読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Feedmaticブログ

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

2020年にはモバイル広告費の63.2%がネイティブ広告に―Facebookオーディエンスネットワーク調査結果

Facebook Facebook-オーディエンスネットワーク

f:id:feedmatic:20160411162159j:plain

2016年4月5日、Facebookオーディエンスネットワークは「2020年にモバイル広告費の63.2%がネイティブ広告になる」という調査結果を報告した。

 

この調査結果はFacebookオーディエンスネットワークの委託、グローバルビジネスアナリストIHS Technology社の監修により作成されたものだ。ヨーロッパ、アジア太平洋、アメリカなど25カ国の主要なパブリッシャー、アプリ・ゲーム開発者、事業者団体、代理店、音楽業界、ネットワーク及びテクニカルベンダーのインタビューを基に監修されている。

この調査結果によると、ネイティブ広告は驚くべき勢いで成長を遂げており、モバイル広告戦略で成功を収めているマーケターはすでにネイティブ広告への移行を行っていると伝えている。調査結果の概要は以下の通りだ。

  • 2020年には、すべてのモバイルディスプレイ広告費のほぼ2/3(63.2%)がネイティブ広告になり、その額は53億ドルにものぼる。
  • 例えばFacebookやInstagramなど、いわゆるファーストパーティのアプリ内のネイティブ広告は引き続き、モバイルにおけるネイティブ広告の大きな収益ドライバーであり続ける一方、Facebookオーディエンスネットワークのようなサードパーティによるアプリ内ネイティブ広告は急速に発展するであろう。サードパーティは年率70.7%の成長が期待され、2020年にはすべてのモバイルディスプレイ広告(8.9億ドル)の10.6%を占める。この傾向はFacebookにみられるように、Facebookのオーディエンスネットワークにおけるネイティブ広告を利用したアプリのパーセンテージは2015年Q1から10倍にも成長しており、ネットワーク全体の83%を占めているとのこと。現在ではオーディエンスネットワーク内のアプリの50%以上がネイティブ広告を利用している。
  • ネイティブ広告が標準的なバナー広告と比較して、20-60%以上の消費者とのエンゲージメントを獲得している。
  • ネイティブ広告は、ユーザーの解約や広告疲労につながる可能性が低く、高いリテンション率(3倍以上)、eCPMs 、クリックスルーレートを獲得している。
  • より多くのトラフィックがモバイルへと移行するにつれ、より多くの広告主が広告予算をネイティブ広告へとシフトすることが予想される。

これらの調査結果は The Future of Mobile Advertising(PDF)  及びインフォグラフィック(Native Advertising Will Be the Majority of Mobile by 2020 Infographic)で確認可能だ。

<参考>

[2016年4月21日追記:お詫びと訂正]
最初に公開した時点では、記事タイトルおよび本文において「2020年にはモバイル広告の75.9%がネイティブ広告になる」と誤った内容を表記しておりました。正しくは「2020年にはデジタル広告費の75.9%がモバイル広告費となり、モバイル広告費の63.2%がネイティブ広告になる」となります。訂正してお詫び申し上げます。

(執筆:松元)