Feedmatic Blog

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

効果の高いGoogle動的リマーケティングを解説。特徴と導入~運用方法まで

f:id:feedmatic:20160706183125p:plain

Googleの広告と聞くとAdWordsでのリスティングやGDNさらにはショッピング広告などがまず思い浮かぶかと思うが、実はCriteoに類似した動的な広告もAdWordsから出稿できる。

1人1人のユーザーに最適化された広告が求められている中で動的なリターゲティング広告は今後より重要なものになってくるだろう。

今回はそんな需要を満たす「Google動的リマーケティング」の魅力と導入プロセスを紹介していく。

目次

  • Google動的リマーケティング、3つの大きな特徴
  • Google動的リマーケティングの仕組み
  • どのような広告が配信されるか
  • 広告の配信先
  • 特にお勧めしたい業種
  • 改めて強みを一言で言うと
  • 配信するのに必要なもの

Google動的リマーケティング、3つの大きな特徴

1. Criteoに類似したリターゲティング型の動的ディスプレイ広告が配信可能

Google動的リマーケティングは図でいうと、右上のカテゴリにあたる広告になる。最近では、Criteo(クリテオ)との併用が進んできている印象だ。

f:id:feedmatic:20160629145815p:plain

2. ユーザーのWeb閲覧履歴などに合わせて、1人1人に合わせたバナーが配信可能

「Google動的リマーケティング広告」は、その名の通り「動的」に「リマーケティング」ができる広告だ。

これもまたCriteo同様の特徴だが、改めて紹介しようと思う。

例えば、あるユーザーが商品ページを閲覧後に離脱したとする。

Google動的リマーケティングではその情報を使って、「見ていた商品」と「関連するお勧めする商品」の画像とともに、その人向け広告を配信する、といったことができるのだ。

バナーから個々の商品詳細ページに直接誘導できるため、高い効果が見込まれる。

 

f:id:feedmatic:20160622182312p:plain

3. 少額からでも出稿可能

実は最低出稿金額はない。また配信停止も管理画面からすぐに行うことが可能だ。

もちろん、ある程度の金額分を出稿しなければ良し悪しの判断も出来ないとは思うが、少額から始められるというということで、商品データを使った広告に初挑戦の方にも安心の広告になっている。

また、基本的にAdWordsの仕組みに乗っかることになるため、これまで使っていたGoogleディスプレイネットワーク(GDN)と同様に、細やかな調整も可能だ。

具体的には1日の上限額設定や入札調整、細かいターゲティング設定などができるようになっている。

Google動的リマーケティングの仕組み

Google動的リマーケティング広告で配信されるバナーは「Googleに提供した商品データ」と「ユーザーがどのページを閲覧したか」といった行動情報から自動的に生成される。商品データが数百件を超えてくる場合など、この自動化はありがたい仕組みになる。

簡単ではあるが図にすると、このようなイメージになる。

f:id:feedmatic:20160622182424p:plain

まずは商品データをGoogleに提供、閲覧情報をGoogleに提供するためのタグを設定する(タグについては後述)。あとは通常のリスティングと同様、AdWords管理画面からキャンペーン設計や入札調整を行うだけだ。

尚、小売業者以外はAdWordsを通じて商品データのアップロードが行えるが、小売業者はGoogleマーチャントセンターに商品データをアップロードしAdWordsと連携させる必要があるという点には注意したい。

どのような広告が配信されるか

Criteoと同様に閲覧した商材と、関連する商材が一緒にレコメンドされる広告が一般的だ。

下記のような形で、実際の求人の画像を差し込んだり、自社ロゴを掲載したりすることが出来る。

f:id:feedmatic:20160629171225p:plain

広告の配信先

Googleディスプレイネットワークと同様の配信先が利用できる。そのため在庫の面を気にする必要は無いと言える。なんといってもGoogleディスプレイネットワークのリーチは世界1位だ。

