FeedmaticBlog

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

LINE、iOSのSafariでの自動ログインをアップデート。LINEログインがさらに便利に簡単に!

LINE、iOSのSafariでの自動ログインをアップデート

LINEは2017年2月21日、LINEアプリのアップデートを発表した。最新版(バージョン7.1.0)では、iOSのSafariでLINEのオートログインが可能となり、iOSのSafari上でLINEアカウントを使ってWebサイトにログインする際にメールアドレスとパスワードの入力を必要とせずにログインができる。

アップデート内容

iOSのSafariでLINE STOREなどのLINE関連サービスページの他、LINEログインを実装したWebサイトにLINEアカウントを使用してログインするとき、LINEアプリをインストールしている場合はメールアドレスやパスワードを入力せずに自動ログインが可能となった。
またAndroid Chromeでは以前からLINEの自動ログインが可能だ。
※自動ログインを利用する場合はLINEを最新版(バージョン7.1.0)にアップデートする必要がある。

2タップで簡単にLINEログイン

今回のアップデート前は、iOSのSafariでアクセスしたWebサイト上でLINEログインをする際には、Safariブラウザ上に表示される下記画面でLINEに登録しているメールアドレスとパスワードを入力してログインする必要があり、既存のLINEアカウントを使ってログインできるものの、少し手間だった。

▼アップデート前

アップデート前LINEログイン画面

しかし、今回のアップデートでは何も入力せずにタップだけで簡単にログインができる。

アップデート後LINEログイン画面
Webサイトに実装されている「LINEでログイン」ボタンを押すと、LINEアプリが起動し、初回ログイン時にはLINEの認可画面が出てくる。これに「同意する」を押せばLINEログインが完了する。

ボタンを2回タップするだけでログインが可能になるということだ。2回目以降のLINEログイン時には認可画面も省略されるため、1タップでLINEログインが出来てしまう。これによりさらなるフォーム離脱率の削減、再訪率のアップが期待できるだろう。

まとめ

このようにLINEログインはユーザーにとっての利便性が高まっており、今後も利用ユーザー数の増加が見込めるだろう。またLINEで特定の会員にOne to Oneのメッセージを配信できるLINEの「Official Web App」を合わせて活用することで売上向上にもつながる。

LINEログインの最新トレンドや事例については先日、2017年2月7日にLINE主催のセミナーに弊社がゲスト登壇した際、LINEログインをはじめとしたソーシャルログインをテーマにご紹介した。LINEセミナーレポートの詳細記事はこちら

お役立ち資料無料公開中

LINEで特定の会員向けに1to1のメッセージを配信できる注目の仕組みとは?

自社のWebサイトとLINEのアカウントを連携して、LINEアプリ上で自社サイトのユーザー獲得やプッシュメッセージ配信ができるLINEの「Official Web App」の仕組みとメリットを解説した資料を無料で配布中!

(執筆:前田)