Feedmaticブログ

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Twitter、140文字制限を緩和。写真や引用URL、返信時の”@ユーザー名”は文字数にカウントせず

f:id:feedmatic:20160526115602p:plain

Twitterは、2016年5月24日(現地時間)140文字カウントに関連するルールなどの仕様変更について発表した。

今回の変更によって、140文字のカウントに関するルールが緩和され、今後ツイートへ添付される写真、GIF画像、動画、投票、引用ツイート文、ツイートへの返信時に冒頭に表示されていた”@ユーザー名”が140文字にカウントされないことになる。

 また、その他にも”@ユーザー名”で始まるツイートが通常のツイートと同じように自分のフォロワーに表示される、自分のツイートについてもリツイート、引用可能になるなどの変更が行われる。

今回の変更点は以下の通りで今後数ヶ月のうちに順次行われるとのことだ。

  • 140文字カウントから除外されるもの
    • 添付:写真・動画・GIF画像・投票
    • 返信時にツイート冒頭に表示されていた”@ユーザー名”
  • 自分のツイートをリツイート・引用可能に
  • ”@ユーザー名”で始まるツイートはすべてのフォロワーに表示(これまでは宛先のユーザーと宛先と自分の両方をフォローしているユーザーにのみ表示されていた)

かねてよりTwitterの文字制限については 1万文字に拡張されるのでは?など、さまざまな噂を耳にしてきた。140文字のテキストだけでスタートしたTwitterが、写真や動画、ハッシュタグ、Vineなども使えるようになり、140文字という制限が厳しいものとなってきたことが背景にある。

今回の仕様変更は、あくまでもTwitterの特徴である「140文字」というルールを守りつつ、純粋なテキストメッセージに「140文字」が利用できるようになったということだろう。

https://g.twimg.com/blog/blog/image/b140_JAP_02.gif
(画像引用:Twitter

<参考>

(執筆:松元)