Feedmatic Blog

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Twitter、広告管理画面から「キャンペーン」「広告グループ」「クリエイティブ」の3階層での管理が可能に

f:id:feedmatic:20160420125333p:plain

2016年4月18日(現地時間)Twitterは広告管理画面からセルフサーブで管理可能な広告の構成として新たに「広告グループ」を追加した。

 

これまで「広告グループ」はAPI経由でのみ利用可能であったため、広告管理画面でのTwitter広告は「キャンペーン」と「ツイート」の2つの階層で構成されていた。

今後は、新たに「広告グループ」を加え、「キャンペーン」「広告グループ」「ツイート」の3つの階層で構成されることになる。

https://g.twimg.com/blog/blog/image/adgroup-01_0.gif

(画像引用元:Twitter


尚、すでにAPI経由で広告グループを利用している場合は、広告管理画面においても「広告グループ」のパフォーマンスの確認等ができるようだ。

Twitter広告の3階層

  • キャンペーン目的ごと(例えば、サイトの訪問数を増やす、フォロワーを増やすetc.)に作成。キャンペーンは複数の広告グループで構成される。
  • 広告グループ予算・スケジュール・オーディエンス・入札タイプ・クリエイティブタイプを設定。広告グループは複数のクリエイティブで構成される。
  • クリエイティブツイート

これは、同じくセルフサーブ形式での広告出稿が可能なFacebook広告と同じ構成であり、広告管理画面から広告グループ単位で管理・最適化・パフォーマンスの測定などを効率よく行うことが可能となる。

また、広告グループの中で、もっともパフォーマンスが高いツイートが自動的に多く配信されるとのことだ。

 

<参考>

(執筆:松元)