Feedmaticブログ

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Facebook、モバイル最適化を重視。機能アップデートで読み込み時間を短縮

f:id:feedmatic:20160513125014p:plain

2016年9月1日、Facebook BusinessにてFacebookはモバイル最適化を支援する意向を示した。

Webページを閲覧している人のうち約40%が読み込みに3秒かかるとページを見るのを諦めてしまうというデータもある通り、Webコンテンツをモバイル端末からの利用に最適化する必要性は益々高っている。

またモバイルに最適化されていないWebサイトはユーザーの利便性を損なうだけでなく、ビジネスにとっても

  • Webサイトの離脱率が高まる。
  • 広告効果の測定が正確にできない。
  • 広告の追跡と最適化が困難になる。

などの悪影響を及ぼす。

そこで今回はFacebookで提供されているモバイルに最適化するためのソリューションを紹介する。

Facebookが提案するモバイル最適化

モバイルの時代に合わせた最適化を行うためのFacebookサービスは多数ある。

Canvas

f:id:feedmatic:20160226144028g:plain

(画像引用:Facebook

Facebook上から作成できる広告フォーマットの1つだ。ニュースフィード上で広告をクリック、タップするとFacebook内でフルスクリーンのリッチメディア広告が表示される。モバイルの小さな画面でも没入間のあるクリエイティブでユーザーからの関心を引き付ける。さらに、他の標準的なWebサイトに比べ10倍近く読み込みの時間が少ないという特徴も持つ。 

Instant Articles

f:id:feedmatic:20160413145059j:plain

(画像引用:Facebook

Instant ArticlesはFacebookアプリ内のニュースフィードにおいて、写真や動画、音声キャプション、地図を含むニュース記事の全てをインタラクティブなコンテンツとして素早く表示できる機能だ。HTML5ドキュメントであり、提供される記事は通常の記事よりも10倍以上速く読み込まれる。特にモバイルでのローディングタイムの改善によるユーザーストレスの改善や、ネットワーク環境に影響された離脱の回避などが期待できる。

Facebook ダイナミック広告

f:id:feedmatic:20160513125014p:plain

(画像引用:Facebook

Facebook上で配信可能な広告フォーマットの1つだ。Facebookのフィード上に、ユーザー1人ひとりに合った「関連性」の高いクリエイティブを自動的に作成し、「関連性」の高いユーザーに配信する動的リターゲティングを実現するという特徴を持つ。端末が小型化したことにより、よりピンポイントでユーザーの欲している情報を届けなければならない背景もあり、最適な広告を最適なユーザーに配信可能なダイナミック広告ではCTR10%を超えるような事例も数多く出ている。

機能アップデートで読み込み時間を短縮

モバイル最適化を重視するFacebookは自身のアプリに新たな機能を導入する。「プリフェッチ機能」と呼ばれるもので、クリックされそうなリンクを事前に予想して先にページ読み込みを済ませておく機能である。通常、リンクをクリックされてからそのページの読み込みが始まるがプリフェッチ機能が導入されていれば、リンクをクリックされる前に読み込みが済んでいるのでクリック後、比較的早くリンク先のページが表示される。Facebookによると読み込み時間が最長29%短縮されるようだ。読み込み時間の短縮の結果として離脱率の低下が期待される。

また広告の入札システムと配信システムに関しても、ユーザーがコンテンツに対して反応しやすいタイミングで最適な広告を表示できるよう改善を続けていくようである。

コンテンツはもちろん、広告配信に関してもモバイルに最適化していく必要がいっそう高まることが予想できる。

<参考>

(TOP画像引用:Facebook

(執筆:太田)