Feedmaticブログ

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Facebook、Instagram、Messengerの各チャネルの受信箱を1つにまとめ、一括管理するアップデートを発表。

f:id:feedmatic:20161116131033p:plain

Facebookは2016年11月15日(米国時間)、ページマネージャアプリの受信箱をアップデートしFacebook、Instagram、Messengerのアカウントをリンクさせて、各チャネルを1つの受信箱にまとめ、一括管理できるようになった。
今回のアップデートはSNSによって多様化した企業と顧客のコミュニケーションに対し、コスト削減の手助けをしてくれるだろう。

アップデートの背景

以前は企業がFacebook、Instagram、Messenger上での顧客とコンタクトをとる場合、それぞれのチャネルごとに対応する必要があった。Facebookの発表によると今では数百万もの企業がFacebook、Instagram、Messengerを利用して顧客と交流しており、Facebookページ経由だけでも毎月50億件近くのコメントやメッセージが寄せられるという。そんな中、各チャンネルから届く膨大な量のメッセージに素早く対応することは難しい。

アップデートされたページマネージャアプリの受信箱

改良されたページマネージャの受信箱では、Facebookページへのコメント、ビジター投稿、レビュー、メッセージやInstagramのコメントにタップするだけで直接返信ができる。Instagramしか利用していない場合はこれまで通りInstagramアプリでコメントを確認、返信ができる。

f:id:feedmatic:20170414104840g:plain

(画像引用:Facebook for Business)

コミュニケーションのカスタマイズ

ページマネージャアプリの受信箱のアップデートに加え、ユーザーの基本情報を簡単に見ることができる機能も追加した。ユーザーの名前をタップすると、そのユーザーが公開しているプロフィールや、過去の対話履歴などを見ることができるため、その情報に基づいてコミュニケーションをカスタマイズできる。

f:id:feedmatic:20161116131147p:plain

(画像引用:Facebook for Business)

今回のアップデートは今後、数週間をかけて世界中に展開され、近日中にはアプリだけでなくウェブバージョンでも利用できるようになる予定だという。

まとめ

最近、Facebook MessangerのアップデートやTwitter、LINEのメッセージ機能などが話題となっているように顧客と企業のコミュニケーションのあり方が変化してきている。SNSでの顧客との接点が増える一方、企業はその対応に追われている。企業はより効率的な顧客とのコミュニケーションをとることが今求められている。

<参考>

(TOP画像引用:Facebook for Business

(執筆:前田)