Feedmaticブログ

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Facebookのページインサイトの基本から活用法をご紹介。ページインサイトを使ってオーディエンスを引き付けよう!

f:id:feedmatic:20170110145435p:plain

今や多くの企業が情報発信にFacebookを活用している。広告を出したり、オーディエンスを惹きつけるコンテンツ作りをしたり、と企業のFacebookページはマーケティングに欠かせない存在となっている。
FacebookのページインサイトはFacebookページの運営に欠かせないツールで、いいね!数やリーチの推移、投稿の効果などFacebookページのさまざまなことがわかる。しかしFacebookページのインサイトをうまく使いこなせている方は少ないのではないか。
そこで今回はFacebookページのインサイトの基本から活用方法をわかりやすく解説していく。

ページインサイトとは?

Facebookのページインサイトとは無料で使えるFacebookページの解析ツールで、ターゲット層やページ投稿の効果などを把握したりとさまざまな機能がある。ページのビジネス効果を最大限に引き出し、エンゲージメントを呼び起こすコンテンツを知る上で便利な情報源となる。

ページインサイトでわかること

ページの概要

ページの概要では、過去7日間のページでの重要なアクションをチェックできる。ページでのアクション、ビュー数、いいね!数、リーチ、投稿のエンゲージメントなどを確認でき、1日ごとに棒グラフで表示され、増減がわかりやすく把握できる。

f:id:feedmatic:20170110130359p:plain

いいね!の数

毎日のページへのいいね!の増減数やその発生場所をチェックできる。ここでは合計いいね!数や純いいね!数(新しいいいね!数-いいね!の取り消し数)を知ることができ、これは時間をかけて上昇していくのが望ましいとされる。純いいね!数に急激な上昇や減少が見られる場合には該当する日をクリックし、変化が起きた部分(広告、投稿)を確認するとよい。変化が起きた部分を把握すると、その投稿や広告を詳しく分析して理由を探ることができる。
また、いいね!の発生場所のチェックもでき、いつの広告・投稿にいいね!したのか確認できる。

f:id:feedmatic:20170110130418p:plain

リーチ

いいね!、コメント、シェア数が多い投稿は、さらに多くの人のニュースフィードに表示され目につきやすくなる。投稿が非表示にされたり、ページへのいいね!取り消しにつながった場合はリーチは少なくなる。リーチに上下があった場合は、その日に投稿し
たコンテンツをチェックして数字に与えた影響を確認する。

投稿のパフォーマンス

f:id:feedmatic:20170110135438p:plain

ユーザーの投稿の反応をチェックして、よりオーディエンスが求めるコンテンツを作成する。
時間帯や投稿タイプのパフォーマンスを参考にし、より多くの人に見てもらえるよう投稿してみよう。
公開済みの投稿は公開日時、リーチ、交流度などの順に並べ替えることもでき、一目でどの投稿が一番よかったかがわかる。

f:id:feedmatic:20170110130503p:plain

利用者

ページや投稿にいいね!をしている人や、投稿にコメントしたり、シェアしている人に関する情報をチェックして、ターゲット層について正確な情報を掴める。性別、国、地域、言語別に知ることができ、他のFacebook利用者との比較をしてみよう。

f:id:feedmatic:20170110130530p:plain

ページインサイトの活用法

ターゲットを把握する

ターゲット層を詳しく分析できるインサイトを活用すれば、的確に訴求する広告を作るための手がかりが増える。投稿に関心を持ったユーザーの情報を入手し、その情報に合わせた投稿を作ることでFacebookページは充実する。届けたいユーザーにリーチしない場合はコンテンツに手を加えたり、別のユーザーを引き付けられるように働きかける必要がある。

オーディエンスを増加させる

ページの「いいね!」が増える経路はさまざまだが、それを促進した要因を理解することが成功の鍵となる。ページの「いいね!」の発生場所を把握できると、キャンペーンを最適化する際にどこに注力すべきかがわかる。また、ファン以外にもリーチできた投稿がわかると、どのようなコンテンツがシェアされているのかを把握できる。それと同じタイプの投稿をすれば、シェアによって配信数を増やすことができる。

エンゲージメントを促進させる

積極的に参加するオーディエンスがいるとページの価値が高まり、より多くのユーザーにページが伝わっていく。シェアされた投稿を中心に最もエンゲージメントが多かった投稿のタイプを確認し、タイプが近い投稿を作成すると、オディエンスが積極的に関与、シェアしたくなるコンテンツを提供できる可能性が高まる。

まとめ

FacebookのページインサイトはFacebookページの効果測定にとても役立つ。随時インサイトをチェックし、継続・改善を繰り返すことでFacebookページはより良いものになるだろう。Facebookのページインサイトは企業がマーケティングでFacebookを運営する上で必要不可欠なツールなのだ。ユーザーを引き付けるFacebookページになるよう、ページインサイトをうまく活用していただきたい。

ちなみにFacebookのビジネス活用においてFacebook広告も重要な役割を担っている。Facebook広告について気になる方はこちら

Facebook広告の種類を総まとめし、それぞれのフォーマットの特徴・目的について解説。企業のマーケティングに是非活かしてみてはどうだろうか。

<参考>
Facebook Media - ページインサイトを最大限に活用する
Facebookページインサイトについて | Facebookヘルプセンター
Facebook Media - ページインサイト

(TOP画像引用:Facebook Media)

(執筆:前田)