケットの購入時のハローキティからのお礼メッセージや、入館後にも館内案内やグッズ紹介をしてもらえるなど、電子チケットを起点としたサンリオピューロランド内外でのコミュニケーションを実現しています。

 

LINEショッピング

LINEショッピング(https://ec.line.me/)とはファッションや
雑貨をはじめ、スポーツ・インテリア・家電・コスメといった様々なショップの入り口となりユーザーと店舗の新しい出会いを創出するショッピングポータルです。

LINEショッピング

多くの企業やファッションブランドの商品を展開しており、外部アプリの追加インストール不要でLINE上から簡単に検索・閲覧することが可能(ショッピングポータル)

  • 「LINEショッピング」で気になる商品を見つけたら、そのまま販売元のサイトに移行して商品詳細の確認や決済をすることができる(LINEショッピングには決済機能なし)
  • 「LINEショッピング」を経由して買い物をすると「LINE」ポイントが受け取れる
  • 「LINE」ポイントは「LINE Pay」や「LINEコイン」に交換することができる

LINEによると”LINEショッピング”はオンラインだけでなくオフラインとの連携強化も視野に入れています。

LINEショッピングはショッピングポータルとして、LINE公式アカウントやLINE@といった企業アカウントへの集客の仕組みを作りながら、店舗で利用できるバーコード式のクーポン発行で来店を促すといった施策などオンラインだけでなくオフラインへの送客を促すことも可能になるでしょう。

LINEショッピングにはカートや決済機能がないため、ユーザーはLINEショッピング経由で販売元のサイトで商品の購入やポイント利用のために会員登録(=IDの連携)を行うことになります。(新規ユーザー獲得)

LINEショッピング経由での集客を一過性のものとするのではなく、オンライン・オフラインとを跨いてユーザーと継続的にコミュニケーションをするためにも、自社システムとLINE公式アカウントを連携させ、IDを連携することが重要となってきます。(ID連携によるO2O施策)

 

その他

ドラッグストアの「マツモトキヨシ」はLINEのビジネスコネクトと位置情報を活用した店舗検索のサービスを提供しています。
ユーザーの端末から、マツモトキヨシの公式アカウントのトーク画面で自分の位置情報を送信すると最寄りの店舗や店舗情報が返信されます。

位置情報を活用した店舗検索サービス

 

LINEのID連携で実現するO2O施策まとめ

LINEを活用した様々なO2O施策の事例をご紹介しました。

LINEを活用したO2O施策の強みは、ユーザーとのコミュニケーションをLINEに集約し、LINEアカウントを起点とした「ID連携」によって、チャネルを跨いだ最適かつ継続的なOne to Oneコミュニケーションが実現できることにあります。

今後はO2O施策に限らず、IDベースのマーケティングの重要性はますます増してくるものと思われます。

LINEを活用したIDベースのマーケティングを検討されてはいかがでしょうか?

 

LINEの企業アカウントを利用してOne to Oneコミュニケーションを実現するには

LINEの企業アカウントを利用して、一斉配信などの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザに最適化されたメッセージの送り分けなどのOne to Oneコミュニケーションを実現するには、LINEのビジネスコネクトの導入が必要です。

LINEのビジネスコネクトとはLINEのシステムと利用企業のシステム(顧客DB、商品DB、メッセージングシステム.etc)とをAPIで接続することによってOne to Oneコミュニケーションを可能にするサービスです。

従来の公式アカウントやビジネスコネクトアカウントに加え、LINE@アカウントでも、ビジネスコネクトの導入が可能です。

 

お役立ち資料無料公開中

LINEログインを導入し、顧客IDとLINEのIDを連携することで具体的に何ができるのか?
CV導線の改善~メッセージによるリテンション活用事例などを詳しく解説した資料を無料にて公開中です!
以下よりダウンロードいただけますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてください。

f:id:feedmatic:20170802153405p:plain

(執筆:松元)