Feedmaticブログ

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Instagram、ストーリーズでの広告の試験運用の開始を発表。フルスクリーンの広告をInstagramユーザーへ。

f:id:feedmatic:20170116121051p:plain

Instagramは2017年1月11日(米国時間)、Instagram ストーリーズにおける広告の試験運用の開始を発表した。ストーリーズとはInstagramの機能で、日常の写真や動画をスライド形式で投稿し、投稿後24時間で自動的に消えるというもので現在、世界中で毎日1.5億人を超える人々が利用しているという。
また、昨年8月に日本で提供開始したビジネスツール内でInstagramストーリーズの投稿に関するインサイトも閲覧可能になる。

広告の試験運用開始

今回の試験運用では資生堂、ナイキ、ユニリーバの「ダヴ」、ゼネラルモーターズ、Airbnb(エアビーアンドビー)など30を超える広告主が試験運用の開始が決まっている。また今後数週間内にグローバル展開していく予定だという。

ストーリーズの広告

ストーリーズはクリックするとフルスクリーンで表示されるため、視覚的で没入感のある広告を視聴者に届けることができる。
宿泊施設や民宿を貸し出すサイトを運営しているAirbnb(エアービーアンドビー)の広告例をご紹介する。
Airbnbは15秒のストーリーズで外国人が日本の味噌汁作りをしている様子を紹介している。その土地ならではのユニークな魅力的な体験を提供できる、というAirbnbのと魅力を視聴者に届けているのだ。


(動画引用:Instagram for Business)

ストーリーズのインサイト

ストーリーズのインサイトではリーチ数、インプレッション数、返信数などのインサイトを閲覧できるようになる。広告主に限らず、ビジネスプロフィールを利用しているアカウントであれば誰でも閲覧が可能だ。このインサイトを見ることで、フォロワーに関する情報や、どの投稿の反応が良かったかなどをモバイル機器から簡単に確認し、フォロワーの属性や興味・関心を知ることで、より関連性のあるコンテンツを提供することができる。

f:id:feedmatic:20170116110638p:plain

(画像引用:Facebookニュースルーム

まとめ

Instagramは利用者の70%がInstagram上で何らかのビジネスアカウントをフォローしており、最も閲覧されたInstagramストーリーズの投稿のうち、3分の1はビジネスアカウントのものだという。
Instagram はストーリーズは2016年11月のアップデートでアカウントのタグ付けができるメンション機能や外部リンクの挿入が可能になったりと、ビジネス活用の幅を広げてきた。
Instagramストーリーズのアップデート記事詳細はこちら

Instagramストーリーズの広告の導入により、さらにInstagramストーリーズのビジネス活用は盛り上がっていくだろう。

Instagramストーリーズのビジネス活用についての記事はこちら


<参考>

(TOP画像引用:Instagram for Business)

(執筆:前田)