読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Feedmaticブログ

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Instant Articles(インスタント記事)、アップデートで広告主とメディア、両方の収益化へ。

f:id:feedmatic:20170315180129p:plain

2017年3月9日、FacebookはInstant Articles(インスタント記事)の収益化に関する一連のアップデートを発表した。これによりサイト運営者は手動で広告を配置したり、広告を記事内に多く表示させることができるようになる。

今回はInstant Articlesとは?から、アップデート内容、実際にInstant Articlesを導入した企業の実例をご紹介する。

Instant Articlesとは

Instant ArticlesとはFacebookアプリ内のニュースフィードにおいて、写真や動画、音声キャプション、地図を含むニュース記事の全てをインタラクティブなコンテンツとして素早く表示できる機能。
提供される記事は通常の記事よりも10倍以上速く読み込まれ、特にモバイルでの読み込み時間の短縮によるユーザーストレスの改善や、ネットワーク環境に影響された離脱の回避などが期待できる。
またInstant Articlesの導入によりクリック数:20%アップ、離脱率:70%軽減、シェア数:30%アップすると公式データで発表されている。

Instant Articlesに関する記事はこちら

柔軟性のある広告表示に

記事内の広告表示を最大250字ごとに掲載できるようになった(以前は最大350字ごと)。これで記事内により多くの広告を掲載することができるようになる。また、サイト運営者は記事内に手動で広告を掲載するか、自動配置機能の3つのオプション(250字、350字または500字ごとに広告を配置)を選択することができる。

Instant Articlesの導入事例

では実際にInstant Articlesはメディアにとってどのような効果があるのだろうか。実例をご紹介する。

Onedio

f:id:feedmatic:20170315180144p:plain

(画像引用:Instant Articles | Facebook

Onedioはエンターテイメントと文化に焦点を当てたトルコのサイトで、Facebook上でコンテンツを素早く、リッチに表示させるためにサイトの記事の90%をInstant Articlesとして掲載し始めた。Instant Articlesへブランドコンテンツの投稿を拡張することで大幅なコスト削減を実現し、以下の効果が得られた。

  • CPCの50%の減少
  • ブランドコンテンツのクリック率の75%上昇


また、新しい読者へのアプローチにも成功した。

  • トラフィック(サイトへのアクセス数)の42%増加
  • エンゲージメントの14%増加
  • Instant Articles読者の57%が新規ユーザー


トルコ版と英語版のInstant Articlesを掲載してから4ヶ月でトラフィックとエンゲージメントが増加した。特に英語版が大きな利益となっており、Instant ArticlesはFacebook上でネイティブに読み込まれるため、英語でのリーチが効果的で、世界中でリーチしやすくなるという。

Onedioは読者層を新しい国に拡大し、Facebookのシェア機能を活用してエンゲージメントを強化し、Instant Articlesをブランドコンテンツに拡張することで大幅なコストの削減を実現した。

まとめ

今回のInstant Articlesのアップデートでサイト運営者は記事ごとに広告の表示を自由に柔軟にカスタマイズできるようになった。
また広告主は最大250字ごとに広告を掲載できるようになったことで、より多くの広告が掲載できるため、プラスになるだろう。
引き続き、今後のInstant Articlesの動向も注目していきたい。


<参考>

(TOP画像引用:Facebook Media

(執筆:前田)