ちなみにGoogle社のヘルプでは、以下のように紹介されている。

Googleディスプレイ ネットワークでは、ウェブ全体でさまざまな広告フォーマットを駆使してユーザーに広告を表示することができます。このネットワークは200万のウェブサイトで構成されており、インターネットユーザーの90%以上が広告の表示対象になります。ユーザーがお気に入りのウェブサイトを閲覧しているときや、友人にYouTube動画を見せているとき、Gmailをチェックしているとき、モバイルサイトやモバイルアプリを利用しているときを狙って広告を表示できます

特にお勧めしたい業種

商品・商材データを使って広告を配信するため、特に効果があるのは取扱い商品の種類が多い業界だ。

たとえば、

  • 人材業界
  • 不動産業界
  • 旅行業界
  • EC・通販業界

などで多く活用されている。

Google動的リマーケティングの強み

繰り返しにはなるが、下記3点に集約されると思われる。

  • 慣れたAdWordsで、少額出稿から手軽に始められる
  • 一人一人に合わせたバナー広告を手間なく配信できる
  • バナーから商品詳細ページに直接誘導できてCV効果が高い

配信するのに必要なもの

Google動的リマーケティング広告を出稿するまでに必要な準備物だが、出稿~その後の運用までを考慮して、以下の3つが必要と考えられる。

  • 商品データのリスト(=データフィード)の用意
  • データフィードの運用ツールやサービス(商品データの更新などを楽にするため)
  • Google社から提供されるタグの自社Webサイトへの設置

まず1つ目は、なんといってもすべての基本となる商品データの用意だ。

自社で取り扱っている商品の、商品名や価格、画像、カテゴリーなどをリストしたものになる。自社システムからCSV等の形式で抽出して用意されることが多いようだ

2つ目は、上記商品データをGoogle動的リマーケティング広告用フォーマットに変換して提供するためのツールやサービスだ。この「商品データ」を「Google社等の広告配信先」に合わせて提供する際の仕組みのことを「データフィード」と呼ぶ。

f:id:feedmatic:20160622182928p:plain

もちろん自社でこの仕組み全てを用意するケースもあるようだが、一般的にはデータフィード構築・運用のためのサービスが利用されている。

主な理由としては自社内のリソースだけで下記のようなデータフィードの改修を迅速に行うことが困難である点が考えらえる。

具体的には

  • Google動的リマーケティング広告用の仕様変更に対応するのが難しい
  • 広告効果を高めるための運用改善(商品データに列追加など)を継続的に実施できない

といった理由だ。

ちなみに業種ごとに、このデータフィードのフォーマットが異なるため多少の注意が必要である。

Google社のヘルプにも説明があるが、よくわからない場合はデータフィード構築運用サービスの提供元に問い合わせてしまうのが早いこともある。

最後、3点目はユーザーのWebサイト閲覧状況を把握するためのタグ(AdWords管理画面から取得できる)の設置だ。こちらはGoogleタグマネージャーなどを利用しているのであれば、それほど負荷なく進められるだろう。

まとめ

これで簡単ではあるがGoogle動的リマーケティング(GDR)広告の特徴や、導入時に必要な準備物について一通り紹介した。

多量の商品データを保有している企業であれば、まずは試してみる!と言う形でも損はないと思う。

しかし「出稿しておしまい」ではなく、継続的な改善が必要になるのは他の広告と同じだ。ぜひ運用、そして最適化までの計画も頭に入れつつチャレンジしてもらいたい。

<参照>

(執筆:太田)

おまけ:Google動的リマーケティング運用時の必須アイテム
データフィード構築・運用サービス「DF PLUS」

弊社では、Google動的リマーケティング広告配信時に必要となるデータフィード構築・最適化サービスを提供しております。単なるGoogle動的リマーケティング広告用フォーマットへの変換だけではなく、豊富な実績・ノウハウを活かし、広告効果を高めるデータフィード設計でご支援させて頂きます。

また、DF PLUSをご利用頂くと、一度作成したデータフィード(商品データを提供する仕組み)を他の広告に転用することも容易に行えます。

例えば、Google動的リマーケティング用に作ったデータフィードを、Criteo(クリテオ)やKANADE DSP用にも活用する、といったことが可能になります。今後の広告戦略を検討される際には、ぜひご参考ください。

詳細のご確認、サービス概要、実績など、ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください