Feedmaticブログ

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Facebook Live、ライブ動画をより身近に-新設される「ビデオタブ」から撮影、シェア、検索が容易に

f:id:feedmatic:20160407124253j:plain

2016年4月6日、FacebookはFacebook Liveに関する大規模なアップデートを発表した。今回のアップデートにより、現在、Facebookアプリ画面下の真ん中「メッセンジャー」のタブが配置されている場所に「ビデオタブ」が配置され、この「ビデオタブ」からライブ動画の撮影やシェア、検索ができるようになるなど、よりライブ動画を身近に利用することが可能になる。

 


また、2015年8月に著名人による Facebook Mentions を通してのライブ配信がローンチされて以降、Facebook Live によるライブブロードキャストの配信はUSのiOS及びAndroidアプリに限定されているなど、一部ユーザーのみの機能であったが今回のリリースにより誰もがライブビデオを公開することが可能になった。

f:id:feedmatic:20160407123538j:plain

加えて、今回のライブビデオに関するアップデートの概要は以下の通りだ。

  • 【グループやFacebookイベントでライブビデオの配信】
    Facebook Groups や Facebook Events を利用して家族や友達、趣味などのコミュニティに対してライブビデオの配信ができる。
  • 【ライブリアクション、コメント機能、フィルター機能】
    「いいね!(Like)」、「超いいね(Love)」、「うけるね(Haha)」、「すごいね(Wow)」、「悲しいね(Sad)」、「ひどいね(Angry)」のリアクションアイコンを配信中のライブ動画にリアルタイムに表示することができる。また、ライブ視聴時にリアルタイムでコメントの書き込みができる等インタラクティブに楽しむことができる。さらにフィルター機能が用意され、よりパーソナライズされた方法でライブ動画を楽しむことができる。
  • 【LIVEをともに視聴することを促す招待機能(招待アイコン)】
    友達とともに視聴可能なようにライブ動画への招待をするオプションが追加される。
  • 【Facebook Live Map】
    ライブ放映をしているユーザーのマップ(デスクトップのみ)
  • 【Live Videoの測定に関するアップデート】
    ライブ視聴中のユニークユーザー数、放映の各時点における視聴者数を測定

Facebookは、先月2016年3月にも「ライブビデオ」の投稿を優先的にニュースフィードの上位に表示させるというアップデート( News Feed FYI: Taking into Account Live Video When Ranking Feed | Facebook Newsroom (英語))を行うなど、ライブビデオのプロモーションに力をいれていることが伺い知れる。

尚、今回のアップデートは今後数週間の間にiOS及びAndroidにおいて順次、公開される予定だ。

今後もFacebook Liveに加え、Twitter傘下のPeriscope等、ソーシャルメディアにおけるライブ動画の配信に関する動向に注目したい。

 

<参考>

(執筆:松元)