Feedmatic Blog

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Facebookダイナミック広告がInstagramへ配信できること、ご存知ですか?~Instagramダイナミック広告の概要から出稿のポイントまで

Facebookダイナミック広告がInstagramへ配信できること、ご存知ですか?

突然ですが、Facebookダイナミック広告がInstagramへ配信できることをご存知でしょうか?

Facebookダイナミック広告とは多くの商品の中から、ユーザー一人ひとりに合った関連性の高い商品をFacebookのエンジンが自動でピックアップし、動的広告として自動生成される広告です。

製品カタログといわれる製品情報をアップロードしてキャンペーンを設定することで、最新の価格や在庫情報と連動した広告を自動で配信することができるため、ECや小売業、不動産業、求人、旅行業界など複数の商材を抱える企業において効果をあげています。

このFacebookダイナミック広告がFacebookだけでなくInstagram、Audience Networkへも配信できることは意外と知られていません。

中でも若年層や女性に人気があり、ユーザーの購買行動に影響を及ぼすとされているInstagramへのFacebookダイナミック広告の配信はFacebookのニュースフィード同様、効果が期待できるでしょう。

続きを読む

Facebook業界別ダイナミック広告(旅行・小売・不動産)の特徴と事例!

f:id:feedmatic:20171011142340p:plain

今では多くの業界で取り組まれるようになったFacebookダイナミック広告。最近は、旅行・小売・不動産の各業界向けに特化したダイナミック広告も登場しました。その3種類のダイナミック広告の特徴や事例をご紹介します。

続きを読む

LINEで実現するカスタマーサポート〜チャットBotやID連携の活用メリットと事例、LINE@で実現する方法〜

f:id:feedmatic:20171011102557j:plain

カスタマーサポートをしている企業のみなさんは、従来のカスターサポートの方法に課題を持っていないでしょうか?

  • 自社サイトにFAQを掲載しているにも関わらず、同じ質問に対応することが多い
  • 顧客からの質問に24時間体制で対応したい
  • 限られたオペレーター数で、顧客からの電話やメールに対応することが大変
  • 電話やメールよりも、ユーザーが手軽に問い合わせできる手段がほしい
続きを読む

Facebookのコレクション広告にライフスタイルレイアウトテンプレートがリリース~画像内にタグ付けされた商品から購入が可能に

f:id:feedmatic:20170925115840p:plain

2017年9月21日(現地時間)、Facebookはコレクション広告用に利用可能なCanvasフォーマットのテンプレート、「ライフスタイルレイアウトテンプレート(The Lifestyle Layout template)」をリリ―スしました。

ライフスタイルレイアウトテンプレートは、コレクション広告で利用できるテンプレートです。このテンプレートを利用して作成されたコレクション広告をクリックするとフルスクリーンのCanvasフォーマットを活かしたカタログのような見た目の画像に遷移します。

この画像内に表示されている商品はタグ付けされ、それらの各商品から購入に誘導することが可能です。

続きを読む

Instagramストーリーズ広告がCanvasのフォーマットに対応。配信の最適化によりFacebookやInstagramなどへの自動配信も

Instagramストーリーズ広告がCanvasのフォーマットに対応。配信の最適化によりFacebookやInstagramなどへの自動配信も

2017年9月12日(現地時間)、FacebookはInstagramストーリーズ広告(以下ストーリーズ広告)の以下3つのアップデートを発表しました。

  1. 「キャンバス(Canvas)」のフォーマットが利用可能に
  2. オーガニック投稿をストーリーズ広告に再利用
  3. 配信先の最適化(Placement Optimization)
続きを読む

LINEのID連携で実現できる「LINE活用施策マップ」を作ってみた

f:id:feedmatic:20170913162744p:plain

2016年3月、LINEのビジネスプラットフォームのオープン化戦略が発表されました。以降、LINEを活用した企業と顧客のOne to Oneコミュニケーションは、様々な事業規模のビジネスにとって活用機会の幅が大きく広がってきました。

具体的に、活用機会が広がった背景にあるのは以下の3つです。

続きを読む

LINEのID連携で実現する実店舗連動・O2O施策とは~LINE Beacon、バーコード会員証、eチケット発券活用事例

LINEのID連携で実現する実店舗連動・O2O施策とは~LINE Beacon、バーコード会員証、eチケット発券活用事例

O2O(Online 2 Offline)とは、オンラインでのユーザー行動を実店舗(オフライン)での集客や購買行動につなげたり、オフラインで集客した後、引き続きオンラインでの購買に繋げるといったオフライン・オンラインの異なるチャネル間を連携させた施策のことで、主に実店舗とECとを併せて運営している小売事業者を中心に注目されています。

このO2O施策の領域においてもLINE BeaconやLINEアプリを利用したポイントカード(会員証)などLINEを活用したO2Oの可能性も広がってきています。

LINEを活用したO2O施策の強みは、ID連携によりLINEアカウントを起点にオンライン・オフラインの異なるチャネル間で連動したOne to Oneの精度の高いコミュニケーションを取ることができる点です。

今回は、LINEのID連携で実現するO2O施策の事例を紹介しながら、IDベースのマーケティングの重要性についてご紹介します。

続きを読む