読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Feedmaticブログ

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Facebook、「Instant Articles」向けのWordPressプラグインを開発

Facebook Facebook-Instant Articles

f:id:feedmatic:20160309141525j:plain

FacebookのエンジニアリングパートナーであるChris Ackermann氏は2016/03/07(米国時間)ブログにて、FacebookはWordpressからのInstant Articlesの公開プロセスを簡素化するためのプラグインの開発に、WordPress.com VIPの親会社であるAutomatticと提携したことを明らかにした。
さらにはInstant ArticlesのためのWordPressのプラグイン「WordPress Plugin for Instant Articles」を記事の中で紹介している。

<WordPress Plugin for Instant Articlesとは?>

Facebookによると、オープンソースのパブリッシングプラットフォームであるWordPressは約25%以上のWebサイトで使用されているとのこと。

WordPressにプラグインを追加することで、Instant Articlesフォーマットにあわせてモバイルに最適化された記事を作成することができる。
つまり、パブリッシャ―のスキル格差に影響されず、誰でもWordPress経由で Facebookで高速読み込み可能なモバイルに最適化された インタラクティブ記事、Instant Articlesを作成できることとなる。

これまでFacebookはInstant Articlesフォーマットに対応するためのシームレスな方法として少数のパブリッシャーたちとWordPress上でプラグインのベータテストを行ってきたとのこと。

記事の中では、このプラグインを利用して作成した以下のInstant Articlesを紹介している。

  • Foreign Policy article:画像を取り入れた事例でタップまたはスマートフォンを傾けることにより、画像をフルスクリーンで表示
  • Zap2it article:オートプレイの埋め込み動画の事例

 

<オープンソースである>

記事の中で、このプラグインはオープンソースであり、Facebookは、あらゆるパブリッシャーがInstant Articlesの高速なネイティブ体験ができるようコミュニティが開発に参加し、貢献することを期待し、今後数週間の間も引き続き開発者コミュニティとともに協力していきたいと述べている。

このプラグインはGithubのGitHub - Automattic/facebook-instant-articles-wpで確認、インストールが可能で、FacebookはこのGithubを通して、フィードバックやリクエストを求めている。

 

<Googleの対応>

一方でGoogleとTwitterが共同で立ち上げたオープンソースプロジェクトAMP(Accelerated Mobile Pages)も同様に、モバイル向けに最適化し、高速表示を実現するコンテンツを作成できるフレームワークだ。

GitHub のレポジトリで最新版の実装や提案中の機能を確認可能となっている。
こちらもWordPressによるAMP対応プラグインの開発が始まっており、Automattic社の
GithubアカウントでAMP対応のWordPressのpluginを公開している。


にわかにInstantArticles周辺が、あわただしくなってきた。
今後も引き続き注目し、このブログでも随時、紹介していきたい。


参考:

(執筆:松元)