Feedmatic Blog

フィードフォースがSNS・インフィード・ダイナミックを軸に、広告とマーケティングのニュースを発信する情報ブログ。

「顧客視点」ではじめるLTV向上のための施策~顧客との継続的なコミュニ―ケーションのために

f:id:feedmaticblog:20180410125657p:plain

新規顧客に販売するコストは既存顧客に販売するコストの5倍かかるといわれています。(1:5の法則)

長期的にサイトの利益率を上げていくためには、新規顧客の獲得はもちろんのこと、既存顧客の満足度を高めながら関係性を継続し、LTVをいかに向上させるかがポイントとなってきます。

従来のコミュニケーションの主流であるメールでは、リアルタイム性に乏しいことなどからユーザー視点にたったコミュニケーションが難しく、開封率が低いなどなかなか効果が上がらないという課題を抱えている企業も少なくありません。

そんな中、これらの課題を解決しながらLTVを向上させる施策として、LINEの活用が注目されています。

続きを読む

Instagram、縦長フルスクリーン画像への自動調整機能によりInstagramフィードとストーリーズ広告で広告素材の共用が可能に

Instagram、縦長フルスクリーン画像への自動調整機能によりInstagramフィードとストーリーズ広告の広告素材が共用化に

2018年3月29日(現地時間)Facebookは、Instagramフィード用の広告素材(全画面縦型以外の写真や動画)を利用して、縦長フルスクリーン画像のInstagramストーリーズ広告を簡単に作成できるようになる画像の自動調整機能について発表しました。

これにより配置別に専用の画像を用意することなく、より少ない手間でInstagramフィード、ストーリーズ広告、Facebookフィードへとシームレスな広告展開が可能となります。

続きを読む

QRコード決済の仕組みから普及状況まで総まとめ。日本・中国のサービスを比較!

f:id:feedmaticblog:20180329115619j:plain

「“QRコード決済”って最近よく聞くけど、どんなサービスがあるのかよくわからない」「決済分野で中国が進んでいると聞いたことはあるけど、日本ではどうなの?」と疑問を持っている方は多いかと思います。そこで本記事では、QRコード決済の仕組み・メリットから日本・中国のサービスまで、基本情報をご紹介します!

続きを読む

リタゲだけじゃない!Facebookダイナミック広告のブロードオーディエンスターゲティングで未接触ユーザーにリーチ

リタゲだけじゃない!Facebookダイナミック広告のブロードオーディエンスターゲティングで未接触ユーザーにリーチ

従来Facebookダイナミック広告は、サイトやアプリへ訪問済のユーザーに対して動的にリターゲティング広告を生成・配信する広告メニューでしたが、2017年9月にはウェブサイトに未訪問であっても興味・関心の高いと推測される新規ユーザーに対しても個別の商品や情報を訴求することができるようになりました。(ブロードオーディエンスターゲティング)

これによりFacebookダイナミック広告は、いわゆる獲得フェーズのユーザーだけでなく認知、興味フェーズの新規ユーザーに対しても配信することが可能となりました。

今回は、Facebookダイナミック広告を活用して未接触ユーザーへリーチすることができるブロードオーディエンスターゲティングの概要やポイントについてご紹介したいと思います。

続きを読む

データフィード広告厳選13サービス!2018~データフィード広告で何ができるの?

データフィード広告厳選13サービス2018~データフィード広告で何ができるの?

以前ECサイトで購入を検討したバッグや関連製品の広告をWeb上で目にすることはありませんか?また、検索サイトで商品を検索すると探している商品や関連する商品が、写真と共に表示されたことはありませんか?

これらはいずれも個々のユーザーに合わせて自動で表示される”データフィード広告”といわれるものです。

AIや機械学習のテクノロジーの進化と共にデータフィード広告の市場はこれからも拡大することが予想されています。

今回はデータフィード広告の各種サービスをご紹介しながら、データフィード広告で何ができるのか?なぜデータフィード広告が注目されているのかをご紹介したいと思います。

続きを読む

Amazon Pay、楽天ペイ、LINEログイン等、注目のIDが続々!?いまさら聞けないソーシャルログイン2018 ~国内ソーシャルログイン利用状況調査2018発表も

Amazon Pay、楽天ペイ、LINEログイン等、注目のIDが続々!?いまさら聞けないソーシャルログイン2018 ~国内ソーシャルログイン利用状況調査2018発表も

 2018年2月28日、フィードフォースはソーシャルログインASPサービス「ソーシャル PLUS 」における、日本国内ソーシャルログイン利用状況調査結果を発表しました。

調査の結果、Yahoo! JAPANのアカウントを利用する割合が32.5%、続いてLINEが27.1%、Facebookが20.3%、Twitterが11.9%、Google+が8.2%となっています。

Yahoo!ログインが根強い理由としては、ログイン時に取得できる個人情報が多く、特にYahoo!ショッピングやヤフオクで利用している正確な住所が利用できる点でニーズが高いです。またFacebookやTwitterなどSNSとは用途が異なるアカウントなので、気軽に使える点も利用率を高めています。LINEログインがモバイルで強い理由はオートログインです。とにかく簡単にログイン出来ます。またスマホを利用していればLINEを使ってない人はほぼいない上に全年代をカバーしている点は非常に魅力的です。

今回は、この「日本国内ソーシャルログイン利用状況調査結果201」を踏まえながら、
いま一度、ソーシャルログインのメリットと特徴をおさらいし、さらに進化し続けているソーシャルログインのトレンドについてご紹介したいと思います。

続きを読む

Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信と事例

f:id:feedmaticblog:20180222101213j:plain

Googleは、Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信のβ版を発表しました。

Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信とは?

Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信とは、サイト上では未接触であるユーザーに対して、そのユーザーのプロフィールや興味・関心情報などから、興味・関心が高いであろう情報を推測し、Googleダイナミック広告を配信する機能です。これまで「プロスペクティング配信機能」はFacebookダイナミック広告配信の場面においても活用されてきました。

続きを読む