Feedmatic Blog

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

Facebook、求人情報の投稿から応募、応募者とのコミュニケーション(Messenger利用)を可能にする”求人の機能”をUS及びカナダにて公開

f:id:feedmatic:20170216114424p:plain

2017年2月16日(現地時間)Facebookは、US及びカナダにおいて、企業がFacebook上に求人情報を掲載し、応募者はFacebookから直接応募できるといった”求人”の機能を搭載することを発表しました。

これにより求人情報の掲載から、Facebookのプロフィール情報を利用した応募、さらにはMessengerを利用した応募者とのコミュニケーションまで求人にかかるフローをFacebook上でワンストップで行うことができるようになります。

続きを読む

Facebook、フィード上での動画再生がデフォルト音声ありに。縦型動画のフル画面表示など動画に関するアップデートを発表

f:id:feedmatic:20170215154708p:plain

Facebookは2017年2月15日(現地時間)、フィード上での動画がデフォルトで音声ありで再生されるとする仕様の変更や縦型動画のフル画面表示など動画に関するアップデートを発表しました。主なアップデートの内容は以下の通りです。

  • 主なアップデート
    • ニュースフィード上の動画の音声をデフォルトでオンに
    • 縦型動画をフルスクリーン表示
    • ピクチャーインピクチャーで動画を“ながら見”
    • 「Apple TV」や「Amazon Fire TV」等TV向けアプリを公開
  • 最後に
続きを読む

Facebook、2017年F8(開発者会議)の申込受付が開始

f:id:feedmatic:20170214141423p:plain

2017年2月8日(現地時間)、Facebookの開発者会議 「F8 2017」の申込が開始されました。

F8」とは、Facebookが毎年開催している開発者向けのカンファレンスで世界中から4,000人以上の開発者が参加する大きなイベントです。

今後1年、Facebookが注力するプロダクトや新機能の紹介、新たな発表が行われるため、世界中から開発者のみならずマーケターやメディアが注目するイベントとなっています。

続きを読む

LINE、スマホに最適化され「LINE」の使いやすさを踏襲したビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」を提供開始

f:id:feedmatic:20170202172324p:plain

LINEは2017年2月2日、兄弟会社であるワークスモバイルジャパン株式会社とビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」をリリースしたことを発表した。
両社の事業提携契約に基づき、ワークスモバイルジャパンが2016年1月より提供していた「Works Mobile」を最新版より「LINE WORKS」へとサービス名を変更し、「LINE」と「LINE WORKS」が相互接続できる機能を新たに提供する。

続きを読む

LINE Pay、アップデートで全国のローソンでコード決済が可能に。

f:id:feedmatic:20170202143512p:plain

2017年1月24日、LINEはスマホのおさいふサービス「LINE Pay」において全国のコンビニエンスストア「ローソン」での「コード決済」の対応を開始した。
これにより、カードが不要でスマートフォンのみで決済ができるようになった。

続きを読む

Facebook、ストーリーズ機能のテストを開始。圧倒的なユーザー数を利用した世界最大の消える系SNSへ

f:id:feedmatic:20170130140229p:plain

Business Insiderの記事によると、Facebookは2017年1月25日(米国時間)、Instagramと同様のストーリーズ機能をアイルランドで公開した。利用できる国は今後数か月をかけて順次拡大していく予定。

Facebookのストーリーズはユーザーが写真や動画をストーリーズに投稿すると、フィードの上部に24時間表示される。

続きを読む

botを活用したFacebook Messenger のビジネス活用とは?国内事例を紹介し、botを使うメリットについてご紹介。

f:id:feedmatic:20170127110553p:plainFacebookは2016年4月12日にF8カンファレンスにおいて、開発者がMessenger 上にチャットボットを作成できる「Bots for Messenger」のリリースを発表しました。

これにより、企業はMessenger上でにチャットbotを作ることができるようになり、ユーザーはそのbotとの会話を通して企業のサービスを利用できるようになりました
では実際に企業はMessengerをどのように活用しているのでしょうか。実際に使い、成功事例も交えながら詳しく解説していきます。

続きを読む