読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Feedmaticブログ

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Instagram、動画撮影・再生時間を最大60秒に。iOSには複数動画のまとめ編集機能搭載

f:id:feedmatic:20160401125025j:plain

 

Instagramは2016年3月29日(米国時間)、動画の撮影時間・再生時間を従来の15秒から最大60秒に拡大し、同日から今後数ヶ月の間に全世界において順次利用可能になることを発表した。

また、iOS版では、カメラロールから複数の動画を選択し、ひとつの動画にまとめる編集機能も搭載される。こちらはiTunes StoreのApp Storeにて、Instagram アプリiOS 7.19版として今週中にダウンロードが可能となる。

Instagramによると過去半年で動画再生時間は40%以上増加したという。

Instagram は、これまでにも、”楽しく、自由で、クリエイティブな動画コンテンツを制作・閲覧する機会の提供をしていくという取り組み”の一環として、「ハイパーラプス」や「ブーメラン」を発表してきた。

  • ハイパーラプス:例えば花が咲く様子、流れる雲、日の出や日の入り、あるいは街中の動きなど、長時間にわたる景色の変化を短時間の映像に凝縮する”タイムラプス動画”を簡単に作成できる単独アプリ
  • ブーメラン:写真を連続撮影し、それらをつないで高品質ミニ動画に仕上げ、順送り・逆送りで再生することができるアプリ。縦長・横長フォーマットで撮影して、インスタグラムでシェアすることができる

今後も動画に関するアップデートを随時発表するとしている。

------------------------------------------------------

すでにレアル・マドリード(@realmadrid)や、人気洋楽アーティストのセレーナ・ゴメス(@selenagomez)などがすでに60秒の動画を活用しているようだ。

 

🇧🇷👟💥⚽️ #RMCity What a shot, @casemiro_oficial! ¡Qué tiro, @casemiro_oficial! #HalaMadrid

Real Madrid C.F.さん(@realmadrid)が投稿した動画 -

 

<参考>

Instagramをマーケティングに活かす方法

カルーセル広告でMAX60秒の動画をマーケティングに活かす

オリジナリティあふれる写真や画像で独自の世界観を表現するInstargam。
そのInstagram広告のカルーセル広告に動画を組み込むことが可能になり、ますます柔軟に、ユニークなストーリー展開が可能となりました。

カルーセル広告とは複数枚の画像の組み合わせを広告ユニットとして表示する形式の広告で、横にスワイプして、一連の画像をみることができます。また、画像ごとに設置できる”購入する””予約する””詳しくみる”などの「call to actionボタン」も目的に合わせて使用することができます。

単一の画像と比較して、広告効果が高いとされているカルーセル広告に、さらに動画を組み込むことにより、より柔軟に独自のストーリーを展開することができます。
例えば、Disneyは映画「Alice: Through the Looking Glass」の公開に伴い、カルーセル形式の動画広告を作成し、Facebookのターゲティングを活かし、13歳~24歳のまでのディズニーファンの女性に対してリーチしました。
動画を活かして表現した映画のカットで興味を引き付け、なおかつcall to actionボタンの設置により広告に付随したボタン「予約する」をクリックすることでチケット購入ページに遷移するといったカルーセル広告は非常にオリジナリティあふれた広告でした。

f:id:feedmatic:20161017153003p:plain
(画像引用:Instagram

Instagramにダイナミック広告(動的リターゲティング広告)を配信

すでにFacebookで高い効果をあげているダイナミック広告を、2016年5月よりInstagramに配信することができるようになりました。

ダイナミック広告とはFacebookのニュースフィードに配信可能な動的リターゲティング広告で、「製品カタログ」と言われる製品リストを元に、ターゲットに「関連性」の高い製品(例えば、ユーザーが以前、閲覧した製品、カートに追加したが購入には至らなかった製品、購入済みの製品の関連製品等)を自動的に抽出し、クロスデバイスで「自動生成・配信」する広告フォーマットで、特にECや小売業、不動産、人材など製品数、商材数が多い企業において効果をあげています。

投稿内容に購買意欲を刺激されてなんらかの行動をとるなど、ユーザーの購買行動に影響があるとされるInstagram。

そのInstagram内にダイナミック広告、つまり、「関連性」の高い動的リターゲティング広告を配信することができます。いくつかの重要ポイントはありますが、基本はその他のFacebook広告同様にセルフサーブ形式での出稿が可能となっています。

f:id:feedmatic:20161017153307j:plain
(画像引用:Instagram

もっとFacebook ダイナミック広告を知りたい時に…

f:id:feedmatic:20160614184945p:plain

Facebookダイナミック広告の特徴から出稿の手順、効果を高める上で大切なポイントなど、基本だけれど大事な要点をまとめた資料を無料で公開中です!

以下よりダウンロードいただけますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてください。

(執筆:松元)

(編集メモ:2016年10月17日に加筆)