Feedmatic Blog

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Facebook広告のA/Bテスト(スプリットテスト)機能がグローバルで利用可能に

f:id:feedmatic:20170329124424j:plain

2017年3月24日(現地時間)Facebookは、複数の広告セットを作成しそれらを互いにテストすることでどの戦略が最適な結果を生み出すのかを確認できるA/Bテスト(スプリットテスト)の機能をグローバルで順次利用可能になることを発表しました。

A/Bテストが簡単に実施できれば、その結果に応じて広告戦略の調整や次回のキャンペーンを設計する際に役立てることができます。

続きを読む

LINEログインにみるソーシャルログインを軸としたOne to Oneコミュニケーションの実現(ID連携率向上からチャットBOTまで)

f:id:feedmatic:20170327130007p:plain

前回の記事 では、ソーシャルログイン導入時に押さえておきたいポイントや、いざ導入の段階で躓いてしまいがちなポイントなど現場でよく見聞きする声を踏まえてご紹介しました。また、その中で、UX・UIの重要性についても少しだけ触れました。

ソーシャルログインは、ユーザーが目的を達成するために利用されます。

例えば、Yahoo!で検索をしている際、リスティング広告の商品を購入するためにクリックしてランディングページから会員登録を行うケース、Facebookのタイムラインでシェアされた旅行の記事を見てサイトに訪れ、宿泊の申込をするためにログインをするケースなど利用状況は様々です。そうした様々なケースにおいて、ソーシャルログインは何よりユーザーにとって便利なものであるべきだと思います。

今回は、ソーシャルログインが、単に自社サイト・アプリのユーザビリティの向上というメリットをもたらすだけでなく、ソーシャルログインを軸とした他のメディア・プラットフォームとの連携といった新たな流れを踏まえながら、企業としてどんな事を意識する必要があるのか?そのポイントとなる考えを、注目の集まるLINEログインに関連してご紹介したいと思います。

続きを読む

Facebook、新広告フォーマット「コレクション」をリリース~動画などメインビジュアルと関連する複数商品画像の組み合わせで購買を促進

f:id:feedmatic:20170324100525p:plain

2017年3月24日(現地時間)Facebookはモバイルに特化した新しい広告フォーマットコレクション広告のリリースを発表しました。

コレクション広告とは目を引くメインビジュアル(動画・スライドショー・静止画)と、その下に関連する商品画像4枚が並んだ状態で配信される広告フォーマットです。広告がタップされると高速表示のフルスクリーン画面に切り替わります。

目を引くビジュアルで商品との出会いを促し、関連性の高い商品の一覧で購入を促すことができるため、特に小売業界やEC業界において有効な広告フォーマットになります。

続きを読む

Instagram、広告主100万人突破-年内にはビジネスプロフィールから予約機能をリリース予定

f:id:feedmatic:20170323125644j:plain

2017年3月22日(現地時間)、Instagramは全世界の広告主が100万人を超えたことを発表しました。また、ビジネスとユーザーとの繋がりを深めるツールである”ビジネスプロフィール”から直接サービスを予約できる機能を年内導入予定であることも併せて発表しました。

ユーザー数、広告主ともに拡大を続ける中、さまざまなツールや機能がリリースされInstagramのビジネス活用の幅はますます拡大しています。

続きを読む

Instant Articles(インスタント記事)、アップデートで広告主とメディア、両方の収益化へ。

FacebookはInstant Articles(インスタント記事)の収益化に関する一連のアップデートを発表

2017年3月9日、FacebookはInstant Articles(インスタント記事)の収益化に関する一連のアップデートを発表した。これによりサイト運営者は手動で広告を配置したり、広告を記事内に多く表示させることができるようになる。

今回はInstant Articlesとは?から、アップデート内容、実際にInstant Articlesを導入した企業の実例をご紹介する。

続きを読む

ソーシャルログイン導入の現場から学ぶ~導入時押さえておきたいポイントと躓きがちなポイントとは

ソーシャルログインイメージ画像

Facebook、Twitter、LINE、Yahoo! JAPANなど各プラットフォームのアカウント情報を利用して、サイトに簡単に会員登録・ログインができる機能である「ソーシャルログイン」。
これまでにソーシャルログインの導入を「検討したことはある」という担当者は多いのではないでしょうか?

”会員登録・ログインにおける自社サイト来訪ユーザーの手間を省き、スマホや様々なデバイスにおけるユーザビリティを向上させることによってサイト内での離脱率の改善、ログイン率、コンバージョン率をUPする。” といったマーケティング視点でのメリットは理解しつつも、いざ実装となるとシステム開発とも深く関係し、開発面の対応コストが大きいことから検討を見送ってきたというケースも多くあるかと思います。実際、弊社でも「マーケティング施策としてはずっと検討しているんだけど、中々導入までのスピード感が上がらなくて…」という声をよくお聞きします。

最近では、ソーシャルログインは単に自社サイト・アプリのユーザビリティの向上というメリットだけでなく、LINEのOfficial Web App(OWA)にみられるようなソーシャルログインを軸とした他のメディア・プラットフォームとの連携という新しいマーケティングの可能性という観点からも熱い注目が集まっています。

今回は、ソーシャルログイン導入に押さえておきたいポイントや、いざ導入の段階で躓いてしまいがちなポイントなど、ソーシャルPLUSというASPサービスを提供しさまざまな企業サイトにおいてソーシャルログイン導入の支援を行ってきた弊社ならではの等身大のお話をご紹介できればと思います。

続きを読む

Facebook、ビジネスマネージャからAtlasを活用し、「人ベース」かつ「クロスデバイス」に対応した効果測定を。

FacebookはAtlasで提供されてきた人べースの効果測定をFacebookのビジネスマネージャから利用できるようになると発表

2017年3月8日、FacebookはAtlasで提供されてきた人べースの効果測定をFacebookのビジネスマネージャから利用できるようになると発表した。これによりFacebook、Instagram、Audience Networkはもちろん、その他のパブリッシャーも含めてキャンペーンの効果を比較することができる。
パートナー企業とテストを行い次第、順次提供していく予定だという。

続きを読む