読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Feedmaticブログ

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Twitter、ユニバーサルウェブサイトタグをリリース~コンバージョントラッキング、リマーケティングキャンペーンを容易に

f:id:feedmatic:20160331133254j:plain

Twitter社は2016年03月30日(米国時間)、ユーザーがTwitter広告を見た後にとった行動をトラッキングする”コンバージョントラッキング ”や、最近ウェブサイトにアクセスして製品に興味を示したユーザーにリーチするといった”リマーケティング”を容易にするツールとして、新たにユニバーサルウェブサイトタグをリリースした。

 

ユニバーサルウェブサイトタグとは

実装とメンテナンスが容易に

これまでTwitterではユーザーがコンバージョントラッキング(※1)やリマーケティングに利用するテイラードオーディエンス(※2)を作成する際、”単一イベントウェブサイトタグ”を利用しており、サイト訪問、購入、ダウンロード等トラッキングしたコンバージョンイベント毎に、そして作成するテイラードオーディエンス毎に、それぞれ異なるタグを作成し、各ページに複数のタグを配置する必要があった。

今回リリースされたユニバーサルウェブサイトタグ1つのタグのみで、これらが可能となるため、実装及びメンテナンスが容易になる。

また、新たにトラッキングしたいコンバージョンを増やしたり、テイラードオーディエンスキャンペーンを作成したりする場合も、1度作成したユニバーサルウェブサイトタグを利用することができるため、キャンペーンの拡張性にもフレキシブルに対応可能だ。

この他にもユニバーサルコンバージョンタグを利用することによる利点として以下を紹介している。

  • 作成可能なテイラードオーディエンス数が従来の25から200に拡張。
  • JavaScriptでコーディングされたメールの登録やフォームの送信などのページ以外の特定イベントのコンバージョントラッキングも可能。

現在、Twitterでのウェブサイトタグは従来の”単一イベントウェブサイトタグ”と今回リリースされた”ユニバーサルウェブサイトタグ”(推奨)の2つのタイプが利用できるようだ。(参考:Conversion tracking for websites | Twitter for Business

 

※1コンバージョントラッキングとは?
Twitterでユーザーがプロモ商品を表示したり、エンゲージメントを行った後の行動(例えば、サイト訪問・購入・ダウンロード・新規登録他)を追跡することで、ROIを測定することが可能となる。「ウェブサイトタグ」といわれるコードスニペットをコンバージョンイベントに対応するウェブサイトのページに追加することでトラッキングを行う。 

※2テイラードオーディエンスとは?(詳細は:テイラードオーディエンス | Twitter for Business))
Twitterの特定のユーザーグループをターゲティングする等、効果的なリマーケティングを可能とするターゲティング手法。

  • オーディエンスリスト:顧客の電子メールアドレス等自社の顧客リスト(CRMリスト)や、Twitterユーザー名 (@ユーザー名) を使って関連する分野で影響力のあるユーザーをターゲティング
  • ウェブサイト訪問者:ウェブサイトに最近アクセスした人たち(コンバージョントラッキングで収集)をターゲティング
  • モバイルアプリのユーザー:アプリでインストールや登録などの特定の操作を行った人たちや、最近アプリを使用していない人たち(コンバージョントラッキングで収集)をターゲティング

 

Twitterの公式ブログではオンラインジュエリーショップでのユニバーサルウェブサイトタグ導入例が紹介されている。

  • このショップでは新しいユニバーサルウェブサイトタグをインストールし、このただ1つのタグで、サイト訪問者数をトラッキング、そして、購入確認ページにリーチした人をトラッキングするという2つのコンバージョンイベントを作成。
  • 加えて、これまでにオンラインショップサイトにおいてジュエリーを見た人、さらに詳細に指輪を見た人をターゲティングするテイラードオーディエンスを追加作成する際もまた、このユニバーサルウェブサイトタグを利用している。

リリースにあたり、Twitter社はこれまで数ヶ月に渡りベータテストを実施し、ユニバーサルウェブサイトタグがいかに広告主のフレキシビリティと簡易性をもたらすか、正確なターゲティング及び高度な測定戦略を有効にするかについてヒアリングを行ったという。

With the upgraded Twitter website tag we have gained speed, ease, and simplicity when creating campaigns. It helps us to better understand our campaigns and provides better retargeting/remarketing campaigns with more granular audiences. Now we can track our entire domain and segment our remarketing audiences based on the offers with the most interest.” - Toni Conde氏, マーケティングオンラインエグゼクティブ, Bahia Principe社

 Twitterウェブサイトタグのアップグレードによって、キャンペーン作成の際のスピードがアップし簡単にかつ平易になった。また、運用しているキャンペーンをより把握しやすくなったことにより、よりよいリターゲティング/リマーケティングキャンペーンを提供することが可能となった。ドメイン全体のトラッキングと、関心を基にしたリマーケティングオーディエンスのセグメントが可能になったのだ。

 

ユーザーのプライバシー設定について

Twitterはテイラードオーディエンスを利用し、より有効なキャンペーンを普及させる一方で、ユーザーのプライバシーについても考慮している。ユーザーは「Do Not Track (トラッキング拒否)」のチェックボックスをオフにすることによりテイラードオーディエンスから除外することが可能となっている。

参考:Your privacy controls for tailored ads | Twitter Help Center

 

ユニバーサルウェブサイトタグを利用するには

この新しいユニバーサルウェブサイトタグをスタートするには広告管理画面にアクセスし、「ツールタブ」―「コンバージョン」を選択することで利用できる。

ユニバーサルウェブサイトタグは現在、Twitter広告管理画面から全世界のすべての広告主が利用可能で、また、APIアクセスについても今後数週間ののうちに順次公開される予定だ。

<参考>

(執筆:松元)